【インプラントの保険導入】虫歯や歯周病が原因の治療は適用外!|トピックスファロー

  • フリーのライターを募集しています
1,472 views
2013年5月1日
【インプラントの保険導入】虫歯や歯周病が原因の治療は適用外!

インプラント保険導入のニュースに喜んだ人もいるのでは?しかし、保険が適用となるには条件があり、全ての症例に適用されるわけではありません。ここでは、インプラントの保険導入や自由診療と治療トラブルの関係性、病院選びの注意点などを詳しく紹介しています。

取材ライター
  

一般的なインプラント治療では保険は効かないと考えて良いでしょう。

歯ブラシをする女性

インプラント治療で保険が適用されるのは、ほんの一部。病気やケガなどでアゴの骨を失った場合などに、保険が適用されます。

「虫歯で歯を抜くことになったので、健康な歯を削ってしまうブリッジではなくインプラントで治療したい」などの症例では保険の適用にはならず、重症で一定の条件を満たしている場合にのみ適用となるのです。

つまり、虫歯や歯周病で歯を失った場合には、保険は適用とならないのです。

やはり一般的な症例でのインプラント治療は自由診療

インプラントが保険導入と聞いて喜んだ人も少なくないと思いますが、一般的な症例では、やはり自由診療です。高額の費用がかかってしまいます。

今後一般的な症例でも保険が適用になるのでは?」と考えたいところですが、全ての症例において保険が適用になることは難しいことだと言われています。

その理由に、インプラント治療はコストが高いことが挙げられるでしょう。ブリッジなどの治療に比べ、インプラント治療は、手術が必要となり、噛み合わせの調整に審美性の高い人口歯…と、コストも時間もかかる治療です。財政の問題もあり、大きな負担になってしまうインプラント治療が、全て保険適用になるのは困難と考えられているのです。

インプラント治療のトラブル増加は自由診療であることが原因!?

「インプラントは永久に使える」とも言われているため、高い費用を出してでもインプラント治療を希望する人は多いです。
しかし、自由診療であるために、トラブルが急増しているとも考えられていて、病院選びは慎重に行う必要があると言えます。

自由診療に国は関与しない

保険が適用となる治療に関しては国が関与しますから、指導も入りますし、安全性が保たれています。しかし、自由診療については、国が関与することなく患者と医療機関の間での契約となり、安全が保障されていないのが実情です。

保険外治療は医療機関の収入源!?

インプラントの費用は、医療機関によって大きく異なっています。1本20万円のところもあれば、1本50万円かかるところも。インプラントなどの保険外治療の費用は、歯科医院やデンタルクリニックで設定できるため、費用に大きな違いがあるのです。

そして、保険外治療による収入が歯科医院の主な収入源になっているとも言われています。十分に経験を積んでいないのにインプラント治療に踏み切ってしまう医師が多く、インプラント治療のトラブルが増加しているのは、インプラント治療によって収入が得られるということが要因になっているとも言われています

高額なインプラントだからこそ、値段で選ばないことが大切

「激安インプラント」などの文字をインターネットなどで見かけることがありますが、値段だけで病院選びをすることは危険でしょう。
もちろん、安くて安全なクリニックもあるかもしれませんが、値段の前にそのクリニックの治療実績医師の治療経験何かあった場合の保証などをしっかり確認することが大切です。
高額な費用のかかる治療ではありますが、失敗による事故も起こっているのが事実です。値段だけで医療機関を選ばないことが大切でしょう。

著者:和田ちえみ

取材ライター
アイコン
三度の飯より書くこと聞くことが好き。インタビューやプロフィール作成、企業社内報など堅い文章も書けます。人の話を聞き、それをまとめるお仕事が多いです。