【カラコンのつけ方】コンタクト初心者のための装着方法・外し方|トピックスファロー

  • ライター募集
4,730 views
2012年12月18日
【カラコンのつけ方】コンタクト初心者のための装着方法・外し方

カラコンの正しいつけ方と外し方を紹介しています。カラーコンタクト初心者はもちろん、長く使っている人も再確認のために、ぜひチェックしてみてくださいね。また、どうしてもコンタクトが外れない…といったトラブルの対処法も紹介しています。

取材ライター
  

カラコン(ソフトレンズ)の正しいつけ方

カラコンをつける時は、カラコンを落としてしまった場合に見つけやすい状態にしておく、落とした場合に衛生面で問題がないようにしておくという点も大切です。
カラコンをつける前に、つける場所を清潔にしておくこと、落とした場合に見つけられるようにしておくことも大切でしょう。
また、カラコンに慣れるまでは、鏡の前で行うと良いでしょう。

1. 手をキレイに洗います

カラコンは手でつけます。当たり前のことですが、手が汚れていては目のトラブルの原因になります。また、レンズの汚れの原因になってしまうので、石鹸でキレイに洗ってから装着することが大切です。

ネイルはNG?

コンタクトレンズを装着する時は、爪を短く切る必要があります。爪が伸びていると、不衛生になりやすいですし、爪が直接目に触れやすいこともありトラブルの原因になりやすいです。
なるべく短めのネイルにして、爪の隙間などを清潔にすることが大切でしょう。また、爪が直接目に触れないように注意することも大切です。

2. コンタクトや目に異常がないか確認します。

カラコンにキズや汚れがないか、目に異常がないかどうかを確認します。
結膜炎などの目のトラブルが生じている時には、コンタクトレンズは使用できません。炎症をさらに悪化させてしまいます。

3. コンタクトレンズの右・左、裏・表を確認します。

度なしのカラコンの場合は左右は関係ありませんが、度ありで左右に違いがある場合には左右を間違えてしまうと違和感を覚えると思います。左右で視力に大きく違いがある場合には、頭痛や吐き気などを生じてしまうことも。

また、裏・表は
コンタクトレンズは目のカーブに合わせて作られていますから、裏と表を逆に入れてしまうと、かなり違和感があると思います。
レンズの裏と表は、指先に乗せて確認します。裏返しになっている場合は、レンズの端が若干反り返ります

4. 装着する目と反対の人差し指にレンズを乗せ、やさしく黒目に乗せます。

右目にレンズを入れる場合には、左手の人差し指にレンズを乗せます。右手は目が大きく開くようにまぶたをおさえます。
レンズを黒目の上に乗せた後は、静かに指をはなしましょう。勢いがついてしまうと、レンズがズレてしまいます。

5. しっかりレンズが装着できているか確認

軽くまばたきをして、レンズが黒目にちゃんと乗っているかを確認します。

カラコン(ソフトレンズ)の正しい外し方

レンズを外す時も装着するときと同様に、その場所を清潔にしておくこと、万一落としてしまった時に探しやすいようにしておくことが大切です。

1. 手をキレイに洗います

装着時と同じで、石鹸でキレイに手を洗います。

2. 利き手の中指で下まぶたをおさえ、親指と人差し指でレンズを外します

上目使いをするように、顎をひいて目を大きく開き、黒目を上に向けます。
利き手の中指で下まぶたを下におさえ、親指と人差し指でつまむようにしてレンズを外します。

爪がレンズや目に直接ぶつからないように気を付けて行うことが大切です。

どうしてもカラコンが外れない時は??

コンタクトレンズをしたままできる目薬を使用し、目を閉じて落ち着かせてから外してみると良いでしょう。
どうしても外れないという場合には、眼科で診てもらう必要があります。また、外すことができても、目に異常が生じた場合には、同様に眼科で診てもらう必要があります。

著者:和田ちえみ

取材ライター
アイコン
三度の飯より書くこと聞くことが好き。インタビューやプロフィール作成、企業社内報など堅い文章も書けます。人の話を聞き、それをまとめるお仕事が多いです。