音楽を子供と楽しむ★コンサートのすすめ|トピックスファロー

  • ウェブライターを大募集!ぜひ応募してください
1,669 views
2012年8月6日
音楽を子供と楽しむ★コンサートのすすめ

クラシック音楽を普段はあまり聴かない人も、子供と一緒に楽しんでみませんか?ファミリーコンサートの情報やその魅力を紹介しているので、ぜひ参考にしてください。休日のレジャーとしてもお勧めです!

編集部ライター。頭もお腹も柔らかくをモットーにしてます
  

子供と一緒にコンサートへ!

道の駅 信州蔦木宿

photo by Derek Gleeson on wikipedia

アイドル歌手のライブもいいけれど、たまにはクラシックコンサートなんかに行ってみませんか?

本格的なコンサートとなると子供は入場できない会場も少なくないため、子供は家で留守番するか、小さくて心配な場合は、会場に併設されている託児所を利用するなどしなければいけません。

ですが、最近では親子で楽しめるコンサートがずいぶん増えてきました。CDで聴くのとは全然違う“生の音楽”に親しむことは、子供の情操教育にも役立つのでオススメですよ!

ファミリーコンサートのここがイイ!!

親子で楽しめるコンサートの多くは、「ファミリーコンサート」と呼ばれているものです。こういったコンサートは子供にとっても、パパとママにとっても魅力たっぷり!上質な音楽とともに、家族で素敵な時間を過ごしましょう。

子供向けプログラム

ほとんどのファミリーコンサートでは、子供向けのプログラムが用意されています。
アニメソングや童謡を演奏してくれたり、ステージに着ぐるみが登場したり、絵本の読み聞かせがあったり・・・と、色々工夫されていて、子供を飽きさせません!子供と一緒に口ずさみながら、楽しんでください。

十分な聴きごたえ

ファミリーコンサートは子供向けで、大人は楽しめないんじゃ・・・と思っている人もいるでしょう。
童謡を演奏していても、オーケストラによる本格的な演奏にはつい聴き惚れてしまいます♪
また、ちゃんと大人向けのプログラムもあります。例えば「カノン」や「白鳥の湖」などおなじみの曲が沢山聴けるので、クラシック初心者でも気軽に楽しめますよ。

子供がぐずっても安心

ファミリーコンサートのステージは、1時間程度で終わることがほとんど。これも、子供を飽きさせないための工夫の1つです。
そうは言っても途中で眠くなったりして、ぐずり始めることもあるのが子供ですよね。そんな時でも、あまり慌てないで!他のお客さんも子連れなので、それほど気兼ねすることはありません。けれど、ぐずった時は少し席から離れ、休憩スペースなどで落ち着かせましょう。
また、おむつ交換台や授乳室があることも多いので助かりますね。

お勧めのコンサートは?

たくさんあるコンサート・ライブの中から、家族でのレジャーとしてお勧めのコンサート情報をいくつか紹介します。

クロネコファミリーコンサート

宅急便のクロネコヤマトで知られるヤマトホールディングスによる、家族向けのクラシックコンサート。
子供から大人まで、誰もが気軽にクラシック音楽を楽しめる内容です。

対象年齢:
0歳~
開催時期:
月数回
開催場所:
全国各地

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャパン

フランス発祥のクラシック音楽祭。
0歳から小学生までを対象としたプランもあり、一見堅苦しそうなクラシックを気軽に楽しく聴けます。

対象年齢:
0歳~(ただし、公演によって年齢制限が異なります)
開催時期:
年1回(ゴールデンウィーク期間中)
開催場所:
東京他、全国5都市

高嶋ちさ子バギーコンサート

テレビなどでもおなじみのヴァイオリニスト高嶋ちさ子さんが開催しているコンサート。
二児の母である彼女のアイディアが随所に光る内容になっています。

対象年齢:
0歳~
開催時期:
年数回
開催場所:
東京(東京ミッドタウン)

著者:加賀原まこ

編集部ライター。頭もお腹も柔らかくをモットーにしてます
アイコン
情報を噛み砕きつつ簡単に伝えます。女子なのにコスメ系のネタが苦手だったりしますが、取材はちゃんとします!