住宅ローン費用を安く抑える「ネット銀行」のメリット・デメリット|トピックスファロー

  • ライター求人
6,078 views
2012年7月16日
住宅ローン費用を安く抑える「ネット銀行」のメリット・デメリット

ネット銀行は店舗を持たずに、ネット上で取引を行う銀行です。最近では、住宅ローンを取り扱うネット銀行も増えています。しかし、ネット銀行には、メリット・デメリットが存在します。メリット・デメリットを十分理解した上で、利用しましょう。

WEBライター
  

ネットで取引を行う銀行

皆さんは、「ネット銀行」というものをご存じですか?
ネット銀行とは文字通り、インターネット上に存在するの銀行で、ネットを通じて、取引を行うことが出来ます。

「ネットバンク」「ネットバンキング」とも呼ばれますね。
このネット銀行で入出金する場合、店舗や自社のATMがほとんどないため、他行やコンビニのATMを介して行います。

ネット銀行でできること

出来ることは、各会社によって変わってきます。ここでは、一例を挙げます。

  • 残高・入出金明細照会
  • 振り込み・振り替え
  • 定期預金・外貨預金の預入・解約
  • 株式や投資信託の売買
  • 税金・各種支払い

そしてもう1つ、ネット銀行にできることがあります。それは、住宅ローンを組むことです

メリットとデメリット

最近では、住宅ローンを取り扱うネット銀行も増えてきています。 ただ、ネット上で取引を行う、ネット銀行に不安を覚える人も、多いのではないでしょうか?

確かに、実際にネット銀行にもデメリットはあります。 しかし、逆にネット銀行にしかないメリットもあります。 ネット銀行のメリット・デメリットを十分理解した上で、利用するようにしましょう。

メリット

金利の安さ

ネット銀行の多くは、既存の銀行よりも金利が安いところが多いです。
金利というのは安ければ安いほど、総返済額を抑えることが出来ます。
わずかな差でも、何千万円という単位になれば、大きな差がつくのです。

保証料・繰上返済手数料・団体信用生命保険などが不要

ネット銀行には、既存の銀行で必要な経費が、不要な場合があります。

保証料0円
金融機関はお金を融資する際、融資相手がなんらかの原因で返済不能になる際の保険として、担保や、連帯保証人を要求します。

住宅ローンの保証制度は、住宅ローンの返済が滞ってしまった場合、保証会社が保証人代わりとなり、借入者に代わって、金融機関へ住宅ローンを支払いをすることになります。

保証料は、保証会社に支払う手数料の事を言います。 通常、保証料は数十万かかる事もあるのですが、これが無料になります。

繰上返済手数料0円
ローン返済期間中に余分にお金が出来た場合、毎月決められた返済とは別に、前倒しして返済することが出来ます。 通常は、繰上返済を行う際に手数料が必要になるので、繰上返済の際、その金額も気にしなくてはいけないのですが、ネット銀行の多くは、無料のところが多いです。

団体信用生命保険料0円
団体信用生命保険とは、住宅ローン借入者が死亡や高度障害を患った場合に、本人に代わって生命保険会社が、残りのローンを支払う制度です。
もしこれに加盟してない場合、残された家族に、ローン支払いの義務が生じます。
この団体信用生命保険に加入する際の手数料を、銀行側が負担します。

出向かなくてもできる

住宅ローンを組もうとしている人の仲には、忙しくて時間のない人も多いのではないでしょうか?
また、組みたいけど、出かけるのが大変だし、めんどくさい……そう思う人も多いのではないでしょうか? ネット銀行なら、パソコン1つあれば、家だけでなく、どこでもできますので、自分の好きなタイミングで組むことが出来ます。

デメリット

店舗がない・少ない

新生銀行のような、支店もあるネット銀行の場合は別ですが、ネット銀行は店舗がなかったり、少なかったりするため、手続きのほとんどをネットで行うことになります。

なので、人との接触がなく、直接会って説明するようなことがありません。 ですので、実際に人に会わないと不安な方や、ネットでのやり取りに不安を覚える人には向かないでしょう。

審査

ネット銀行は既存の銀行とは違い、書面のみの審査になるため、リスクを避けるために審査が厳しくなっているところが多いようです。

また、厳しい審査の影響か、本審査に非常に時間がかかります。
本審査にかかる期間は大体1ヶ月、長い人は2ヶ月かかるとも言われています。
余裕を持った申請が必要となります。

書類集めに手間がかかる

ネット銀行は、人件費を減らすことで、金利を安くしています。 したがって、ネット銀行を利用する際の書類の全てを、お客様側で集めなくてはいけません。

インターネットを利用していないとできない

ネット銀行は、インターネット上に存在する銀行です。
ですので、当然のことですが、インターネットを利用できない環境では、ネット銀行を利用することはできません。

ネットに抵抗のない方はオススメ

ネット銀行の多くは、店舗を持っていない、または、あっても店舗数が少ないという場合が多いです。
ですので、ネット銀行のデメリットは、それに絡んだものが多いと言えます。
しかし、金利の安さや、保証料などの優遇は、大きな魅力です。
パソコンや携帯のネット利用に抵抗がない人の中で、金利や手数料をどうしても抑えたい。
そういう人は、利用してみてはどうでしょうか?

著者:伊藤義雄

WEBライター
アイコン
書きたいものがありすぎて書かせてもらっているライターです。趣味は鉄道旅行、写真を撮ることもあるが実際に乗車して車両の個性を体験したいタイプ。尊敬する人は宮脇俊三さん。目標は全国鉄道制覇