起業家必見!会社設立でシェアオフィスを利用するメリットデメリット|トピックスファロー

  • 主婦からプロまでライター募集
1,722 views
2013年1月10日
起業家必見!会社設立でシェアオフィスを利用するメリットデメリット

起業の際、事務所を構えずに、『シェアオフィス』を利用するという方法があります。これにより、初期投資を抑える事ができるので、起業を目指す人には最適かもしれません。しかし、シェアオフィスにはデメリットも存在する様です。どんな物があるのでしょうか?メリットと共に調べてみました。

美術ライターっぽいひと
  

シェアオフィス、出費せずに起業する一つの方法

起業を考えている人は、いかにして出費を抑えるかが気になるものです。
仮に、仕事場となる事務所を構えるとしたら、土地の購入代や建物の建築費で莫大な金額を一度に使う事になるでしょう。それに伴い、事務用品なども揃えなくてはなりません。
もしかしたら大赤字を背負ったまま起業する事になるかも知れません。と、なれば当然その後の経営次第では、即倒産というものもチラついてしまいます。一筋縄でいかないのが、起業というものなのです。

しかし、そういう悩みに振り回されずに起業する方法があります。

『シェアオフィス』を利用するという方法です。

このシェアオフィスとは、『一つのオフィスを複数の企業で共有(シェア)する。』というものです。
その為、最初に多大な出費をせずに起業する事ができてしまうのです。

起業を考えているのであれば、シェアオフィスを構えるという選択肢を含めるのも一つの方法です。

起業前に知っておきたい!シェアオフィスのメリットデメリット

シェアオフィスを利用する事には、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

シェアオフィスに見られるメリット

初期費用の大幅な削減

冒頭でも触れましたが、事務所を構えると考えているのであれば、土地代や建物代、工事費用などで一度に多額の出費を覚悟しなくてはなりません。しかし、シェアオフィスを利用するなら、1ヶ月○千円~○万円で契約する事ができるので、初期費用が大幅に抑えられます。

設備投資の削減

シェアオフィスには、事務用品やOA機器があらかじめ備え付けられている事が多いので、設備投資が削減できるという面があります。

人件費が抑えられる

電話代行サービスや電話秘書というサービスを利用するのであれば、事務員を余分に雇う必要はなくなるので、人件費の大幅削減ができます。

他社との交流ができる

シェアオフィスは、一つのオフィスを複数の企業で共有する為、他社との交流を築きやすいという点があります。他社とのつながりから、ビジネスのヒントをいただける事もあるでしょう。

人脈作りに最適

他社との交流が築けるという事は、そこから新たな人脈が生まれる可能性があるという事です。思わぬ所で思わぬ人や企業との繋がりが出来るかも知れません。これは、一つのオフィスを共有しているからこそ出来るものなのかも知れません。

イメージアップに寄与する

東京都内で考えますと、一等地にシェアオフィスを利用できる所が集中している様です。その為、書類や封筒、名刺などに一等地の住所をそのまま使用する事ができます。これは、些細な事に思えるかも知れませんが、相手に与えるイメージをはるかにUPさせます。

シェアオフィスに見られるデメリット

住所の一致

複数の業者が同じ場所を使用するので、住所の一致が避けられません。
ネット検索をした時に、幾つもの企業が同じ住所で存在しているという事が解るので、変に怪しまれる可能性が高いです。

セキュリティの不安

複数の業者がいるので、金銭管理やセキュリティと言う面で過敏になるかも知れません。周囲の企業を疑いたくないと思う反面、不安の念でいっぱいになる事があります。

他社との折り合い

複数の企業が同じ場所にいるのですから、折り合いをつけるのに一苦労する場合もあります。また、備え付けてあるOA機器や事務用品の使用と使用分の支払いにも気を使うので、人によっては気持ちを休めるのが難しいと言う点があります。


起業するのであれば、これらのメリットやデメリットを考慮されると良いでしょう。

著者:安達リス

美術ライターっぽいひと
アイコン
本にお茶、お絵かきアイテム、動植物を愛する文字書きです。いろんなものを吸収するべく趣味の範囲を超えたテーマを取材・執筆しています。中の人などいません。