【10円玉ハゲ】円形脱毛症の原因別による治療法!|トピックスファロー

  • 未経験OKのフリーライター求人
2,964 views
2015年2月19日
【10円玉ハゲ】円形脱毛症の原因別による治療法!

いつの間にか、こんなところに10円玉ハゲが。10円ハゲや500円ハゲと言われている円形脱毛症は、単なるハゲではありません。実はれっきとした病気なのです。今日は円形脱毛症が起こる原因とその治療法方について解説していきたいと思います。

派遣社員の水墨画家
  

他人事ではない円形脱毛症

不規則な生活やら、理不尽な社会やら時間に追われてゆっくりすることができない!今や働く人の約6割がストレスを感じながら仕事をしているストレス社会。そんな中で、あれ!?頭に丸いものがある。あれれ、円形のハゲが!?なんてことはありませんか。

昔は10円ハゲ、大きければ500円ハゲと、単なる軽いハゲの一種のように捉えられていました。でもご存じですか?これは円形脱毛症という病気なのです。今日は円形脱毛症になる原因と治療方法をお話していきたいと思います。

円形脱毛症はストレスが原因

ストレスは、円形脱毛症が起こる原因として最も多いと言われ、精神的なことで数ヶ月、長い場合では1年前に受けた何らかのストレスが引き金となって円形脱毛症を引き起こすといわれています。

どのようなことが体で起きているか?

精神的なストレスで、胃潰瘍や十二指腸潰瘍が起こるというのは、みなさんもご存知かと思います。これは精神的な要因によって、血管が収縮することが原因で、その部分の粘膜が死んでしまい、穴が開いた状態になってしまっています。

円形脱毛症は、これと同じことが頭皮で起きているイメージになります。頭皮の場合、髪の毛に栄養がいかず抜けてしまいますよね。また、人はストレスを受けると、体はそれと戦おうとし、体温を上げたり、心臓や肺を早く動かしたりし交感神経を活発にさせます。

適度なストレスは、やる気を起こすのに良い場合もありますが、ストレスが強すぎたり、長期的に続いた場合は、過度の緊張状態が続き自律神経が乱れます。自立神経が乱れると、髪をつくるための素となる毛母細胞や毛乳頭に伝えている神経に支障をきたし、髪をつくる働きが鈍くなります。

髪をつくる神経が切れてしまえば、髪をつくったり育てたりするための情報が毛母細胞に伝わらなくなり、髪をつくる事が出来なくなってしまいます。髪に栄養がいかず、作る事もできなくなることにより円形脱毛症になってしまうのです。

治療方法として

円形脱毛症の治療として一番お勧めなのが、自然治癒をめざす方法です。ストレスよる脱毛症については、精神的なストレスが基礎にあります。長い時間をかけて原因と向き合うことで、ストレスを解消し自然と解決させる方法が良いとされています。

しかしストレスが強く、睡眠障害がでてしまうような場合は、軽い精神安定剤など薬を併用した方が良い場合もありますし、一人で対処出来ない場合は、メンタルクリニック等のカウンセリングを用いていくのも良い方法かと思います。すぐに原因と向き合えない場合は楽しいことなどを行い少しでもストレスを軽減させることがお勧めです。

ストレス

自己免疫疾患による原因

近年有力視されている原因の1つです。自己免疫疾患とは、本来外部からの侵入物を攻撃することで私たちの体を守ってくれているはずの免疫系機能に異常が生じ、自分の体の一部分を異物とみなして攻撃してしまう病気です。
自分自身の髪を体にある異物としてとらえ円形脱毛症を引き起こすと言われています。

どのようなことが体で起きているか?

要因としては、疲労や感染症などの肉体的なストレス、また精神的なストレスや体質的なものがあります。自己免疫疾患は自分の体を敵と勘違いしてしまうため、激しい攻撃を毛根に繰り返すことで、元気な髪の毛さえも抜け落として、円形脱毛症にしてしまうと考えられています。

これが原因による症状の場合、毛根まで攻撃の手を緩めることなくいくため、脱毛がひどく早めの処置が必要になってきます。また場合によっては甲状腺疾患、糖尿病、アトピー性皮膚炎など他の免疫異常疾患と同時に起こりやすいとも言われています。

治療方法として

自己免疫疾患による脱毛症の場合、早めの対処が必要になってきます。
免疫異常を押さえるステロイド剤や、血液の循環をよくするフロジン液などの治療もありますが、確実というわけでありません。安全に治療を続けていくのであれば、睡眠、食生活などの生活習慣の見直し等が必要になるかと思います。インスタント食品の食べ過ぎや、野菜不足による栄養の偏り等食生活の影響で円形脱毛症になりやすいと言われています。
また、睡眠不足は頭皮の血行不良を引き起こすため、髪の毛の成長に必要な酸素や栄養が運べなくなってしまいます。睡眠時間をいつも7~8時間以上確保するなど、健康的な生活に改善することが必要だといわれています。

遺伝的要素による原因

遺伝による原因で、家族で円形脱毛症の人がいる場合、同じ病気を抱えている家族が多いとの話もあり、円形脱毛症には遺伝的要因が関係する可能性が高いといわれています。

また、アトピー性皮膚炎やアレルギー疾患を持つ人ともっていない人を比べると、疾患を持つ人のほうが、円形脱毛症がより多く発症しているといわれています。もし本人がもっていなくても、家族がもっている場合は円形脱毛症になる場合も症状が高いといわれています。同じ環境で同じくらいのストレスで、なる人とならない人がいる場合は、もともとの遺伝子的な要素による深い関連があるとされています。

治療方法として

遺伝的要素による脱毛症であれば、自分ではなかなかわかりにくいため、自分がアレルギー体質かどうか病院や市販のキットで検査を行って調べてみるのも良いと思います。治療方法については、自己免疫疾患と同じようになるとは思いますが、体質により異なるためそれに合せた治療が必要になります。

時間をかけて焦らず治療を

いかかでしたか。軽度の円形脱毛症であれば、特になにもケアしなくても3ヶ月~半年も放置しておけば自然と治るケースがほとんどです。また治療当初に改善が見られる場合がほとんどなので、あわてずに、自分の体を信じてケアしていくことが、大切です。

ストレスがたまる現代社会で、むしろストレスに気づかせてくれた体に感謝して、これを機会に少しゆっくりしてみるのも良いかもしれないですね。

著者:近藤です。

派遣社員の水墨画家
アイコン
大学を卒業してから、自由に生きてきました。自由って良い言葉なように聞こえるかもですが、でもある意味何もせずブラブラしていただけなんて悪い言葉でもあるかもしれないなんて思えるようになりました。自分は人よりやたら遠回りしていることが多いので、そんな遠回りな人生経験を少しでも色々なところに表現者として発信していきたいです。