「安心」を買う!がん保険選びのポイント!!|トピックスファロー

  • 主婦からプロまでライター募集
1,329 views
2012年7月23日
「安心」を買う!がん保険選びのポイント!!

日本三大疾病に数えられるがん。若いうちに掛かってしまうと進行が早く手を付けられなくなってしまうことも…。まさか、万が一に備える為にもがん保険への加入は大事です。がんを患った際の心強い味方となってくれるがん保険の選び方を解説します!

都内在住のフリーライター。犬猫と仲良く暮らしてます。
  

知っておきたいがん保険のポイント

正直な話をすると、がん保険は生命保険に比べて優先順位の低い保険であると結論付けられます。
なぜなら、健康保険による治療費の控除と高額療養費制度の利用、通常の生命保険に含まれる病気入院による支払金を総合すれば、患者家族の負担はがん保険をかけているのとそう変わらない程度に抑えられるからです。

しかしそれは結果論の話で、がん患者が入院している間は患者の家族は気が気でない毎日を過ごさなければならないし、一家の大黒柱である父親ががん患者であった場合だと収入の減少も重なって心労のダブルパンチを受けることになってしまいます。

つまり、もしもの時の為にがん保険に入ることは無駄ではなく先々の「患者と家族の安心」を買うことに繋がるのです。

では、どのようなポイントを考えてがん保険に加入すべきなのでしょうか?

契約者負担がゼロになる治療費保障がついている

ガンのように、治療に時間がかかり長期間の入院を余儀なくされる病気は得てして治療費が高額になるものです。

健康保険の高額療養費制度を利用すれば済む保険診療の範囲内であれば良いのですが、がん治療では健康保険の効かない自由診療を利用しなければならない場合があります。
健康保険では保険診療と自由診療の両方を使った混合診療は出来ないことになっているので、患者の病状によっては保険診療が効かず自由診療だけで治療しなければならないケースも出てきます。

もしもがんになったら自由診療での治療を受けたい、と考えている人は治療費保障のついているがん保険を選ぶのが良いでしょう。 自由診療も治療費保障の範囲に含まれているため、安心してがん治療を受けることが出来ます。

入院給付金・治療給付金のバランスが良い

がんを治すには入院しかないようなイメージがありますが、最近は医療技術の発達によって早期発見できれば通院だけで治療できてしまうケースもあります。
つまり、生命保険に付き物の入院給付金は通院治療では支払われないため保険契約料の分だけ損してしまう可能性が出てくるのです。

がん保険を選ぶ際は、入院給付金だけでなく通院治療で支払われる治療給付金も視野に入れて検討することが大事です。入院するにしても通院治療だけで済むにしても、働けないことによる収入減をカバーできることが大事なのです。

何度でも支給される診断給付金が付いている

がんはたとえ患部から完全に腫瘍細胞を除去できたとしても、再発する可能性が決してゼロにならないというしぶとい病気です。
がんが発覚したので入院して手術した。でも数年後に再発したのでがん保険を使ったら前回よりも給付金が少なくて持ち出しが多くなった…。こんなケースに直面する人も意外と少なくないのです。

このようなケースに陥るのは、がんと診断された場合に出る診断給付金の支給が一回限りの契約になっているためです。 診断給付金の支給に制限がなく、がんと診断されたら何度でも支給される性質であることも、がん保険を選ぶポイントの一つです。

他社の保険と大差無い内容で契約料が安い

生命保険やがん保険に加入することは、「転ばぬ先の杖」を買うことに繋がります。しかし、「その杖は本当に適正価格で買ったものなのだろうか?」と疑っている人も少なくないものです。
正直な話、生命保険やがん保険のように将来に起こりうる「まさか」の局面に対応するための保険は掛けておきたいけれど、出来るだけ安く済ませたいものです。

そのため、保険に加入する前は複数の会社の資料を集めておいて、どの会社が「一番保険契約料が安くて、なおかつ保険内容も充分であるか」を吟味することが大事です。
保険契約料も、複数の保険に入っていれば馬鹿にならないほどの額になるもの。せめて自分で安くてお得なものを選んでおきたいものです。

著者:坂下モド

都内在住のフリーライター。犬猫と仲良く暮らしてます。
アイコン
ペットを飼っている関係上、ペット関連の記事を多く執筆。現在ではジャンルを問わず、政治・経済なども