定番はやっぱり財布!?就職祝いに喜ばれるおすすめメンズグッズ|トピックスファロー

  • 取材などできるフリーライター募集
2,912 views
2012年4月20日
定番はやっぱり財布!?就職祝いに喜ばれるおすすめメンズグッズ

若い男性への就職祝いは何をあげたらいいでしょう?高価なものを買ったのにあまり喜ばれなかったら残念です。特に彼氏へのプレゼントは長く愛用してもらえるものを贈りたいですね。

株式会社フォークラスの編集部
fourclass編集部のfacebookアイコン fourclass編集部のfacebookアイコン
  

何をあげよう「就職祝い」

長かった学生時代を終え、いよいよ新社会人だ!とわくわくどきどきしているメンズに贈ってあげるとよろこぶ就職祝いを紹介します。

就職祝いは「誰から誰に贈るか」ということでベストな物や金額が変わってくるなかなかむずかしいプレゼントです。
特に悩むのは、女性が彼氏に贈る就職祝いじゃないでしょうか?彼氏が気に入りそうなもので、かつ実用的、かつ適度な高級感、といった条件を満たすためにはなかなかのセンスが必要です。

就職祝いで多いのは、ネクタイ・腕時計・財布

喜ばれる就職祝いとしてよく言われるのは「実用的で気の利いたもの」とされています。

実用的はわかるけど、「気の利く」ってなにさ、どうすればいいのさ、と困ってしまいますね。
就職祝いの定番としてはネクタイや腕時計、財布などがよくあげられます。この三つの中で特におすすめなのは財布です。
なぜなら、ネクタイと腕時計は選ぶのがむずかしいからです。良いネクタイを選ぶにはそれなりの経験にもとづく目が必要です。野球で言うところの選球眼ですね。そのネクタイが彼にとってストライクかボールか、直球か変化球か見極めなければなりません。腕時計も同様にみる目が必要で、それプラス本人の好みをよく知っていなければなりません。メンズとレディースではだいぶ選ぶ基準が違うので大変です。

そこで、「実用的で気の利いたもの」になりやすいのが財布なのです。
「社会人はね、これを持っていれば間違いないのよ」と言ってスーツに合う革財布を渡せばまず大丈夫です。
「そうそう、こういう大人っぽい財布が欲しかったんだよー」と喜んでくれます。

よく選ばれているのはポール・スミス

伝統と新鮮さの融合 | ポール・スミスのメンズ財布

ポールスミスのメンズ財布は非常に人気があり、若い男性のあこがれの財布になっています。
筆者はこの中でも、外は高級感ある本革で中が明るいマルチストライプになっているインサイドマルチシリーズが好きです。
ぜひ欲しいです。プレゼントされたいです。

喜ばれるその他のプレゼントは?

ネクタイや財布だけでなく、喜ばれそうなものをいくつか紹介します。

  • 目覚まし時計
    筆者はこれを友達にもらいました。とても高機能なもので、今も愛用しています。おかげで一度も寝坊していません。
  • 自炊道具
    社会人になるとともにひとり暮らしを始める人も多いため、便利な調理用具やひとり鍋グッズ、食器なども喜ばれます。
  • 図書カード
    仕事を始めるとわからないことだらけです。業務上のことだけでなく大人のマナーなども勉強しなければならないので、「これで勉強してね」とプレゼントすると良いですね。
  • 印鑑
    大人の男は持っている、ちゃんとした印鑑。しぶめのプレゼントですが、「お、おう、ありがとう。うん、こんなの欲しかったかもしれない。」と喜ばれることでしょう。
  • 名刺入れ
    イケてる社会人は名刺入れにもこだわりたいですね。さきほど紹介したポールスミスには財布だけでなく、ものすごくかっこいい名刺入れもあります。
  • 手帳
    非常に社会人っぽいアイテムです。今はスマートフォンの手帳アプリでも代用できますが、アナログの手帳とデジタルの手帳、両方使いこなすのがクールですね。
  • 高級な文房具
    自分ではちょっと買えないけども、プレゼントされたらうれしい物シリーズによく入りますね。就職祝い向けなプレゼントです。
  • ビール
    シンプルですが、とても喜ばれそうです。

ほかにも洋服や靴、ビジネス小物、観葉植物、デジタルフォトフレーム、などなどたくさん考えられます。高価なものも多いので、相手の喜びそうなものをチョイスしたいですね。

永く愛用してもらいたい

社会人として新たなスタートを切る男性に贈る就職祝いは、長く使ってもらいたいものです。

本革を使った財布は使うほどに風合いが増し、愛着がわくことで愛用品になりやすいプレゼントといえるでしょう。

就職祝いは高級なものであれば良いというわけでなく、相手が喜ぶものを気の利く感じで選ばなければなりません。
さりげなくリサーチするテクニックも身につけておかねばなりませんね!

著者:fourclass編集部

株式会社フォークラスの編集部
アイコン
fourclass編集部のfacebookアイコン fourclass編集部のfacebookアイコン
フォークラスでは、コンテンツ制作と、ウェブ制作を行っています。こんな記事を作って欲しい!取材してほしいという方がいらっしゃいましたら、フォークラスのフォームからお問い合わせください。
https://www.four-class.jp