初心者は必見! FXの基本を知ろう|トピックスファロー

  • ライター求人
1,531 views
2012年7月26日
初心者は必見! FXの基本を知ろう

超円高、ユーロ圏経済危機など大揺れに揺れる為替市場。そんな通貨価値の乱高下が起こる現代で注目を浴びているのがFX。「億万長者も夢じゃない」「一度のミスで全財産蒸発」と噂されるFXとは一体どんなものなのでしょうか?

兼業ライター。専門ではないけれど、ライター歴は長いです。
  

よくわかる、すぐわかるFXのしくみ

1990年代後半からのインターネットの普及と法律の改正によって、今や投資への参加ハードルは取り払われ、いつでも誰でも投資家になれる時代となっています。
数ある投資の中でもシンプルで分かりやすく、波に乗ればたちまち億万長者になれると人気なのがFXです。
FXとはどのような投資法なのか、そしてどのような仕組みで儲かるのでしょうか?

通貨レートの差額で稼ぐ投資

FXとは「Foreign exchange(外国為替)」の略称で、正式には「外国為替証拠金取引」と言います。
担保となる証拠金を証券会社の口座に預けて、証拠金を元手にして外国通貨の売買取引を行なう投資法です。

なぜ、外国通貨の売買取引を行なうと利益が出るのかと言うと、通貨レートは常に変動し続けているからです。
例えば、通貨レートが1ドル100円の時に1万円を全部ドルに変えれば100ドルですが、1ドル50円の時に1万円をドルに変えれば200ドルになります。
つまり1ドル50円の時に1万円を200ドルに変えて、1ドル100円の時に200ドルを円に変えれば2万円になるので1万円の利益が発生することになります。
実際には取引手数料の天引きなどがありますが、FXの原理は大体このようなものです。

少額の原資でも大きく使える

投資の世界で勝つ秘訣は「最初から使える原資を人より多く持つこと」です。
多額のお金が動けば市場も追従するように反応してくるもの。例えば昨日まで1株10円だった会社の株が200億円分買われたら、市場は「この会社に何かある」と感じて買い注文が殺到するようになるのです。

しかし、昨日まで投資の素人だった人の原資はそんなに多くは無いもの。万が一の時の為にとコツコツと蓄えた重いお金でも、株式市場でははした金に過ぎないのです。
しかしFXの場合、原資が少なくても「レバレッジ」を効かせることで何十倍、何百倍にも使うことが出来るのです。
レバレッジとは梃子のことで、梃子は支点と力点の距離を伸ばせば伸ばすほど小さな力で作用点にある重いものも動かすことが出来ます。それと同じようにレバレッジを効かせれば効かせるほど原資が少額でも大きな取引が出来るようになるのです。

24時間取引できる

インターネット普及前は、証券取引所や証券会社の営業時間中だけしか取引が出来なかったので素人投資家はお金だけでなく時間にも余裕がある人間しかいなかったものです。

しかし、インターネットの普及によってわざわざ取引所や証券会社に足を運ばなくても投資できるようになり、学校や会社でも携帯から売買注文することさえ可能なのです。
そしてFXの場合は24時間いつでもネット上で取引できるため、学校や会社が終わった後でもFXに専念できるという、株式取引にはない特徴があるのです。

金利差で利益が発生する

日本は長引く不景気の為に始まったゼロ金利政策が今も続いています。
銀行に預けても付く利子は雀の涙で、タンス預金に切り替えたと言う人も少なくないでしょう。

しかし、FXではこのゼロ金利政策が逆にプラスに働くのです。それが「金利スワップ」です。
スワップとは交換のことで、為替取引した通貨ごとの金利差と通貨量に基づいた金利額が発生します。
例えばオーストラリアドルと日本円の金利差が5%あって、円売り豪ドル買いの為替取引をしたとします。この場合だと、買った豪ドルの額×5%分の金利額が利益として入ってくるのです。
逆に豪ドル売り円買いだと、買った日本円の額×5%分の金利額を払わなければなりません。
つまり、FXは通貨のレート差だけでなく、金利スワップでも利益を上げることが出来るのです。

誰かが得している=誰かが損している

ここまでの話を聞くと「FXは誰でも簡単に儲けられる」と勘違いしてしまう人が居るかもしれません。

FX市場は「ゼロサムゲーム」といって、市場に参加する全ての人の損得を総和するとプラスマイナス0になる構造を持っています。
分かりやすく言えば、FX市場では誰かが利益を上げた分だけ誰かが損をしているのです。それは、あなたが利益を上げることがあれば損をすることもあるということでもあるのです。

著者:佐藤和子

兼業ライター。専門ではないけれど、ライター歴は長いです。
アイコン
学生時代から文章を書くのが好きだった影響で、社会人になってからも、こっそりと週末ライターを続ける。新しいもの好きで、常にアンテナ張っています。