ほうれい線ケアは一日数回でOK!毎日継続表情筋トレーニング|トピックスファロー

  • 美容・ファッションライターの求人
4,595 views
2015年2月23日
ほうれい線ケアは一日数回でOK!毎日継続表情筋トレーニング

「ほうれい線」があると5歳老ける!?美肌!若い顔をキープするのに最大の天敵ほうれい線。一日ちょっと行うだけで顔の血行をよくして、いつまでも永遠の若さがキープできる?大げさと思われますか?簡単にできる「ほうれい線ケア」をご紹介します。

派遣社員の水墨画家
  

毎日のエクササイズでほうれい線が消える!?

コメディのお芝居でおじいさんのメイクをするときに、何はなくとも必要なのは口のサイドにあるライン、ほうれい線ですよね。ほうれい線がみえるだけで5歳老けさせる!?なんていう言葉もあるくらい、あるかないか顔の印象は大きく変わってきてしまいます。

本来ほうれい線は、豊齢線と表記されることもあり、豊かに歳を重ねることで目立ってくる線を意味しているそうです。また笑いジワとも言われていますし、人相学的には吉だそうですが、世の女性はそうは思わないですよね。

ほうれい線があったら「消えろー!」なんて思いますよね。そんなほうれい線、実は表情筋という顔の周りの筋肉を一日数回ちょっと運動させることで顔の血行を活発にし、線を薄くしたり、無くすこともできるそうです。あるのですねそんな素敵なお話し。
今日は一日数回ちょっとの時間で、ほうれい線を無くすこでもできる簡単な表情筋のトレーニングやエクササイズなどを紹介していきたいと思います。

トレーニングやエクササイズは、意識をしながら行うとより効果的です。それではみなさん、目の前に鏡を用意して、自分の表情を確認しながらエクササイズしてみましょう。

頬をすぼめる&膨らますトレーニング

え、それだけ?と思われますよね。とてもシンプルではありますが、実は基本中の基本。顔の筋肉は、日常では3割程度しか使っていないので、普段より大きく動かし、いつも使っていないところも表情筋を動かすという意識が必要になります。

やり方

・空気を吸い込むような感じで頬をすぼめ、5秒間キープする
・ゆっくり大きく膨らまし、5秒間キープする。
顔全体がほんのり温まるような感覚になれば、筋肉を動かしている証拠。時間のない人や、どこでも行いたい人には、顔全体をほぐすうってつけのトレーニングになります。

ベロ回しトレーニング

舌を回してほうれい線を目立たなくするトレーニングです。舌を回すことで口の周りの表情筋が鍛えられ、血行と新陳代謝が促されます。ほうれい線が消えていくという効果が期待できます。

やり方

・口を閉じた状態でベロを歯に沿ってゆっくりとグルグル回す。
・回数は左回り、右回り×20回、1日3セット行う。
うまくまわせない場合、頭が痛くなってきた場合などは無理をせず自分のペースでできる範囲を行うのがよいです。

あいうえおの口でトレーニング

あ、い、う、え、おの発音をするように、口を大きく開くトレーニングになります。普段あまり使わない舌を支えている筋肉を鍛えることで、たるみやほうれい線の原因となる表情筋の衰えを予防し、ほうれい線を消すという効果が期待できます。

やり方

・「あ」「い」「う」「え」「お」を言う時の口をできるだけ大きく開け各10秒間キープする
・これを5セット行う。

普段あまり使うことがない筋肉を使うため、表情筋の動きをイメージしながらエクササイズを行いましょう。

口元マッサージ

口元の表情を作る筋肉で、衰えると口元のシワやたるみの原因になるといわれる口輪筋(こうりんきん)のエクササイズです。マッサージすることで血行を良くし、ほうれい線を消す効果が期待できます。

やり方

・鼻下、鼻の横から、ほうれい線の上に置くように両手で、口輪筋全体を覆う。
・口輪筋に置いた指の腹を使って、そのまま円を描くように時計回り、反時計回りに各10回まわす。
手を使って簡単に口輪筋を鍛える事ができるのでお勧めです。あまり強くやりすぎないようにすること、かるく温まったくらいで止めて置くのが良いです。

ほうれい線ケア

ほうれい線をおさえるツボ

頬骨の下にある巨りょう(こりょう)というツボで、小鼻の外側と黒目からまっすぐ下におろした線が交わるところにあります。笑顔のツボとも呼ばれ、上唇を引っぱる頬の筋肉と肌のハリをUPしながら、ほうれい線を消す効果があります。

やり方

・人差し指のはらを使い、垂直に軽く押す。
・左右同時に5秒間押し、ゆっくりと離す。これを5セット行う。
むくみやたるみの解消はもちろん、肌の皮脂分泌を正常化させる効果もあり乾燥肌の方にもオススメです。若い肌を保つためにはとても良いツボです。

ペットボトルを使ったトレーニング

ペットボトルを使い口輪筋力を鍛えるトレーニング。口輪筋が衰えると、口角が下がり表情に影が出たり、二重あごになってしまいますので、ペットボトルさえあれば簡単に表情筋を強くすることができます。

やり方

・500mlのペットボトルに少量の水(およそ100CC くらい)を入れる。
・ペットボトルを置き、歯を使わずに口でくわえて持ち上げます。
・そのまま10秒間ペットボトルをキープする。これを3セット行う
最初のうちは、表情筋がかなり疲れますが、続けているうちに徐々に慣れて行きます。どうしても辛い場合は、水を減らし少しずつ増やしていくのも良い方法です。

毎日少しずつ継続を

いかがでしたか。色々な方法がある表情筋のトレーニングですが、大切なことは意識をして行うことだと思います。ゆっくり大きく動かしながら、ちょっとこっている表情筋をゆっくりやさしく動かしてあげてください。そして、あまりやり過ぎないこと。マッサージでもやりすぎると次の日に揉み返しが来た、なんてこともありますよね。

そういえば野球の素振りでも、何も考えない1000本の素振りより、バッターボックスに立ったことを意識した10本の素振りの方が意味があると、偉大な監督も言っていました。数回でよいので自分の良い顔をイメージしながら楽しく行う、これが心身ともによいエクササイズになるのではないでしょうか

著者:近藤です。

派遣社員の水墨画家
アイコン
大学を卒業してから、自由に生きてきました。自由って良い言葉なように聞こえるかもですが、でもある意味何もせずブラブラしていただけなんて悪い言葉でもあるかもしれないなんて思えるようになりました。自分は人よりやたら遠回りしていることが多いので、そんな遠回りな人生経験を少しでも色々なところに表現者として発信していきたいです。