女性も知っておくべき『結婚指輪』の相場金額や定番素材の知識|トピックスファロー

  • 未経験から歓迎のライター募集
1,166 views
2013年4月16日
女性も知っておくべき『結婚指輪』の相場金額や定番素材の知識

結婚式の準備といえば、会場の予約やゲストの招待が真っ先に頭に浮かびますが、結婚指輪の入手も忘れてはいけません。パートナーとの永遠の絆の証ですし、指輪交換の演出もこれがなくては始まりません。重要アイテムですから。素材や純度にきちんとこだわって、納得のいくものを購入しましょう。

美術ライターっぽいひと
  

男性だけでなく女性も結婚指輪の値段を意識しよう

結婚指輪選び

どんな結婚指輪にしようか決めることも、重要な結婚準備の1つに含まれます。
サイズやデザインなど気にすべき要素は色々ありますが、最も気になる要素といえばやはり値段でしょう。

男性側が気にすればいいことでは?と感じるかもしれませんが、実は女性側も値段を意識することは大切なのです。

『いきなりダイヤの指輪を渡してプロポーズ』のサプライズ・シチュエーションが当たり前だった昔とは違って、今は『2人で予算を決めてジュエリーショップに買いに行く』といった現実的なカップルが増えている時代だからです(不況の影響でしょうか)。

彼のお給料の3か月分がセオリーなどと過剰な期待を抱いていると、パートナーに重いプレッシャーをかけたり困惑させたりしてしまいますから、金額の相場や素材の純度による値段の違いなど、結婚指輪に関する情報や知識に詳しくなっておきましょう。

相場(平均購入)金額は2人合わせて21.1万円

ゼクシィの調査データによると、結婚指輪の平均購入金額は、2人合わせて21.1万円とのことです。
1人では約10万円の計算になりますね。男女共に少し頑張れば容易に貯められる額ですから、お互いへのプレゼントという形をとるカップルもたくさんいます。

定番素材のプラチナは、純度に注目して選ぼう

結婚指輪のもっとも代表的な素材といえばプラチナが挙げられます。
長きにわたり定番の座に君臨している理由は、装飾のダイヤモンドが映えることと、その白い輝きが“無垢”を連想させるためですが、選ぶ際は純度に注目することが大切です。

結婚指輪などの宝飾品には、Pt900、Pt950、Pt1000のいずれかが使用されている場合が多いです。
Ptはプラチナの含有割合を示す単位であり、Pt900であればプラチナ90%、Pt1950であればプラチナ95%を含有しているという解釈になります。

数字は硬度に反比例します。つまり数字の小さいものほど硬く、大きいものほど柔らかいことになります。
強度を重視するのであれば数字の小さいものを、純度を重視するのであれば数字の大きいものを選ぶと良いでしょう。ただし純度の高いものほど高額になることを忘れないでください。

2番人気のホワイトゴールドは、安さと神秘性が魅力

プラチナの次に人気を集めているのがホワイトゴールドです。
プラチナほどではありませんが白く美しい輝きを放つことや、魔除け・金運アップによる結婚生活安定の効果が期待できることなどが、多くのカップルに支持される理由となっています。

ゴールドの純度は、知っている人も多いと思いますが、K18やK24などアルファベットのKに数字を組み合わせた形で表されます。

プラチナと同様に、数字の大きいものほど純度が高く値段も高額になるという特徴があります。ただしプラチナに比べると安く、約7割の値段で購入できるというメリットがありますから、参考にしてください。

著者:安達リス

美術ライターっぽいひと
アイコン
本にお茶、お絵かきアイテム、動植物を愛する文字書きです。いろんなものを吸収するべく趣味の範囲を超えたテーマを取材・執筆しています。中の人などいません。