【新婚カップル向け】の世界の絶景を5つピックアップしてみた|トピックスファロー

  • フォークラスのライター募集
1,779 views
2012年11月20日
【新婚カップル向け】の世界の絶景を5つピックアップしてみた

世界的に有名な絶景は、各国に数えきれないほどあります。もし新婚旅行で訪れるのならば、ロマンチックなムードに浸れるカップル向けのスポットを上手にセレクトしましょう。新婚カップルに一押しの世界の絶景を5つ厳選して紹介します。

WEBライター。頭もお腹も柔らかくをモットーにしてます
  

新婚カップルに訪れて欲しい世界の絶景5選

生きている間に一度は訪れて、しっかりと目に焼き付けておきたい世界の絶景たち。
しかしその数は途方もなくたくさんあります。気合を入れて世界一周旅行でも計画しない限り、その全てを見ることは難しいでしょう。

もし新婚旅行のプランに取り入れたいと考えているのならば、あそこもココもと欲張らずに、カップル向けのスポットを厳選して巡るのが◎です。新婚カップルにぜひ訪れて欲しい、お勧めの世界の絶景を5つ選り抜きしました。二人の仲がより深まりそうな場所選びに役立ててください。

昔は命がけで渡っていた『モン・サン・ミシェル』

モン・サン・ミシェル フランス

photo by Diliff on wikipedia

カトリック教の聖地であり、ユネスコの世界遺産の一つでもあるモン・サン・ミシェル。
フランス西海岸のサン・マロ湾に位置する巨大な修道院であり、沖に突き出る形で小島に建っているのが特長です。潮の満ち引きが激しい場所にあるため、昔は巡礼者は命がけで渡っていたのだとか。2014年までに新たなアクセス路と橋が作られる予定ですが、現在も行くことが可能です。
ゴシック様式・ノルマン様式など多種の建築様式が混在する美しい建造物ですから、ぜひ隅々まで見学しましょう。

天空の鏡『ウユニ塩原』は2月が狙い目!

ウユニ塩原 ボリビア

photo by Chechevere on wikipedia

南米のボリビア・アルティプラーノにあるウユニ塩原。1万2千km²の面積を誇る、真っ白な塩の大地です。
一面塩という事実にもビックリですが、特に注目すべきは“天空の鏡”と呼ばれる現象。世界一平らで高低差わずか50㎝という特殊地形のため、降雨後は足元の大地に、空の景色がまるで鏡のように映ります。その神秘性と迫力に満ちた光景に、圧倒・魅了されない人はいません。ただしいつでも目撃できるとは限らず、訪れるタイミングは雨季(2月頃)が狙い目だそうですよ。

一番美しい『ボラボラ島』は日本人に大人気

ボラボラ島 フランス領ポリネシア

photo on wikipedia

フランス領ポリネシアのうちで、一番の美景を有すると評されるボラボラ島。
日本人に大人気の新婚旅行スポットであり、毎年多くの観光客やカップルがこの島目当てにやってきます。周辺は驚くほど透き通った海に囲まれており、マリンスポーツに最適!アクティブに過ごすのも良いですが、海上のコテージで静かに昼寝したり、夏に開催されるボラボラ祭を眺めたりなど、楽しみ方は無限です。
 

夏季はターコイズブルーに染まる『モレーン湖』

モレーン湖 カナダ バンフ国立公園

photo on wikipedia

モレーン湖は、カナダ西部に位置するアルバータ州・バンフ国立公園にある氷河湖です。
湖自体も見応えがありますが、湖を囲む周囲の景色にも注目して欲しいところ。テンピークスと呼ばれる山々やクリスマスツリーのような木々はまるで名画のようです。この魅力的なスポットに訪れるなら、ぜひ湖が美しいターコイズブルーに染まる夏季を狙いましょう!
 

天の川のように幻想的な『スカイランタン』

スカイランタン タイ チェンマイ

photo by Takeaway on wikipedia

天灯、孔明灯、チャイニーズランタンなどとも呼ばれるスカイランタン。
漆黒の夜空に、オレンジ色の光を放つ無数のランタンが舞う光景は、まるで天の川のように幻想的です。
昔は連絡手段の1つとして用いられていましたが、現在は無病息災を願う伝統行事として行われています。台湾、タイ、インドネシア、ポーランドなど様々な国で見ることができますので、好きな国へ観光に行った際に鑑賞したり参加したりすると良いでしょう。事前に日程をチェックすることを忘れずに。

著者:加賀原まこ

WEBライター。頭もお腹も柔らかくをモットーにしてます
アイコン
情報を噛み砕きつつ簡単に伝えます。女子なのにコスメ系のネタが苦手だったりしますが、取材はちゃんとします!