お腹も心も満たしてくれる人気店のオススメ台湾グルメ 5選|トピックスファロー

  • フォークラスのライター募集
1,083 views
2012年9月13日
お腹も心も満たしてくれる人気店のオススメ台湾グルメ 5選

グルメ大国の台湾。海外旅行で台湾に行ったら、とにかく食べて、食べて、食べまくりましょう! “食”を思いっきり楽しむために、台湾で人気のお店のオススメ料理を5つ選り抜いたので、お店選び・美味しいモノ選びの参考にどうぞ☆

WEBライターのかたわら、週末は雑貨屋めぐりしつつ、最新の文房具収集。…
  

台湾は美味しいモノの宝庫!

関西空港から約3時間と、意外と近い台湾!2~3日の休みが取れれば気軽に行けることもあって、人気の海外旅行先の1つではないでしょうか。

旅行といえば、観光名所巡りやショッピングなど色んな楽しみがありますが、その中でも台湾旅行に行ったらグルメですよ!!台湾には美味しいモノがた~くさんあるので、食べまくりのグルメ旅行を楽しみましょう!

台湾グルメを食べられるオススメのお店を紹介します!
ここでは、特に美味しいお店が集中している台湾の首都・台北のグルメをピックアップするので、要チェック!

鼎泰豊(ディンタイフォン)の小龍包

鼎泰豊(ディンタイフォン)の小龍包

photo by imgdive on frickr

台湾旅行に行ったら絶対に食べたいのが、鼎泰豊の小龍包!
台北だけではなく、北京や上海、香港、日本にも支店を持つ、行列必至の超人気店です。休日ともなれば、1時間以上待たされることも・・・。けれど、そこまでしても食べたい小龍包は、かなりの絶品!
海外からの観光客に限らず、この味に魅了されている地元の人も多いとか。
本場の台湾で、熱々ジューシーな小龍包を召し上がれ♪

住所:
台北市信義路二段194号
TEL:
(02)2321-8927、(02)2321-8928
営業時間:
10:00~21:00(月~金) 土日・祝日は9:00~21:00(本店)
休業日:
年中無休
日本語対応:

好記担仔麺(ハオジーダンズィミエン)の担仔麺

台湾の人たちに昔から親しまれている担仔麺を食べるなら、好記担仔麺がオススメ!
この好記担仔麺は、あっさりした台湾風ラーメンと言ったところでしょうか。
お店も屋台風でレトロな雰囲気が、日本人観光客にも大好評!本物の料理が並んだサンプルメニューを見ながら注文できるため、指さし注文OKで言葉が通じなくても大丈夫ですよ。
新鮮な魚介類や野菜をふんだんに使った台湾料理を楽しみましょう!

住所:
台北市吉林路79号
TEL:
(02) 2521-5999
営業時間:
11:30~深夜2:30
休業日:
年中無休
日本語対応:
×

欣葉(シンイエ)の台湾料理

現地に行ったからには、是非とも味わいたい本場の台湾料理。
日本にも支店があり、日本人観光客にも高い人気を誇るのが、リーズナブルな値段で本格派の台湾料理が楽しめるお店が欣葉です。
主に台湾産の食材を使っているのが特徴で、旬の食材を用いた季節限定メニューも要チェック!
豊富な品数も嬉しいですね♪

住所:
台北市雙城街34−1号
TEL:
(02) 2596-3255
営業時間:
11:00~24:00
休業日:
年中無休
日本語対応:

丸林魯肉飯(ワンリンルゥロウファン)の魯肉飯

台湾のおふくろの味を楽しむなら、丸林魯肉飯の魯肉飯がイチオシです!
屋台料理の1つでもある魯肉飯は、醤油で煮込んだ豚ひき肉をご飯にかけただけのシンプルな料理。
魯肉飯と共にいただくおかずは約20~30種類あります。また、スープは6種類の中から選べます。
テイクアウトもOKなのでホテルに持ち帰って、ゆっくりと~なんていう楽しみ方も良いかもしれませんね!

住所:
台北市民族東路32号
TEL:
(02) 2597-7971
営業時間:
10:30~14:00、17:00~20:30
休業日:
旧正月
日本語対応:

雙連圓仔湯(スァンリェン・ユェンズタン)の油もち

最後に紹介するのは、雙連圓仔湯の油もちです。
老舗台湾スイーツ店の看板メニューの1つで、低温の油で揚げたお餅に砂糖とピーナッツパウダー、黒ゴマをまぶしたもの。日本で言う「きな粉もち」に似ていますね。ピーナッツパウダーが香ばしくて、とても美味しいですよ!熱々のうちに食べましょう!油もちとセットでついてくる温かいお茶も、旅の疲れを癒してくれます♪

住所:
台北市民生西路136号
TEL:
(02) 2559-7595
営業時間:
11:00~23:00
休業日:
月曜日
日本語対応:
△(少し)

著者:渡瀬由紀子

WEBライターのかたわら、週末は雑貨屋めぐりしつつ、最新の文房具収集。好奇心を糧に幅広く執筆活動中。
アイコン
WEBライターのかたわら、週末は雑貨屋めぐりしつつ、最新の文房具収集。好奇心を糧に幅広く執筆活動中。