トイレで発見!うんこでわかる6つの危険な病気とは|トピックスファロー

  • 主婦からプロまでライター募集
34,101 views
2015年2月20日
トイレで発見!うんこでわかる6つの危険な病気とは

私たちが普段、あたりまえに行ってる「排便」。健康状態を確認するにあたって、大便を見ることは最も簡単で分かりやすいチェック方法なんです。
今回は、大便の色で判断できる様々な病気をご紹介致します。

会社員
旅人
観察人
  

排便からわかる健康状態

私たちが普段、あたりまえに行ってる「排便」。
大便を汚いし、くさいからと、じっくり観察する人は少ないでしょう。
ですがこの「大便」、健康状態を確認するにあたって、大便を見ることは最も簡単で分かりやすいチェック方法なんです。
今回は、大便の色で判断できる様々な病気をご紹介致します。

便秘

健康な大便は何色なの?

大便の色は、こげちゃ色だったり、おうど色だったり、うす茶色だったりと、バリエージョンがとても豊富です。日々、しっかりと観察している人は、毎日大便の色が微妙に違うことがわかっているはずです。

では、健康な人の大便は、どんな色をしているのでしょうか?
実は、皆さんがよく見る「茶色」なのです。

この茶色は、担汁の色素である「ステルコビリン」と「ウロビリン」によるもの。
肝臓で担汁が製造されたあと、胆のうに貯蔵されます。食べたものが消化器官を通過すると、十二指腸から合流し、消化を手伝います。担汁の本来の色は緑系ですが、腸内にある細菌の酸化作用で茶色に変化するのです。

茶色の大便なんて「あたりまえ」と思うかもしれませんが、正常に胆汁が分泌されている証であることと、健全に消化吸収が行われている証拠ですので、頑張っている身体に感謝しなくてはなりません。

では病気を疑うべき大便の色はとはどのような色なのでしょうか?

うんこ検診

赤うんこ

・痔
・虚血性大腸炎
・潰瘍性大腸炎
・ガン
・ポリープ
・クローン病
・感染性腸炎
・薬剤性腸炎

大便が赤い色であった場合、消化管の出血を疑いましょう。ようするに「血便」です。

血便と聞くと「命に関わる重大な病気」と思われる人が多くいますが、実は血便で診察を受けた人の大半が「切れ痔」による出血なんです。
カチカチな硬いうんこを無理矢理出したとたん、鮮血が吹き出すように便器に散った。
まさに切れ痔にみられる状況です。

ですが反対に痔と思い込んでいた人が、検査を受けたら「大腸がん」だったということもあります。

大便が赤い、血便がでたら自己判断をせず、すぐさま病院で診察することをおすすめします。

黒いうんこ

・胃潰瘍
・胃がん
・胃炎
・ポリープ
・食道ガン
・食道整脈瘤
・十二指腸炎
・十二指腸潰瘍

黒い大便は、赤い大便と同じく血が混じっている状態です。
炭や髪と同じぐらいの真っ黒な大便が出たら要注意。食道や胃十二指腸などといった上部消化器官の病気を疑わなくてはなりません。早めに胃カメラの検査を受けましょう。
ちなみに、「鉄」のサプリメントを飲んでるときも黒い大便がでますが、この場合はまったく心配はありません。

灰色のうんこ

・胆のうガン
・胆石
・胆管ガン
・肝臓がん
・すい臓がん

石灰に近い色の大便がでたら、胆汁色素が混じっていない証拠です。胆汁は十二指腸から食べ物と合流して、大便に色をつけます。
つまり、灰色の大便はどこかに異常が起きて、胆汁が流れなくなったということです。
胆汁を詰まらせる原因が、胆肝系のガンがあげられることから、迷わず病院に行きましょう。

緑のうんち

・腸炎(子供の場合)
・抗菌剤の服用(大人の場合)

緑色の大便は、腸内細菌のバランスが崩れたときに見られます。
特に消化器官が完成されていない子供に多いようです。
ですので子供がお腹をこわしたとき、緑色の大便が出てもあせることはありません。

大人の大便が緑色の場合、よく処方される「抗生物質」を服用しているときです。
抗生物質は病原菌をやっつけてくれますが、同時に腸内細菌も殺してしまいます。
結果、腸内の善玉菌が減り、悪玉菌や見方にも敵にもならない日和見菌がはびこり、緑色の大便になるということです。

最近、抗生物質は簡単に用いられるようになってきました。ですが腸内の環境を守るためにも、正しい服用を行わない、期間もできるだけ短く抑えたほうがよいでしょう。
何事もダラダラは、ろくなことにはなりません。

オレンジ色のうんこ

・消化不良による腸炎
子供の大便によく見られます。鮮やかなオレンジ色で、とても生臭いです。
大きな病気かと、慌てて病院に駆け込むお母さんが多いようですが、子供によくある便なので心配はいりません。

白いうんち

・ロタウィルス感染症
・バリウム検査後

子供が白っぽい大便を出したら、「ロタウィルス」が原因です。
特に冬の季節に多く発症するので注意が必要でしょう。
ですが、病原菌はそんなに強くないので、症状の治まりも早いです。
さほど心配はいりません。

大人の白い大便は、ありえないぐらい珍しいです。見られるとすればバリウム検査後
ぐらいですので、こちらも心配はいりません。

まとめ

いかがでしたか?
大便は汚いもの、さっさと済ませるものとして捉えられてきました。
ですが、大便こそが私たちの健康を、目に見せて教えてくれているのです。
ですので、排便した際には、しっかりと確認するようにしましょう。

便の色は茶色といえども、まったく同じ色ではありません。
茶色は茶色でも、薄めだったり濃かったりと、その日の体調によって変わります。
毎日観察を行うことで、微妙に変わる健康状態もわかるようになるでしょう。
そうすると、重大な病気で手遅れという結末を防げるようになるのです。

著者:真咲

会社員
旅人
観察人
アイコン
「己の目で見て・身体と心で感じることが全て」
をモットーに生きてきた真咲です。
お釈迦様もビックリの
「生・快・楽・見・苦・病・死」
を、思いっきり味わって生きています!