ケアを怠ける人急増中!インプラントの術後ケアを怠ると…|トピックスファロー

  • 取材などできるフリーライター募集
2,349 views
2012年6月29日
ケアを怠ける人急増中!インプラントの術後ケアを怠ると…

インプラント治療とは、欠けた歯の再生治療のことです。歯の抜け落ちてしまった箇所に土台となる人工歯根を骨に埋め込み、骨と金属が結合するのを待ちます。そして、上から歯冠部分を被せると、欠ける前のような自然な歯が出来上がります。

マッサージ業界からライターに転身。顔に似合わず可愛いもの好き
  

せっかくやったインプラント治療 ~ ケアを怠ると…

抜けてしまった歯の代わりに人口の歯を埋め込むインプラント。本物の歯のように再生することができるので、近年人気となっている歯科治療でもあります。
しかし、インプラントによってせっかく再生した歯も施術後のケアを怠ってしまうと、ちょっとしたトラブルが起こってしまうようです。

そのトラブルとは、インプラント周囲炎です。
インプラント周囲炎とは、土台となる人工歯根部分に細菌が侵入・繁殖し、炎症することです。また、インプラント周囲炎が生じて炎症を起こすと、周りの骨も溶けることに…。

トラブルを生じさせない為のケアのポイントをご紹介します。

ケアの一歩 ~ 治療後の注意に注目!

インプラントの手術後は、医師や歯科衛生士の指示に従って、ケアを行うようにしましょう。指示通りのケアがしっかりと行われていると、トラブルを予防することができ、再生した歯を保護していくことができるでしょう。

  • 手術後の入浴は控え、シャワー程度に止めましょう。入浴は血行を促してしまい、止血を妨げることになります。
  • 固形物の硬い食事は避けるようにし、術後2~3日はお粥などの柔らかい食事を摂るようにしましょう。
  • 手術後は、施術部位に強い刺激を与えないよう、歯磨きやうがいは避けてください。翌日からは医師の指示通りにケアを行いましょう。

術後当日は、以上のような注意指導が行われると思うので、しっかりと指示に従うようにしてください。

素材ごとのケアを大切に

インプラントに使用される素材は、セラミック・レジン(プラスチック)・硬質レジンなどが用いられています。
セラミックは硬いため、すり減るような素材ではないですが、ひび割れが起こり易かったり、調整が難しいというデメリットがあります。

一方、レジンはインプラントにおいて一番多く利用されている素材です。材質が軟らかいという特徴を持っているため調整し易いメリットがあります。しかし、軟らかい為にすり減り易くなってしまったり、変色やニオイの付着が起こりやすくなってしまいます。メリットと思われた軟らかさが、デメリットにも繋がってしまうようです。

素材が違うとケアの方法も異なってくるため、素材にあったケアを実践するようにしましょう。

定期健診のメンテナンスも忘れずに!

インプラント治療が修了した後は、そこでメンテナンスや全てが終わりという訳ではありません。今度は自分でケアをしていかなければならないのです。
インプランを調整していくには、使われているネジがしっかりと締まっているかや、噛み合わせなどの調整も大切になりますので、6~12ヶ月に1度はインプラントの具合を確かめる健診に訪れることをおススメします。

インプラントは、毎日ケアをして、大切に使っていくと約9割以上の人が10年以上使用することができると言われています。治療で再生した歯を10年以上使っていけるようにする為にも、アフターケアが重要となることを忘れないようにしましょう。

著者:田中ココ

マッサージ業界からライターに転身。顔に似合わず可愛いもの好き
アイコン
美容ライター、自分よりも他人を美しくすることに意義を感じていたが、歳をとるごとにやっと自分にも手をかけることに。近頃はオーガニックにも注目している。