【第3回】東京、神奈川、千葉、群馬、茨城のおすすめサイクリングスポット|トピックスファロー

  • フォークラスのライター募集
23,687 views
2015年9月2日
【第3回】東京、神奈川、千葉、群馬、茨城のおすすめサイクリングスポット

今回は関東近郊で自転車を乗り回したい、輪行を楽しみたいという人向けにサイクリングスポットをご紹介します。東京をはじめ、都市部ならではの光景を楽しめるスポットもあれば、ひたすら走りに集中できる公園など、サイクリングに適した場所が様々あります。

Webライター
中野朝村のfacebookアイコン
  

関東近郊でサイクリングを楽しもう

あなたは普段自転車に乗っていますか?自転車は街の空気を汚すこともなく、運動にもなり景色も楽しめるというメリットだらけの乗り物です。単に移動するだけでなく、気分転換としても有効的です。

そして、関東には自転車で走ると楽しいスポットがたくさんあります。今回はそんな自転車で走りたくなるような関東のおすすめスポットについてご紹介していきたいと思います。

ママチャリとロードバイクの走行距離の目安とは?

サイクリングは、あまりお金をかけずに楽しめる経済的なレジャーといってもいいでしょう。しかし、がんばりすぎてあまりに遠い目的地を設定してしまうと疲れてしまいます。

自転車のタイプ別に見る、ウォーミングアップとして適切な距離は以下の通りです。

・ロードバイク 15km
・クロスバイク 10km
・ママチャリ 5km

これ以上の距離は、目的地までの移動だけで疲れてしまうということになりかねません。 サイクリング

電車に乗って目的地へ向かう輪行にチャレンジ

自転車で行きたいけれど、目的地までが遠すぎる、という場合は輪行がおすすめです。

輪行とは、自転車を公共交通機関に乗せて運ぶことです。輪行にもルールがあります。改札をそのまま自転車で通って乗車することは認められていません。基本的には折りたたむか、パーツを解体してカバーをかける必要があります。

輪行できるのは、折りたたみ式の自転車か、解体できるスポーツバイクということです。残念ながら、ママチャリでは輪行できません。

輪行の手順

自宅から駅まで自転車で向かう

自転車を畳んで入れ物に入れ、出発駅から到着駅まで輪行

到着駅から再び自転車に乗り目的地へ
or
自転車を入れ物にいれたまま電車や地下鉄を使って目的地へ

レンタサイクルを利用する

輪行に適した自転車を持っていない。そんなママチャリストを救ってくれるのがレンタサイクルです。レンタサイクルを利用する際は、目的地近くのレンタサイクルを事前に調べておきましょう。

料金は店によりますが、大抵1日1000円前後です。(スポーツバイクを選ぶ場合は多少割高になる場合もあります)

レンタルなので、もちろん壊したり、カギを紛失すると弁償になりますのでご注意を。

レンタサイクルが充実している地域

都会につきまとうものといえば何と言っても渋滞です。自転車なら、せっかく計画を立てたのに渋滞で台無し!なんてこともありません。

千代田区
港区
墨田区
台東区

湘南や軽井沢のような観光地も渋滞の問題はネックになってきますよね。レンタサイクルを利用すれば快適にいろんな場所を巡ることができます。

湘南
軽井沢

都市を軽快に走り抜けよう

都市のビル街を自転車で走るというのは気持ち良いものです。舗装がしっかりされているので鋭利な岩(石?)にタイヤを潰される心配もありません。

しかし都会というのは、交通量が尋常ではありません。歩行者も多く、人身事故の加害者となってしまう確率も高いので、ゆっくり、慎重に安全走行を心がけましょう。 都会のサイクリング

私がおすすめしたいのは早朝サイクリングです。通勤ラッシュの時間帯よりもさらに早い、午前5時ぐらいがおすすめです。

特に夏はすでに日が昇っているので視界も良好、気温も最適。誰もいない都市というのは独特の幻想感があって私は大好きです。

皇居の周りを走れる日曜限定パレスサイクリング

皇居や大企業の本社が建ち並ぶ千代田区は日本の心臓といっても過言ではありません。大学も数多くあるので建築物を鑑賞しながらサイクリングをすることができます。

そんな千代田区ですが、毎週日曜日にパレスサイクリングというイベントが開催されていることをご存知ですか?

コースは祝田橋から平川門を往復する約3km。ご家族で皇居の自然を楽しみながらゆっくりとサイクリングができます。レンタサイクルもありますので気軽に参加できるのも魅力的です。

きれいな夜景がおすすめみなとみらい

横浜市の海沿いの地域。横浜といえばこの場所を思い浮かべる人も多いのでは?みなとみらいはなんといっても夜景が綺麗です。夜の幻想的な風景を見ながらのサイクリングも良いですね。

人通りの少ないときが狙い目 海浜幕張

千葉県の東京湾沿いにある街です。この場所は、QBCマリンフィールドや幕張メッセなどの巨大イベント施設や企業のオフィスがたくさんあって仕事と遊びの街という雰囲気です。

