【和の美】凜とした着物美人になるために知っておきたい和服の知識|トピックスファロー

  • ウェブライターを大募集!ぜひ応募してください
3,732 views
2012年8月15日
【和の美】凜とした着物美人になるために知っておきたい和服の知識

様々な洋服が女性を美しく映し出しますが、着物も女性を美しく映し出します。女性の持つ本来の美しさを発揮することもできます。より美しくなるために、着物を良く知り、わきまえた装いをする事で、品のある女性になれます。

マッサージ業界からライターに転身。顔に似合わず可愛いもの好き
  

着物でより美しく

古都を旅行していると着物姿の女性に遭われる事があると思います。 『清楚にまとめ上げ、品がある。』そんな『着物美人』に、魅力を感じる事ははないでしょうか。

着物が美しいという理由には 『その街並みに着物が溶け込んでいる』という理由があるかもしれませんが、 着物には、『女性が持っている本来の美しさを引き立てる力』があると思います。

そんな美しい姿をより美しくさせる着物を、上手に着こなす事ができれば、魅力的な女性になれるかもしれません。 品があり凛とした姿で、『やまとなでしこ』という言葉通りの女性になれるかもしれません。

より魅力的にさせる着物の模様

着物が、女性を美しくできる理由の一つに、鮮やかな『染め模様』があると思います。

ほとんどの着物には模様が施されています。それは、はるか昔から伝わる染め方によって施されています。それによって施された鮮やかな絵や模様は、決して着ている本人よりも自己主張する事はありません。それでいて、華やかさを沿え、個性を際立たせる存在となっています。 地方や着物の種類によって、染め模様は違いますが女性を気品のあるものとしているという点では違いないと思います。

わきまえて着ることで、より品のある女性に

着物を着て美しい女性になるには、相応しい時に相応しい装いをする事が求められます。 その為には、着物の種類と着る場面を知っておくと良いでしょう。

着物の種類

訪問着

どこかに訪問する時に着る事ができる着物です。訪問着の特徴として、縫い目のところでも模様繋がっているという特徴があります。全体としての絵や模様を楽しむ事ができます。

留袖

袖の部分を短くした和服で、既婚の女性が着ます。『黒留袖』と『色留袖』があり、黒留袖(背中・両胸・両袖後の五箇所に家紋が入ったものを“5つ紋付”と言います。)は結婚式等に用いられ、招待する側が着用します。ただし、模様がない黒一色のものは喪服ですので、間違えないようにしましょう。結婚式等に着ていく着物は裾などに模様の入ったものになります。 色留袖は訪問着としても着る事ができますので、未婚の方でもOKです。

振袖

袖の部分が長く、未成年者や未婚の若い女性が着る和服です。現在では晴れ着として成人式や正月等に着られる事が多いです。

小紋

全体的に模様がはいっているお洒落な着物です。礼装ではありません(ただし江戸小紋は除く)。 友人通しのお茶会等の格式の高くない催しに着ていく事は可能です。

浴衣

本来は入浴後に纏っていた着物です。しかし、最近では夏祭りやイベント時よく着られる方がいます。 ただし、普段着ではありませんので、そのまま外出したり、間違っても冠婚葬祭には着ていかない様にしましょう。パジャマか下着姿で出席している事になります。


着物には夏用と冬用というものがあります。着物は通年で同じ物を着られる訳ではないのです。 洋服と同じように衣替えが必要です。 夏用の着物は『絽』や『紗』と呼ばれています。それにより帯も変わってくるでしょう。

これらをわきまえて、相応しい所には相応しい装いをする事で、品のある女性になれます。 また、よりお洒落をするには、『帯』や『帯留め』、『簪(かんざし)』などの小物や『帯の締め方』を変える事でできるでしょう。 ※喪服の場合に『柄の帯』や『簪(かんざし)』は非常識といわれます。

着物の持つ『和の美』が女性をさらに美しくさせる

日本の伝統文化の一つである着物は、ただの服文化ではありません。着る人を一段と引き立たせるものです。より美しく、そして凛とした女性へ変身させる事ができます。

イベント時だけ着るのではなく、普段から着る事で着物を着こなし、美しさを身につけられると良いでしょう。 最初のうちは、着物を着ることに大変さを覚えるかも知れませんが、慣れるとすぐに着物を着ることができるようになります。その様子も美しさの一つといえるかもしれません。

女性の持つ『本来の美しさ』を引き出すには、『和の美』を身につけるのは良い方法です。

著者:田中ココ

マッサージ業界からライターに転身。顔に似合わず可愛いもの好き
アイコン
美容ライター、自分よりも他人を美しくすることに意義を感じていたが、歳をとるごとにやっと自分にも手をかけることに。近頃はオーガニックにも注目している。