【美しいけど…?】知っておくべきオールセラミックの長所と短所|トピックスファロー

  • 未経験OKのフリーライター求人
7,351 views
2012年9月10日
【美しいけど…?】知っておくべきオールセラミックの長所と短所

オールセラミックはたいへん審美性に優れている治療法です。装着すると自分の歯と同等の使用感を得られるという長所もあります。しかし決して万能というわけではなく、他の被せ物と比べると高額など短所もありますので、必ずよく特徴を調べてから治療に踏み切りましょう。

WEBライターのかたわら、週末は雑貨屋めぐりしつつ、最新の文房具収集。…
  

セラミックのみでできた被せ物を装着する

審美歯科で行われている治療法の1つ“オールセラミック”を知っていますか?
オールセラミックとは、材質の全てがセラミックでできた被せ物“オールセラミッククラウン”を歯に装着する治療法のことです。

虫歯で歯を失くした人や、交通事故で前歯が欠けた人などにお勧めの治療法です。
失った歯を補えるだけでなく、機能性や審美性にも優れているため、治療後は今まで通り食事ができるようになり、見た目も大変自然です。

素晴らしく画期的な治療法ですが、決して万能というわけではありません。
一見完璧そうなオールセラミックにも、やはり長所と短所があります。

治療を検討中の方は、それらをよく確認した上で決めてくださいね。

オールセラミックの長所

見た目が美しい

オールセラミックの一番の長所、それは見た目が美しいということ。
変色せずツヤや透明感があり、とても偽物の歯には見えません。人によっては自分の歯より綺麗と感じることも。また医師の腕にもよりますが、極めて自然な仕上がりで周囲に被せ物をしているとバレません。

金属を一切使用していない

オールセラミッククラウンは、上記でも述べましたが材質は全てセラミックです。
従来の被せ物であるメタルボンドとは違い、金属を一切使用していませんので、金属アレルギーやブラックマージン(金属イオンが発生し歯茎が黒く染まる現象のこと)が起きる心配は無用です。

ステインがつきにくい

ステインとは歯の着色汚れのことをいいます。主な原因には、タバコのヤニや茶渋などが挙げられます。
オールセラミッククラウンにはステインがつき難い、ついても容易に落とせるという特長があるため、審美性を保つことができます。

オールセラミックの短所

金属より強度が劣る

オールセラミッククラウンは金属に比べると強度が劣ります。
割れやすいため外からの衝撃に注意しなければいけません。硬いお煎餅や飴玉をガリガリ噛むのはできるだけ控えたほうが良いです。また、噛み合わせの強い部分には使用できない場合もあります。

健康な歯を削らなければならない

オールセラミッククラウンを装着するには、土台となる歯を削る必要があるため歯に負担がかかります。
またブリッジ治療の場合、隣の健康な歯を犠牲にしなければならないので抵抗を感じる人も。

高額である

オールセラミックは健康保険が効かない治療であり、1本の価格は10~15万円と高額です。
あくまでも目安の値段ですが、普通の虫歯治療とは比べものにならないほど高いですよね。

著者:渡瀬由紀子

WEBライターのかたわら、週末は雑貨屋めぐりしつつ、最新の文房具収集。好奇心を糧に幅広く執筆活動中。
アイコン
WEBライターのかたわら、週末は雑貨屋めぐりしつつ、最新の文房具収集。好奇心を糧に幅広く執筆活動中。