なので、人の生活感というものがあまりないんですよね。深夜やイベントの無い日は人通りがあまりなく、まるでレースゲームのステージの中にいるような感覚に襲われます。

公園や高原で森林のマイナスイオンに癒されながら走る

公園内のサイクリングコースを自転車で走るのは爽快です。豊かな自然の風景を眺めたり、マイナスイオンを全身に感じたりできるからです。

また、サイクリング用のコースはきちんと仕切られていることが多く、車や歩行者との接触事故がないことも魅力の1つです。 公園のサイクリング

自然豊かな昭和記念公園サイクリングコース

東京都立川市と昭島市の境に作られた国営公園、昭和記念公園にあるサイクリングコースです。公園の中にあるサイクリングコースにもかかわらず、全長は14km。ママチャリなら普通に筋肉痛になるレベルです。公園だからといって舐めてかからないようにしましょう。

夏場にはボートやプールを楽しむこともできるようです。園内は1年を通して花が楽しめるよう趣向がこらされ、写真展や絵画展などのイベントも毎月行われています。疲れたときは、休憩がてらのぞいてみては。レンタサイクルあり(有料)。

涼しくて快適な玉原高原サイクリングロード

群馬県沼田市にある標高1300mの高原のサイクリングロード。夏は暑くてしんどいので自転車に乗りたくないという人でも、高原なら涼しいので快適にサイクリングを楽しむことができます。

人里離れたところにあるので色々な生き物がいるようです。特別天然記念物に指定されているニホンカモシカもいるということなので、もし遭遇できたらラッキーですね。コース自体は玉原湖を囲むようにできています。

都会のロードとは違い舗装はあまりされておらず、途中でパンクしてしまう可能性もあります(その場で応急処置をする必要あり)。さらに上り坂と下り坂が交互にやってきたりとかなりワイルドなコースとなっているようです。中級者向けのコースですね。

都会のオアシス駒沢オリンピック公園

駒沢オリンピック公園は東京都世田谷区の公園。名称の由来は東京オリンピックのときに記念して整備されたからだそうです。オリンピックのときに使用された個性的なグラウンドや東京オリンピックに関する資料館があり、視覚的にも楽しむことができます。

コースの全長は約2km。舗装もしっかりされているので尖った岩(石?)を踏んでパンクするといった心配もありません。レンタサイクルあり(有料)。

江戸川、利根川、湘南海岸を水の流れと共に走る

川や海の水というのは見ているだけで心が洗われます。また水鳥や魚を見ながら自転車を漕ぐというのもサイクリングの醍醐味です。 川沿いのサイクリング

江戸川サイクリングロード

東京都の江戸川沿いに作られたサイクリングロード。全長は60km、往復するなら120kmにも及びます。走り慣れていない人はあらかじめ折り返し地点を決めておいたほうがいいでしょう。

利根川サイクリングロード

利根川サイクリングロードは利根川沿いに作られたサイクリングロードです。東は群馬県、西は千葉県までというとても長いロードです。全長は200km、走りきった後の達成感はたまらないでしょうね。

クロスバイクやロードバイクでも1日で走り切るのは難しいかもしれません。私は最長で160kmをクロスバイクで走ったことがありましたが、100kmを超えたあたりから倒れそうだったので無理は禁物です。

青い海と富士山を眺めて走る 湘南海岸・砂浜の道

神奈川県藤沢市と茅ヶ崎市の湘南海岸沿いに作られたサイクリングロード。常に湘南の海を見ながらサイクリングができます。さらに富士山も見ることができるということで視覚的にもかなり楽しむことができるロードです

夏だったら、波の音とセミの鳴き声を聞きながら、富士山と真っ青な海を眺めて走る。清涼感あふれるひとときが過ごせそうですね。全長は10km、往復しても20kmなので、ママチャリでもゆっくり楽しむことができます。

異色!鉄道跡に作られたつくばりんりんロード

1987年に廃線になった筑波鉄道の跡地を使って作られた全長40kmのサイクリングロードです。

これまで公園に付属しているサイクリングロードや川や海沿いのロードについて紹介してきましたが、つくばりんりんロードは鉄道跡を利用して作られています。住宅地や田園地帯にロードが整備されており、異色のロードとなっています。

信号や坂道がほとんどなく道も綺麗。元々駅があった場所(旧虫掛駅・上陸藤沢駅・筑波駅・真壁駅・雨引駅)は休憩所になっているので初心者にもおすすめです。民家や田んぼをながめ、地元の人たちの生活感を感じながらサイクリングができるという珍しいロードです。

つくばりんりんロード

都会と自然、それぞれの景色を楽しんで

関東のおすすめサイクリングスポットについて紹介させていただきましたがいかがだったでしょうか?

ビルが立ち並ぶ都会でも緑豊かな近郊でもそれぞれの景色を楽しみながら走ることができます。関東方面へ自転車旅行を考えている人でも、公共交通機関を駆使して輪行をしたり、レンタサイクルを利用したりすれば気軽に楽しむことができます。

今年は、晴れた夏の早朝に湘南で波とセミの合奏を聴きながら自転車を乗り回したいですね。絶対気持ちいいはず。

著者:中野朝村

Webライター
アイコン
中野朝村のfacebookアイコン
音楽を聴きながらなんでもない道を真顔で散歩するのが趣味なので、そういった日常的な視点を文章に通して届けられれば良いなと思っています。