東京スカイツリータウンの絶対に訪れておくべき4大スポット|トピックスファロー

  • フリーライター求人
1,226 views
2012年12月18日
東京スカイツリータウンの絶対に訪れておくべき4大スポット

現在東京のなかで一番の人気スポットと言えばスカイツリーですが、周辺にも魅力的な施設が数多くあることをご存知ですか?これから観光旅行予定の方は、ぜひそれらの見どころを要チェックしておきましょう。なかなか行先を決められないという方は、ぜひここで紹介する4大スポットを参考にしてください。

WEBライター
  

スカイツリーの見どころを知っていますか?

天まで届きそうなほどに高いスカイツリーは、東京のランドマークであり大人気観光スポットです。
連日観光客が後を絶たないほどの大盛況ぶりですが、なかには「まだ一度も行ったことがない」「一体何があるのかすら知らない」という方も少なくないのではないでしょうか。
そんな方のために、スカイツリーの見どころを紹介していきたいと思います。

東京スカイツリータウンにある4施設に注目!

まず知っておきたいのが、スカイツリーの周辺にはさまざまな商業施設が建ち並んでいるということ。
そしてそれらを有しているエリアのことを、東京スカイツリータウンと呼んでいます。

タウン内には、1日ではとても周りきれないほど数多くの施設がありますが、特に訪れておくべき魅力的な施設は『東京ソラマチ』『すみだ水族館』『プラネタリウム』『イーストタワー』の4つです。
それぞれの見どころを紹介しますので、ぜひ観光前にチェックしておいてください。

東京ソラマチ

東京ソラマチは大型のショッピング施設であり、なんと312もの店舗数を誇っています。
以下はほんの一例ですが、他にも魅力的なお店が盛りだくさんですから、何度でも訪れて楽しむことができます。

東京下町シュークリーム

長くて食べ応えのある30㎝ツリーシューなどの美味しいスイーツを購入できる洋菓子店です。

はせがわ酒店

200種類以上のお酒や美しい江戸切子などを販売している酒店。スタンディング・バーもあります。

ロクシタン

肌に優しい植物由来の商品がそろうコスメショップです。保湿力抜群の「シア」シリーズもここで買えます。

鳩居堂

和風文具の専門店です。お香・書道具・和紙など日本の伝統が感じられるアイテムが多数揃っています。 ソラマチ店のオープン記念商品である京扇子には特に注目。何とあの大人気マンガ「バガボンド」のキャラが書かれています。

すみだ水族館

スカイツリーの足元に位置するすみだ水族館は、『命の大きな揺りかご』をテーマとした水族館。
一番の見どころは、世界自然遺産である小笠原の海を意識した巨大水槽と、ペンギンやオットセイが自由に泳ぎ回る姿を間近で見られる巨大プールです。
どちらも迫力満点で臨場感に溢れており、自分も海中にいるかのような錯覚に陥ってしまうほどです。

他にも以下のような魅力的エリアがありますので、ぜひ全て見て周ってください!

水のきらめき

まるで水槽のなかに森を閉じ込めたかのよう。
近くで見てると小さくて可愛いエビや魚がたくさんいますよ。

揺りかごの連なりPart1 水の記憶(クラゲ)

大きな水槽のなかに、数多くのクラゲがたゆたっています。
眺めているだけで癒し効果がありますよ。

揺りかごの連なりPart2 小さな仲間たち(アクアギャラリー)

まるで名画のように小さな水槽がずらりと並んだエリアです。
水槽のなかの珍しい生き物に注目!

光と水の育み

キレイな珊瑚礁と色とりどりの魚たちが見られるエリアです。
4つも水槽があって見応え十分ですよ。

プラネタリウム

『天空』の名を持つプラネタリウム施設です。
施設内には、アロマの香りに包まれながら満点の星空を堪能できるプラネタリウムドームや、青と白を基調とした宇宙空間のような待ち合い場・ホワイエ、お土産にぴったりの限定グッズが買えるお店などがあります。

とてもロマンチックなのでデートにもってこいですが、家族旅行やお友達との旅行にも勿論OKです。
幻想的なホワイエで待ち合せし、プラネタリウムドームで美しい星空を眺め、最後はショッピングを楽しむ…。
考えただけで胸が躍ります♪

イーストタワー

イーストタワーは、スカイツリーに負けず劣らずの存在感を放つ31階建ての高層タワーです。
特にお勧めは11店舗の高級レストランを完備した30~31階フロアで、絶品料理だけではなく素晴らしい景色も堪能することができます。

お店によって見える景色が違うので、毎日違うレストランを利用して完全制覇を目指す、なんて楽しみ方もアリ。
宝石のような夜景がお目当てなら、ディナーを予約するとよいでしょう。

著者:塩屋 謙

WEBライター
アイコン
職業は編集・校正、そしてWEBライターでもあります。興味の範囲を広げつつ、様々な記事を書いています。