抜け毛が止まらない!毛根ですぐに分かった薄毛になる8つの原因|トピックスファロー

  • 未経験から歓迎のライター募集
43,824 views
2012年10月1日
抜け毛が止まらない!毛根ですぐに分かった薄毛になる8つの原因

抜け毛の原因は多種多様。しかし毛根を見るだけでその原因を簡単に調べることが出来るのです。薄毛を止めるにはまず抜け毛の原因をしり適切な対応を行う必要があります。まずは自分の毛根でヘアチェックを行ってみませんか

WEBライター
  

髪は抜けるもの。問題は抜けた理由にある

人の髪は「成長期」「退行期」「休止期」のサイクルを約4~7年かけて繰り返しています。
その為、休止期から成長期にかけての生え変わりの時期にはどうしても髪は抜けてしまいます。
その本数は1日に100本程度、抜け毛の増える秋などは200本以上抜ける事もありますが、異常という訳ではありません。なぜなら平均的な髪の本数は10万本。数百本程度が抜けたところで、問題はないでしょう。

しかし、このヘアサイクルが崩れると、発毛途中の髪が抜けてしまったり、極端に寿命の短い髪が生えてくるようになってしまいます。この状態が続けば「薄毛」となってしまいます。

薄毛。つまり異常脱毛が増えていく原因はひとつではなく、原因にあわせて治療を変えなくてはいけません。
例えばストレスにより脱毛を繰り返している人が、いくら頭皮環境を改善しても意味はなく、減らない脱毛にさらにストレスを感じてしまうでしょう。
正しい脱毛対策には、まず髪が抜けていく原因を知ることが重要になります。

毛根でわかる自然脱毛と異常脱毛

髪は正しいヘアサイクルで生え変わる「自然脱毛」と、何らかの原因によって抜け落ちる『以上脱毛』の2種類に分けることが出来ます。
自分の抜け毛がどちらなのかは、抜け落ちた髪の毛根を見る事で確認できます。

マッチの様に毛根が丸く膨らんでいる

自然脱毛ですので、問題はありません。
さらに髪の太さも均一なら、ライフサイクルは正常です。
最近、抜け毛が増えてきたなと感じているかもしれませんが、神経質になり過ぎているか、季節による一時的なものだと考えられます。

膨らんでいるが小さかったり、形が悪い

自然脱毛ですが、髪の寿命が短くなっています。
成長期は平均で4年続くと言われていますが、頭皮が衰えてくるとその寿命が2年以下になってしまいます。
緊急を要するほどではないかもしれませんが、頭皮環境の改善を考える時期に来ていると思えます。

膨らんでいない

栄養不足です。
髪を育てる毛母細胞に必要な栄養が行っておらず正常な細胞分裂が行われておりません。
髪は18種類ものアミノ酸を中心に構成されています。正しい食生活を行い、栄養素を補う必要があります。

太くて短い

頭皮が乾燥して固くなっています。
頭皮が乾燥し固くなる事によって、本来毛根があるべき位置より表面に近い場所に押し上げられていると考えられます。その為、通常よりも抜けやすくなっているのが特徴です。
頭皮環境の改善が必要になりますので、保湿成分が入っている育毛剤を使用しマッサージを心掛けたほうがいいでしょう。

毛根の色が黒い

ストレスが溜まっています。このままでは危険ですね。
黒く見えているのはメラニン色素。
紫外線を浴びた時に肌を黒くし皮膚を防御する事で知られる成分です。
本来、日本人の髪が黒いのは毛髪の中にメラニン色素があるからで、黒髪は紫外線から頭皮を守るためにあります。
しかしながら通常の毛根は白。なぜなら髪に色を付けるのは別な場所で行う為で、本来は髪を作る毛根にメラニン色素は混入しません。

それにもかかわらず、毛根が黒く変色しているという事は、メラニン色素を作るメラノサイト細胞に異常があると考えられます。
その最も代表的な原因として考えられているのがストレス。

ストレスは脱毛の最大原因と考えられており、単に脱毛を促進するだけでなく、あらゆる育毛効果を妨害する原因ともなりますので、早急なストレスの解消が求められます。

白い膜の様な物がついている

皮脂が過剰に分泌されている可能性があります。
白い膜のように見える物は『毛包』という毛根を包んでいる袋状の組織と思われます。
毛包ごと抜けるという事は、毛穴の中が皮脂で充満しており滑りやすくなっている。もしくは炎症や細菌の繁殖を許している可能性が高いという事です。

しかしむやみと頭皮の油を取り除く行為は、更なる過剰分泌を促すことが実証されていますので、改善が見られない場合は専門医に相談する方がいいでしょう。

そもそも毛根が無い

髪が弱く、脆くなっています。
原因を絞ることは難しいですが、栄養不足による発育不良により髪が細くなっている事が考えられます。
食生活の見直し、ストレスの解消、頭皮マッサージなどが有効でしょう。

毛根がガタガタで形をなしていない

すぐに専門医の治療を受けましょう。
円形脱毛症などに多く見られる形です。

すでに毛根の形を作れないほどの悪影響を受けています。個人でのケアが難しく、すぐに改善できない場合が多いのですぐに専門医の支持を仰ぐことをおすすめします。

毛根は髪の健康を量るバロメーター

髪を調べるとその時の状態が分かると言われる程、毛髪は影響を受けやすい組織です。
抜け毛の原因は上記で上げた以外にも、細菌の繁殖による炎症や薬の副作用など様々でが、毛根を確認する事で、いち早く頭皮の異常を知る事へとつながります。

異常のシグナルを感じたら、一人で悩まずに専門医の指示のもと、正しいヘアケア行うのが最良の方法でしょう。

著者:佐久間和夫

WEBライター
アイコン
WEBライターです。型にはまらず様々な情報を発信していきます。好きなものは酒、おつまみ、自転車。