小鼻からニュルっと角栓の柱を取り出すオロナインパックのやり方|トピックスファロー

  • 未経験OKのフリーライター求人
16,445 views
2013年3月18日
小鼻からニュルっと角栓の柱を取り出すオロナインパックのやり方

ネットで話題になったオロナインパックをご存知ですか?毛穴パックの前にオロナインを塗るだけで、思わす感心するくらいに角栓が取れる方法です。この方法を使えば、いままで毛穴パックのとれ具合に不満だった人も、納得の量が取れます。

WEBライター
  

私、角栓がうまく取れません

毛穴パックをした女性のイラスト

鼻の黒いぶつぶつの原因となる角栓。
この憎たらしい角栓を取る為の毛穴パックには、いろいろな種類が発売されており、使った事がある人も多いでしょう。

しかし、ネットにあるような『角栓が柱の様に何本も並び立つ』経験がある人はごく少数。
せいぜい、白く濁る程度。それも汚れなのか乾いたのりなのかも分かりませんよね。

画像を見た瞬間に後悔する、あのドン引きする量の角栓。
もしもあれだけ取れたら、さぞかし気持ちいいとは思いませんか?。

毛穴の奥から角栓を根こそぎ取るオロナインパック

そんな角栓が取れずにもやもやしていた人達のなかで、話題になったのが 『オロナイン毛穴パック』。
『オロナイン』とは、オロナミンCドリンクやポカリスエット、カロリーメイトなどでおなじみの大塚製薬の皮膚用軟膏。
そのオロナインH軟膏を、毛穴パックの前に鼻に塗るだけで、通常の2倍近い量が取れるというのです。

オロナイン毛穴パックの方法

オロナインと毛穴パック

準備する物

やり方

  1. まずはしっかりと洗顔します。
  2. オロナインを鼻全体が白くなるくらい、たっぷりと塗ります。
  3. そのまま、5分から15分放置。
  4. ぬるま湯(これ重要)で、オロナインを“しっかりと”洗い流します。
  5. あとは、普通に毛穴パックをします。

ポイントは、ぬるま湯を使う事。水を使うと毛穴を引き締めてしまいます。
もう一つは、オロナインはしっかり洗い流す事。
薬が残っていると、パックが密着してくれません。

これで、どこに出しても自慢(?)できるほど、ごっそりと角質が取れてしまうのです。

オロナインのオリーブオイルに秘密がある

鼻は他の部分に比べ皮脂がおおい部分。
せっかくの毛穴パックもこの皮脂のせいで接着力が弱くなるのが、上手に角栓が取れない原因の1つでした。

あくまで予測ですが、オロナインに含まれるオリーブオイルが鼻の皮脂を取り(油は油にとける)、パックが馴染みやすくなったと考えられます。

さらに多くの角質を取る方法

毛穴パックは効果が強い反面、お肌へのダメージも相当なもの。
最低でも、1回使用したら1週間は肌を休ませないと、余計なトラブルの原因になってしまいます。
それならば、1度の毛穴パックで全ての角質を取ってしまいましょう。
その為の、ポイントも合わせて紹介します。

蒸しタオルで毛穴を全開

ちょっと熱めのタオルを鼻に乗せ、蒸し風呂状態にして毛穴を開かせます。時間は30秒。
お湯が落ちるギリギリくらいまで水分を含ませると、ほどよく鼻が濡れるので、そのままパックできるので楽ちん。

お風呂上りのパックはNG

毛穴が開いた状態がいいと、お風呂上りや湯船につかっている間にパックをする人もいますが、これでは角栓は取れません。
確かに毛穴は開いていますが、パックした下から次々と汗が出ており、これが密着力を弱めてしまいます。
パックに汗は大敵です。

鼻にティッシュを詰める

鼻の形状はけっこう複雑。そこで鼻栓の要領でティッシュを詰めます。
鼻の形を固定する事で、パックの密着力をアップさせます。

パックの後は保水と引き締めを忘れずに

角栓を取ったあとの毛穴は、ぽっかりと口を開けています。
このままではほこりが溜まり、また角栓を作る事にもなってしまいますので、毛穴の引き締めを忘れてはいけません。

黒い毛穴は酸化した角栓が原因ですが、そこだけに集中すると逆効果。
開いた毛穴を閉じるには、毛穴の周りの皮膚が健康である必要があります。
角栓取りと肌のケアを同時に行う事が、つるつるの鼻を作るのに必要な事なのです。

著者:塩屋 謙

WEBライター
アイコン
職業は編集・校正、そしてWEBライターでもあります。興味の範囲を広げつつ、様々な記事を書いています。