「育毛シャンプー」は本当に効果があるのか?薬事法から見る実態|トピックスファロー

  • 美容・ファッションライターの求人
1,529 views
2015年7月29日
「育毛シャンプー」は本当に効果があるのか?薬事法から見る実態

インターネットで検索すれば、たくさん出てくる「育毛シャンプー」の情報。でも実は、この「育毛シャンプー」基本的にはこれだけを使っていても髪の毛が生えるということはありません。なぜ?じゃあどうすれば効果があるの?そんな疑問に答えます。

フード&美容のフリーライター
鍋谷萌子のfacebookアイコン
  

世の中にあふれる「育毛シャンプー」どんなものだと思われている?

薄毛に悩む人にとって、非常に力強い味方となるのが、「育毛シャンプー」と呼ばれるものです。インターネットで検索すると、育毛シャンプーをランク付けしたサイトなどが、いくつもヒットしますよね。

でも、注意してください。私たちがイメージする「育毛シャンプー」と、本来の薄毛対策シャンプーは、実は意味が違うのです。 分け目悩み

「育毛シャンプー」なんてものは実はない!?

意外に思われるかもしれませんが、医薬部外品のカテゴリーでは、「育毛シャンプー」というものはありません。これが、「育毛剤」と「育毛シャンプー」の大きな違いである、と言えます。

育毛シャンプーは、基本的には、それを使うことで、「髪の毛が生える」「発毛を促進させる」という表記をすることができません。そのような表記をすることは薬事法違反とされているためです。

つまり、どれだけ良い育毛シャンプーを使っていたとしても、それによって、髪の毛を「生やす」ことは期待できないのです。

医薬部外品かそれとも化粧品か?その2つの違いについて

育毛シャンプーと呼ばれるもののなかには、医薬部外品(「薬用化粧品」と表記されることもあります)と、「化粧品」にカテゴライズされるものがあります。この2つには、厳密な違いがあります。それを知るにはまず、法律用語から知らなければなりません。

「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」という表記は、薬事法によって定められています。医薬品というのは、私たちが病気のときに飲む薬などを指します。上であげた「医薬部外品(薬用化粧品)」は、医薬品の次に強い効果を持つものです。

これは、人間が感じる「不快感」を軽減するために用いられることが多いものです。あせもなどの予防に使われるものがこちらに分類されます。育毛剤も、この医薬部外品にカテゴライズされます。

シャンプーにおいては、頭皮のフケを防いでくれたり、かゆみを防いでくれたり、いやな臭いを抑えることなどができるもの、という形で理解すると良いでしょう。「化粧品」の場合、医薬部外品に比べて、その効果はさらにマイルドになります。

これは、「何かを治療すること」を目的とするのではなく、「外見などをよくするために使うもの」を指します。女性用の化粧品をイメージしてもらうとわかりやすいでしょう。シャンプーにおいては、頭皮を保湿し、皮膚を健康な状態に保つことが期待できます。

つまり、同じ「育毛シャンプー」であったとしても、頭皮のケアを考えるならば、医薬部外品に指定されているものを使うことが理想的と言えます。

「育毛シャンプー」は育毛シャンプーにあらず!実際は頭皮改善シャンプー

医薬部外品ですら、その効果は、頭皮の環境をよくすることだけにとどまります。そのため、育毛シャンプーは、実際には「頭皮改善シャンプー」という呼び方をすることの方が、内容を正しく表している、と言えます。

そこでここからは、「育毛シャンプー」ではなく「頭皮改善シャンプー」という表記をしていきたいと思います。

頭皮改善シャンプーは効果がないのか?

頭皮改善シャンプーには、確かに育毛の効果はありません。どれほど優れた頭皮改善シャンプーであっても、これだけを使って、髪の毛が生えてくるという可能性はゼロに等しいでしょう。

しかし、だからといって、この頭皮改善シャンプーがまったく無意味か?と言われると、そうでもありません。なぜなら、頭皮改善シャンプーは、頭皮の状態をよくすることで、結果的には抜け毛の予防などにつながると考えられるからです。

抜け毛を促進させる要因のうちの一つは、頭皮環境の悪化です。保湿されていない肌、炎症を起こしている肌というのは髪の毛にもよくなく、薄毛の原因になってしまうからです。 シャンプー

頭皮改善シャンプーによって頭皮の状態を改善することができれば、このような「原因」を一つ減らすことができます。また、頭皮の状態をよくすることによって、髪の毛が育ちやすい環境を作ることもできます。

頭皮改善シャンプーは、確かにそれだけでは髪の毛を育てる効果はないです。でも、髪の毛を育てる上で、強い味方となってくれることは言うまでもありません。

頭皮改善シャンプーを使うなら使い方をきちんと踏まえて

ただ、どれほど良い頭皮改善シャンプーを使っていても、きちんと洗えていなければ、逆に頭皮の環境を悪化させてしまいます。洗えていない部分があればそこは汚れたままですし、流し残しがあればそれが菌の温床となってしまいます。 頭皮

頭皮改善シャンプーの正しい使い方というのは、商品によって違いがあります。そのため、ここではその具体的な使い方には言及しません。あなたが購入した頭皮改善シャンプーの説明をしっかり読んで、使用量や使い方をしっかり把握してくださいね。

正しい使い方をマスターしよう

「育毛シャンプー」と呼ばれるものは、単独では、原則として育毛の効果は見込めません。しかし、頭皮の状態を改善する効果はあります。これによって、髪の毛の生育に貢献してくれます。ただ、このような頭皮改善シャンプーも、正しい使い方をマスターできていなければ、逆に頭皮の状況を悪化させることにもなりかねません。

それぞれの頭皮改善シャンプーに書かれている説明をしっかり読んで、それを実践しましょう!

【参考サイト】
http://yakuji.aksk-marketing.jp/yakuji_faq_ikumou/
http://reviews-growth.com/column/scalpd.html
http://aksk-marketing.jp/column/yakujihou/87

著者:鍋谷萌子

フード&美容のフリーライター
アイコン
鍋谷萌子のfacebookアイコン
美容記事を3000記事以上、オリジナルレシピを150以上、福祉と医療関係の記事を1000以上書いてきたフリーライターです。フードコーディネーター、フードアナリスト、コムラードオブチーズの資格持ち。
糖尿病の家族の食事管理を行い、半年で血糖値を50以上下げた実績もあり。高血圧対策レシピなども作成できます。
介護―看護職の家族を持つため、正確な医学的知識に基づいた取材を行います。
また、葬儀会社の勤務経験を活かし、葬儀の常識から裏事情、葬儀の金額のカラクリなども解説できます。
18回の引越しを経験したこと、注文住宅を建てた経験と、建築業の専門的知識を持つ家族がいるため、不動産や建築事業に関する記事も多数執筆できます。