電力不足を回避するためにはオール電化&太陽光が一番やさしい|トピックスファロー

  • フォークラスのライター募集
1,443 views
2012年6月26日
電力不足を回避するためにはオール電化&太陽光が一番やさしい

夏場の電力不足が心配される中、電力不足回避に期待されているのが「オール電化住宅」と「家庭用太陽光発電」です。オール電化住宅に変えることと電力不足とどんな関係があるのか?太陽光発電を組み合わせることで何がいいのか?を簡単に解説します。

兼業ライター。専門ではないけれど、ライター歴は長いです。
  

夏場の電力不足は「需要の集中」が原因

東日本大震災以降、原子力発電に依存していた日本は「原子力の安全性」が問われ、次々と原子力発電所が稼動停止となっています。そのため都市部では電力の供給が追いつかない危険性があり、国民全体が節電をしなければならない状態になっています。

特に夏の間は日中の酷い暑さによってエアコンによる電力消費が飛躍的に増大するため、電力不足となることが問題となっています。
そこで政府は2011年夏に計画停電を実施することで電力の消費量をコントロールする方針をとりました。

それによって大規模な電力不足が生じて都市機能が麻痺するということは避けられたものの、原子力発電に過度に依存していたことによる電力不足問題の根本的な解決にはいまだ至っていません。

みんなでがっつかないのがすごく大事

電力不足は、一度に皆で電気を大量に使用するのが原因といえます。

現在、発電した電気をロスなく蓄えておくことはできないため、電力会社が使われる電力量を予測して電気が足りなくならない量を発電するようにしています。しかし都市部ではヒートアイランド現象による猛暑によってみんなが一斉にエアコンを使用してしまうので、夏場は特に発電が追いつかず電力不足となってしまうのです。

蓄えておくことができず、一度に作れる量は限られている

この状態は、「江戸時代にカキ氷屋さんがいた」と仮定してイメージするとわかりやすいでしょう。

大きな氷の塊は溶けにくいものの、いったんカキ氷を作ってしまうとすぐに食べてもらわないと溶けて氷水になってしまいます。したがって作り置きをしておくことはできず、カキ氷屋のおじさんはお客さんの数をある程度把握しながら職人技でひとつずつカキ氷を作っていきます。

しかしある時間帯に会津のほうから団体客がきて、「100人分すぐに作って!これ、会津藩の藩主の命令ね!」と言われてしまうとカキ氷屋さんは長州のほうにでも逃げなくてはなりません。
カキ氷屋さんがどんなに優秀でも、一度にたくさん来られてしまうとどうしようもないですね。

つまり、一度にカキ氷を注文するのはやめ、おじさんのカキ氷を作るスピードを皆で意識して注文するか、100人いるのなら30人くらいはおじさんを手伝って皆でカキ氷を作ればいいのです。

この作戦の前者が 『オール電化住宅へのシフト』、後者が 『自宅への太陽光発電導入』 となります。

オール電化と太陽光発電の組合せが最高

電力が不足しているのに「オール電化」とはなにごとだ!ガスや石油のほうが電気を使わないからいいじゃないか!と思う方も多いでしょうが、オール電化住宅は「電気の使用量を増やす住宅」ではなく、実は「昼間の電力使用を抑える住宅」とも言えるのです。

オール電化住宅にすると一般的に電気料金が「オール電化向きの料金プラン」に変更されます。
このプランは電力会社によって異なりますが、深夜から早朝までの電気料金が昼間の約四分の一程度になるのです。
したがってオール電化住宅に住む住民はできるだけ夜中に電気を使用するようになり、日中の電気使用量が減るのです。これは日中の電力不足対策に効果的な生活習慣ですね。

ただし、深夜電力を使うということは昼間にたっぷり寝ておいて、夜中に活動する「夜型人間になる」ということではありません。 夜中に電気を使って仕事をしてくれるこれらの機器、

  • 蓄熱暖房機 深夜に電気で発熱して蓄熱し、昼間に少しずつ放熱する暖房器具
  • 電気温水器 夜中のうちに一日分のお湯を電気で沸かしておくので、昼間はお湯を沸かさなくていい
  • 全自動洗濯機 タイマーで夜中に洗濯と乾燥を済ませておく
  • 食器洗い機 夜中に食器を自動で洗っておく
  • 炊飯器 夜中にご飯を炊く

などを使って深夜電力を有効利用できる設備にしておくのです。

これによって今まで昼間に消費していた電気を大幅に削減することができ、電気代も節約することができるのです。

また、さらに太陽光発電を導入することによっても、より日中の電力消費量を下げることができます。
ガスを使っていた家庭がオール電化にすることで電気使用量が増えることはやはり避けられません。しかし、それをカバーできるのが住宅用太陽光発電です。

夏場、晴れの日が続いて暑くなっても太陽光発電があれば日中の電力をまかなうことができるでしょう。自宅にいなくて余剰電力となってしまっても電力会社が一定価格で買い取って利用してくれるので、電力不足解消にほんの少しでもお手伝いすることができるかもしれません。

このように、「オール電化住宅」にすることで電気消費時間帯を深夜にできるだけ移し、「太陽光発電」で日中に自家発電することができれば、電力不足回避に積極的に貢献することができるのです。

問題なのは最初にかかる設備費用

調理や給湯、暖房などをガスで行っていた場合、オール電化にするためには

  • ガスコンロをIHクッキングヒーターに
  • 給湯器を電気温水器やエコキュートに
  • 暖房を夜間蓄熱式機器に

というように多くの設備を変える必要があります。

また、太陽光発電の導入にも大きな費用がかかるため、なかなか「よし、オール電化&太陽光ハウスに変えるか!」とパパがママに提案することは難しいでしょう。

しかし、

  • 深夜電力によって電気代削減
  • 家の中で火を使わないので安全
  • 電化によってCO2排出量を抑制し、地球温暖化防止に貢献
  • 太陽光発電は補助金が出る
  • 太陽光発電による長期的な電気代節減

などなど、数々のメリットを説明することでママの心も動くかもしれません。

また、「IHだとチャーハンのときに強い火で炒められないからムリ!」と一蹴されないよう、さらなるメリットも考えておくとなお良いですね!

著者:佐藤和子

兼業ライター。専門ではないけれど、ライター歴は長いです。
アイコン
学生時代から文章を書くのが好きだった影響で、社会人になってからも、こっそりと週末ライターを続ける。新しいもの好きで、常にアンテナ張っています。