【おもしろ雑貨】プレゼントに喜ばれる四世代の「カップメン」|トピックスファロー

  • 在宅ワークのライター募集
2,676 views
2012年5月18日
【おもしろ雑貨】プレゼントに喜ばれる四世代の「カップメン」

日本中でこっそりと小さなブームを起こした「カップメン」も今や4代目まで登場しました。カップラーメンのふたを押さえるという役割以外とくにこれといった機能はないのですが、そのいさぎよさ、デザインの斬新さで人気のおもしろ雑貨です。ここでは初代から4代目までのかわいいカップメンたちを紹介します。

取材ライター
  

【カップラーメンのふたを押さえるためだけの物】

男性が子供の頃から一度は言ってみたいセリフとして人気があるのは、
「ここはおれが食い止める!お前らははやく魔王のところに行くんだ!」
ですよね?
これは、仲間のために自ら危険に飛び込んでいく男気のあるセリフです。

この憧れのセリフを身体全体で表現してくれているのが、おもしろ雑貨「カップメン(Cupmen)」です。
シチュエーションとしては、
「カップラーメンのふたはおれが押さえとく!おまえらは3分待っとけーい!」
という設定になります。
ただこれだけのための物ですが、そのデザイン、その感触、その生き様、に多くの人が感動し、若者を中心に人気を集めているアイテムです。

2012年5月現在、カップメンシリーズは4つのバリエーションがあります。

  • 必死にふたを押さえる愛らしい カップメン1
  • そんなに必死にならなくても意外とふたを押さえれちゃってる カップメン2
  • メンじゃなくて女性になった カップ(ウー)メン3
  • ひとりじゃなく、子ども2人がかりで押さえる カップメン4

商品の特徴としては、カップラーメンのふたから熱が伝わることでカップメンの色が変わる機能、シリコンでできていてぷにょぷにょしている、というのがあります。
そのほかは、特にないかもしれません。
公式のオンラインショップやamazonで購入することができます。

初代カップメン

h concept Cupmenカップメン オレンジ D-520-OR

840

2009年冬に登場したものです。グリーン、オレンジ、ピンクの3種類があり、カップメンの人気に火をつけた立役者です。落ちそうで落ちないガッツとバランス感覚を持っています。ひっくり返すと八つ墓村のようになります。
友達の子どもにプレゼントしたところ、とても喜んでくれました。ママの話では、その子はカップメンとたいへん仲良くなり、会話ができるようにまでなったそうです。

2代目カップメン

h concept Cupmenカップメン 2 Relax ローズ D-521-RS

840

2010年夏にでたもので、すごいリラックスムードのカップメンです。初代の必死な感じはなんだったんだというくらいにリラックスしていますね。この2の隣に初代のカップメンを並べるとおもしろい画になりそうです。

3代目カップメン

h concept Cupmenカップ(ウー)メン 3 Cheerful オレンジ D-522-OR

840

2010年冬に登場しました。筆者はこれを持っています。サザエさんのワカメちゃんのようなかわいい女の子です。ただ、ひっくり返すとエクソシストみたいになります。
最近は部屋の窓枠のところにいて、必死に落ちないようにがんばっています。最初はよく使っていたのですが、台所にあるはさみに出番をとられてしまいがちになっています。

4代目カップメン

h concept Cupmenカップメン 4 Twins ブルー×イエロー D-523-BL

840

2011年夏にでた最新作です。双子だそうで、たしかに体型がちびっこの感じです。
このシチュエーションもあれですね、黄色「おれのことはかまうな!お前も一緒に落ちちまうぞ!」、水色「ばかやろう何言ってんだ!この手は死んでも離さないぜ!」という声が聞こえてくるようです。
これも欲しいですね。さすがのストーリー性です。

【カップメン以外の商品も】

カップラーメンのふたを押さえるためだけに840円(amazon価格)というのはちょっと考えてしまいますが、友達や友達の子どもへのプレゼントにはちょうどいい金額かもしれません。二つくらい組み合わせてプレゼントすると喜ばれそうですね!

カップメンシリーズはh concept(アッシュコンセプト)という会社がプロデュースしています。 こちらはそのアッシュコンセプトが運営するオンラインショップで、カップメンだけじゃなくそのほかのおもしろ雑貨やおしゃれ雑貨も探すことができてオススメです。

⇒ KONCENT [コンセント] オフィシャル SHOP

著者:和田ちえみ

取材ライター
アイコン
三度の飯より書くこと聞くことが好き。インタビューやプロフィール作成、企業社内報など堅い文章も書けます。人の話を聞き、それをまとめるお仕事が多いです。