もう何も怖くない!住宅ローン審査を攻略する方法!!|トピックスファロー

  • ウェブライターを大募集!ぜひ応募してください
9,323 views
2012年7月16日
もう何も怖くない!住宅ローン審査を攻略する方法!!

マイホーム購入の為に住宅ローンを組もうとしたら、審査で落とされた…そんな経験をしたことがある人は意外と多いのでは? 住宅ローンの審査は時としてマイホームの夢を水の泡に変えてしまうのです。住宅ローンの審査を切り抜ける必勝法は存在するのか!?

都内在住のフリーライター。犬猫と仲良く暮らしてます。
  

どうすれば通る?住宅ローンの審査

ローンを組んで数年間にわたって返済を続けていくよりも、一括現金払いで買う方が安く上がるのは世の中の常。しかし、数百万円で納まる自動車くらいなら現金一括払いで支払えても、価格が数千万円単位になる住宅ともなると現金一括払いはちょっと無理な話に。

だからこそマイホーム購入や建設には住宅ローンの利用が不可欠になるのですが、住宅ローンを契約する前の審査で利用不能になってしまったという人も少なくないのでは?
なぜ審査落ちしてしまうのか、ローン審査に通る為の方法はあるのでしょうか?

銀行・公庫がローン審査を行なう理由

住宅ローンを扱っている銀行や金融公庫、クレジット会社などは大なり小なりローン契約前に保証会社を介して審査を行なっています。
なぜなら、銀行や公庫は「最後まで返済出来る人間にしかお金を貸したくない」からです。

ローンとはつまるところ借金で、元金だけでも数千万円に上る住宅ローンは出来れば全額返済してもらいたいものです。
しかし、最初から借金を踏み倒すことしか考えていない人間が住宅ローンを利用したらどうなるでしょうか。

そして同様の人間が何十人もローンを組みに来て、排除できなかったらどうなるでしょうか?
おそらく銀行の経営自体が傾くくらいの大規模な負債を抱えることにあるでしょう。 だからこそ、審査の段階で返済できるか怪しい利用者を判別しておきたいというのが彼らの本音なのです。

どのような基準で審査を行なっているのか?

住宅ローンの審査内容は基本的に非公開になっています。そのため、何が審査に引っかかっているのかはローン希望者には分からないのですが、審査条件と思しき内容だけは漏れ伝わっています。

債務状況

住宅ローンの審査条件といわれるものの一つが、希望者の債務状況です。例えばクレジットカードの利用状況や他のローンの残高と返済状況、サラ金の利用、返済延滞や債務整理などの有無といった「ローン申し込み時点での借金」や「過去の借金歴」についての情報を照会されます。

現時点でのローン残高が大きすぎる、過去に債務を焦げ付かせたことがあるなどのマイナス要素があった場合、審査にはねられる可能性がグンと増大します。

勤務状況

ローン返済の原資は、利用者の労働によって賄われるものです。つまり、ローン希望者がどのような職業に就いていて、勤続何年目なのかということもローン審査の条件の一つになるのです。

勤務状況で審査に跳ねられたと思しきケースには、役者やフリーのイラストレーターなど収入が安定しない自営業であること、短期間に転職を繰り返していること、転職したてで勤続年数が短いことなどがあります。

返済負担額は適正か?

ローンには適正な返済負担額というものがあります。その目安が「月収の25%~35%」といわれていますが毎月の返済負担額が希望者の月収の30%を越える場合は、不適正であると審査に引っかかる可能性が高くなります。

返済負担額が高くなれば高くなるほど、ローン利用者の金銭的な余裕は無くなり返済滞納の危険性が増大し、最悪不良債権化してしまうからです。

健康状態は万全か?

もう一つ大事なのが、ローン希望者の健康状態です。働いてローンを返済して欲しいのに、急な病気でポックリと逝かれて債務が焦げ付いてしまう…なんて話はそんなに珍しくなくなったこのご時勢。

出来れば、「健康です」という保証がある人に貸したいと思っても仕方の無いことといえます。
会社で毎年健康診断を受けていて、なおかつ病気の治療を怠っていないことは審査を通過する条件の一つとなっています。
また、視力回復に効果があるとされるレーシック手術を受けていると住宅ローンが組めないとも言われているため、注意が必要です。

ローン審査を通過する必勝法とは?

マイホームが欲しい、だけど審査に通らない…そんなジレンマを抱えている人も少なくないでしょう。
しかし、住宅ローンの審査はある程度厳しくないと、債務焦げ付きでアメリカのサブプライムローン問題の二の舞を引き起こす恐れがあるのです。

でもマイホームの購入・新築がある程度行なわれていないと経済が上手く回らないと言うのも確かなこと。 ではどのようにして難関と言える住宅ローンの審査を通過すればよいのでしょうか?

共働き夫婦で申し込む

今ではすっかり珍しいものではなくなった夫婦共働き。夫がフルタイム、妻がパートの組み合わせもあれば夫がアルバイト・妻がフルタイム、夫・妻共にフルタイムと言う家庭も少なくないようです。

夫婦共働きの利点は収入が二人分であると言うこと。夫の稼ぎをローン返済に回し、妻の稼ぎを生活費に回すと言うように、二人分の収入を合算すれば返済負担額も充分に適正ラインに収めることも可能です。

今ある借金を返してから申し込む

ローン審査で、ローン希望者に残高が残っている他のローンやクレジットカード、サラ金への返済が残っている状態は好ましいものとはいえません。
つまり住宅ローンを申し込む前に他のローンやクレジットカード・サラ金の残高を全て返済してしまい、まっさらな状態になることが重要です。

審査が緩いローンを狙う

一口に「住宅ローン」といっても、提供する金融機関ごとに審査の厳しさが違うものです。
自己資産が一定水準以上なければ利用できないような厳しさのローンもあれば、申込者全員がローンを組めるような審査が緩いローンもあります。
そういった「打率の高い」住宅ローンを前もって探しておき、申し込みの候補に挙げておくことも住宅ローンの攻略法なのです。

保証会社を挟まないプロパーローンを利用する

住宅ローンは基本的に、保証会社を介してローン希望者を審査しています。
その為、銀行や公庫が大丈夫だと思っていても保証会社の審査基準にそぐわなければ跳ねられてしまうというわけです。

銀行や信用金庫が保証会社を挟まず単独で提供している、いわゆる「プロパー住宅ローン」を利用するというのが住宅ローン攻略法の一つです。

プロパー住宅ローンは審査が緩めで、過去に自己破産している人でも利用できると言われています。しかし、銀行単独のプロパー住宅ローンが減少傾向にあるため、この攻略法は使えない場合があるのが難点。

著者:坂下モド

都内在住のフリーライター。犬猫と仲良く暮らしてます。
アイコン
ペットを飼っている関係上、ペット関連の記事を多く執筆。現在ではジャンルを問わず、政治・経済なども