FXに大金は必要ない!少ない資金ではじめるFX、4つのポイント|トピックスファロー

  • 署名記事をかけます!ライターの実績を積みたいならフォークラス
2,316 views
2012年7月27日
FXに大金は必要ない!少ない資金ではじめるFX、4つのポイント

「FXは大金がないと始められない。」そんなイメージを持っている人はいないでしょうか?そんなことはありません。FX会社によっては、少ない資金からはじめることも可能です。少ない資金でFXをはじめたい方は、必見です。

都内在住のフリーライター。犬猫と仲良く暮らしてます。
  

少ない資金でFXをする際のチェックポイント

FXのような投資は、大金がないと始めることが出来ない……なんて考えていませんか?
そんなことはありません。FXは少ない資金からでもはじめることが出来ます。
はじめてみたいけど資金が少ない、そんな方は、FX会社の以下のポイントをチェックしてみましょう。

最低証拠金

最低証拠金とは、FXを行う際に、取引業者に担保として預けなければいけないお金のことです。
この入金した最低証拠金にレバレッジを掛けて、取引を行います。
この最低証拠金は、FX会社によって金額は様々です。
最初から指定された金額を入金するところもあれば、設定された証拠金率によって変わるところもあります。
最近では最低証拠金0円で口座開設できるFX会社も増えているようです。

最低取引通貨単位

最低取引通貨単位とは文字通り、取引する際の通貨単位の最低ラインです。
例えば、米ドルで最低取引通貨単位が10000通貨だった場合は10000米ドルから、1000通貨だったら1000米ドルから取引できる、といった感じです。
この通貨単位が少ないほど、少ない資金でFXをはじめることができますし、利益は少ないですが、損益も少なく、リスクを抑えることが出来ます。

手数料・スプレッド

FXの手数料には、取引手数料と、スプレッドの2種類があります。
このうちスプレッドとは、売値と買値の差の事を良い、この差が狭いほどコストロスが少なく、得といわれています。
FX会社のスプレッドは状況によって変化しますが、最近では固定化が進んでいるようです。
スプレッドは取引会社に手数料として徴収しているため、無料化が進む取引手数料に代わって、手数料と呼ばれることもあるようです。

レバレッジ

レバレッジとは、元での資金の何倍もの取引が出来るようになるものです。
仮に資金が10万円で、レバレッジが10倍だった場合、10万円の10倍である、100万円の取引を行うことが出来ます。
このレバレッジが高ければ高いほど、多額の取引を行うことができます。
現在、国内FXのレバレッジは、最大25倍までと設定されていますが、かつては何百倍というレバレッジも設定されていたようです。

レバレッジには注意

FXを少ない資金ではじめる際のチェックポイントを紹介しました。
しかし、チェックポイントのうち、レバレッジを利用するのは、ハイリスクハイリターンといえるでしょう。
レバレッジを利用して少ない資金で大きな取引をすることは、大きな利益を生みますが、逆に、損益も大きくなります。
レバレッジが10倍なら、利益も10倍、損益も10倍、といった具合です。
ですので、特に初心者の方は、上3つのチェックポイントを参考に選び、レバレッジは1倍といった低い倍率からはじめ、慣れてきたら徐々に倍率を上げていくと良いでしょう。

著者:坂下モド

都内在住のフリーライター。犬猫と仲良く暮らしてます。
アイコン
ペットを飼っている関係上、ペット関連の記事を多く執筆。現在ではジャンルを問わず、政治・経済なども