マンガと小説は別々に売るべき?古本を高額買取してもらう方法!|トピックスファロー

  • ライター求人
2,026 views
2015年2月17日
マンガと小説は別々に売るべき?古本を高額買取してもらう方法!

家にある本を処分したいけど、どこに買い取ってもらうのがよい?大手古本チェーン店や、おじさんが一人でやっているような古本屋、また、ネットオークションに出品という方法もあります。古本を高額買取してもらうコツをご紹介します。

構成作家・ライター
  

部屋を占領する多くの本

「あ、これおもしろそうかも」という感覚で本を買っていたら、部屋のスペースを大きく占領するほどになってきました。買って満足してしまうタイプなので、読んでいない本もたくさん積み上げられ、ほこりをかぶってしまうという始末。

もう、どれを読んでどれを読んでいないのかさえも見当がつかなくなってきました。これってわたしだけでしょうか。

読んでみて良かったと、いう本があっても改めて読み返す機会はそれほど多くないものです。このままの状態で、さらに買い続けていくと考えてみたら、自分の部屋はどうなることでしょうか。引っ越しとかも大変そう。

ということで、本当に必要な本だけを残してごちゃごちゃな空間をすっきりさせようと思いたちました。でも捨ててしまうのはもったいないですよね。

しかし買い取りしてもらうにしても、大量の本を運んだ結果、買取り金額が安かったりするとがっかり感も凄まじいもの。何か効率的な古本買い取りの方法はないものでしょうか。

どこに売るのが一番いいの?

一言に古本を売るといっても買い取ってもらう手段はさまざま。大手古本チェーン店もあれば、商店街の中のこぢんまりした古本屋さんもあります。

最近では、オンラインの古本業者も増えていますし、他にもネットオークションに出す、という手もあるでしょう。それではどこで買い取ってもらうのが一番お得なのでしょうか。
古本

お店それぞれの特色を知る

自分の古本をより高値で買い取ってもらうためには、売るお店の特色を知ることが重要になってきます。実はお店ごとに、それぞれ扱う商品の傾向が違うのです。

どれだけ状態が良く価値のある本でも、お店にとって不要なタイプの本であれば、買い取り価格はどうしても安くなってしまいます。もしかすると買い取り自体を断られてしまうケースもあるかもしれません。

そうならないために、そのお店で扱っている商品や、そのお店に通う客層などをあらかじめ調べておく必要があります。自分の家にある本には、それぞれに適した買い取り先というのがあるということです。

まとめて一箇所に買い取ってもらうのではなく、上手く売る場所を選んで別々に買い取ってもらいましょう。趣味や学術書など、ある一定の層に需要があると思える本は、そのようなお店をネットで探してみましょう。

また大手の古本チェーン店の査定方法は、本の状態の良さに重点を置いているといいます。新品の状態に近い本などは近所のチェーン店に持っていってみましょう。

他にも「こんな本どこでも売れないよ」と思っていてもオークションに出せばマニア垂涎のお宝という可能性もあります。そういう場合は、古本屋に売る値段の数倍も高額で買い取ってもらえるかもしれません。

このように自分の本を種類ごとに分類し、それに強い買い取り先ごとに分けて売るというのが本を効率的に処分するポイントかと思います。

高額買い取りしてもらうためのその他の方法

本はお店に持ち込む前にある程度キレイな状態にしておきたいものです。部屋で積み上げられ、ほこりまみれになっていたものをそのまま売るというのでは、どれだけ価値がある本でも値段が若干下がってしまいます。

処分するという気持ちは捨て、商品を卸す感覚で管理しましょう。買い取ってもらう人に印象をよく見せるために特に表紙は念入りに汚れをとることが大事。 消しゴムや洗剤を軽く含んだ布などでキレイにするように心がけてください。
また、新しく本を買う場合はいずれ買い取りしてもらうことを視野に入れ、丁寧に扱いましょう。そうすれば、いざ買取りしてもらう時に手間が省けるのではないでしょうか。

○カバーを取り付ける
○飲食しながら読むのは避ける
○色あせや日焼けしない場所に置くようにする
○できるだけ早く売る
というのを徹底することで高額で買い取りしてもらえる可能性が高くなると思います。

オークションを活用するには

古本屋さんに比べて、オークションへの出品は高い値段で買い取ってもらえる場合が多いです。しかし、やり取りや梱包、発送など時間と手間もかかってしまうものです。また、なかなか買い手が見つからない、ということも少なくはないでしょう。

とりあえず早く処分したい、といった人には不向きなのかもしれません。しかし、著者のサインが書かれている本などは、他の多くの古本屋では価値の判断ができません。
書き込み、落書きなどとマイナスとして査定されることが多いようです。こういうサインなどはオークションで出品することで付加価値としてセールスポイントになるのではないでしょうか。

それぞれの本をどこに売るのがお得かをよく考えて、より効率的に買い取りをしてもらいましょう。

著者:ねじ山ねじ

構成作家・ライター
アイコン
兼業ライターとして活動しています。何かの合間にさくっと読めるものを書いてますので気楽に読み流してください。