MOS(Microsoft Office Specialist)で証明!あなたの事務系スキル|トピックスファロー

  • フォークラスのライター募集
2,478 views
2012年7月13日
MOS(Microsoft Office Specialist)で証明!あなたの事務系スキル

就職活動で自分のスキルを性格に企業に伝えることができるのが資格です。今回ご紹介するのは数ある資格の中でも人気急上昇中のMOS (Microsoft Office Specialist)という検定試験です。ワードやエクセルが得意な方は要チェックです!

WEBライター
  

オフィスソフトの王様Microsoft Officeのスペシャリスト資格

就職活動で欠かせないのが、自分のスキルを証明してくれる「資格」ですね。 いろいろな資格がある中でも比較的新しくて聞きなれない資格にMOSがあります。 MOSというとモスバーガーを思い浮かべる方も多いでしょうが、MOSはMicrosoft Office Specialistという資格の略称です。

Microsoft Office Specialistを取得するとどうなる?

MOSはアメリカのマイクロソフト社公認の民間資格ですが、世界各国で認知されている国際的な資格でもあります。 MOSにはWord、Excel、PowerPoint、Outlook、AccessなどおなじみのMicrosoft Office製品の試験があり、好きな製品を選んで受験することができます。 特にWordとExcelは人気があり、基礎的な操作を行うことができるスペシャリストレベルと高度な応用操作が可能なエキスパートレベルに分かれています。 したがって就職活動に有利に働くものはWordのエキスパートかExcelのエキスパートレベルとされ、事務職系での就職を希望している多くの人がエキスパート資格の取得にチャレンジしています。

MOS検定の種類や内容について

日本のMOS検定はオデッセイという会社が実施していて、2012年6月(当コラム執筆時点)に受けられるMOSの試験には以下の種類があります。

試験の種類 レベル 内容 バージョン 受験料
Word スペシャリスト Wordの基本的な編集機能 2003/2010 10,290円
エキスパート Wordの高度な機能 2003/2007/2010 12,390円
Excel スペシャリスト Excelの基本的な操作 2003/2010 10,290円
エキスパート Excelの高度な機能 2003/2007/2010 12,390円
PowerPoint スペシャリスト プレゼンテーションの作成・実行・配布 2003/2010 10,290円
スペシャリスト 2007 12,390円
Access スペシャリスト Accessデータベースの 基本操作 2003/2010 10,290円
2007 12,390円
Outlook スペシャリスト Outlookの基本的な操作 2003/2010 10,290円
2007 12,390円
Windows Vista スペシャリスト Windows Vistaの基本的な操作 2007 12,390円

この表からもわかるように、各試験はソフトのバージョンごとに行われるため、Word2003のMOSを取得した人はWord2010を持っていることにはならず、新たに受験しなければなりません。 したがって、MOS資格は鮮度が重要な資格といえるでしょう。 また、スペシャリストの資格を持っていなくてもエキスパートの試験を受けることができるため、自信がある場合には上級者用のエキスパートレベルにいきなりチャレンジすることができます。 MOS試験は筆記試験でなく、コンピュータを用いた実技試験で行われます。 試験会場は全国に用意されているため、自宅近くの試験会場で受験することが可能です。

スキルを示すには資格しかない

どんなにPCを昔から使っていて、誰よりも上手にマイクロソフトオフィスの製品を扱えるという人でも、言葉だけではそのスキルを証明することはできません。

筆者の祖父も 「ワードを極めた」 と言っていましたが、実際には改行と中央寄せができるようになったくらいで、文字を太字にすることも出来ていませんでした。

しかしそんな祖父も口が達者なので、面接官に対して猛烈に 「私はワードを極めています。ワードで私の右に出るものはこの日本では数人ほどでしょう」 とアピールすることができます。 そんな饒舌な人に勝つための道具が「資格」であり、MOSなのです。

「私はMicrosoft Office Specialistを持っています。あれ?あなたはお持ちでないようですね。」 と言うだけで筆者の祖父を黙らせることができるでしょう。 マイクロソフトオフィスの製品は今や誰もが使い、誰もが「ワードとエクセルは使えます」とアピールできる時代です。 したがって、逆に「今さらワードとエクセルでアピールされても」と企業には評価されないこともあるでしょう。 しかし、スペシャリストとなれば話は別です。 ワードやエクセルの高度な技術を使いこなせる人が一人でもチームにいると仕事の効率が非常に上がり、作業を快適に進めることができます。 もちろん 『MOSを取得しておけば就職できる』 という職種は少ないでしょうが、持っていれば就職活動にも今後の仕事でもきっと役に立ってくれることでしょう。 自分のスキルアップやスキルの確認のためにもMOS検定にチャレンジしてみませんか?

著者:海老田雄三

WEBライター
アイコン
芸能、アニメ、ゲーム、音楽あたりが得意分野のはずが、気が付けばなんでも書くライターになっていました。アニメ、ゲームなどのサブカル誌によく寄稿しています。