贈り物に慣れている人を格別に喜ばせたいとき|トピックスファロー

  • ウェブライターを大募集!ぜひ応募してください
1,686 views
2015年1月30日
贈り物に慣れている人を格別に喜ばせたいとき

贈り物に慣れている人に、感謝の気持ちを贈り物で表したいとき、いったい何を贈ったら良いのか、迷ったりしたことはありませんか?

ライター
  

1.贈り物慣れている年配の方には正攻法では失敗の可能性あり?

どのような方にも欲しい物があります。だから、その方の本当に欲しい物をピンポイントに贈ることがポイントでしょう。
ただ、デパートで高価な贈り物をすれば良い、というものではないのです。

free-vector-gift_p

例えば、一般的に、お酒が好きな方には、感謝の気持ちが大きいほど高価な美味しいお酒を贈ろうと考えやすいものです。
しかし、贈り物を届けたいお相手がある程度の地位のある方で、贈り物に慣れているような方の場合、高価なお酒は、他の方の贈り物とダブってしまう可能性大です。それに、毎年贈り続けるには、無理があります。

このような場合、あなたならどうしますか? 経済的に自分では無理だと諦めてしまう前に、お金をかけずに相手を喜ばせる方法を探してみるのはいかがでしょう?

方法は、いろいろあるでしょうが、敢えてお中元・お歳暮を避け、ヴァレンタインディのチョコとクリスマスプレゼントをするのも一つの方法です。お中元とお歳暮は、お相手によっては、格式が求められますので、カジュアルな贈り物は失礼にあたります。

一方、ヴァレンタインやクリスマスのプレゼントは、気持ちばかりの贈り物として、少しカジュアルな感じの贈り物ができます。だから、工夫を凝らすことができるのです。

そもそも感謝の気持ちは、お金で表すものではないのですから、まだ若く、経済的にお相手に相応しい高価な贈り物ができない場合は、お中元・お歳暮を避け、余興の余地のある心のこもった贈り物を選ぶ方が喜ばれ、あなたの気持ちも伝わるでしょう。それは、お誕生日・ヴァレンタイン・クリスマスの贈り物がお勧めです。ただし、お相手が女性ならヴァレンタインを除きましょう。

このような日なら、お相手の趣味趣向に合った、珍しいもの・手に入りにくい物で充分にお相手に喜んでもらえます。但し、安価なもので良いというわけではありませんよ。お金ではなく労力や知恵を使うことで、プライスレス、或いは、価格不明なものを贈るよう思考をこらすということです。そこには、あなたの本当の感謝の気持ちが込められていると思いませんか?

2.ヴァレンタインの贈り物

お相手が男性でお酒を召し上がる方なら、ビターなウィスキーチョコを含んだチョコを選ぶと喜ばれます。例えば、ゴディバのチョコセットの中で一番高価な、ゴディバオリジナルの引き出しケースに入った1万円の定番チョコセットは、高級感あふれるお洒落な贈り物としてお勧めです。これは、ご家族で楽しんでいただけます。
奥様がゴディバのチョコレートが好きな方も多いので、お世話になった方が男性でも、その奥様へヴァレンタイン限定チョコを贈るのも一興です。

ところが、それは限定品で数も少なくすぐ売り切れてしまいますので、デパートで並んで購入しなければならず、ひと苦労です。でも、ヴァレンタイン限定品は、ハートのゴディバ特製の陶器の小物入れに入っています。入っているチョコの数は少ないのですが、その陶器の小物入れが珍しく、何ともお洒落で上品で素敵なのです。毎年限定品として個数限定で販売されていて、手に入れるのは一苦労ですが、お値段は5千円前後でお手頃です。


お相手ご自身への贈り物には慣れていても、良く奥様のお話しをされるような方には、ご自身の贈り物より、奥様が喜ぶ贈り物の方が喜んで頂けることが意外に多いのです。それに、他の方とは違った個性的な贈り物となりますので、一層効果的でしょう。 ゴディバのチョコには、インターネット限定品(デパートでは手に入らない)ものもありますので、それもお勧めですよ。

vector-valentine-day_p

そして、本命のお酒好きな旦那様にはお酒を贈りましょう。

珍しいお酒の贈り物として、好評例をご紹介しましょう。
我が家は、夫がお酒好きなので、京都の蔵元組合主宰の冬の蔵開きのお祭りに毎年出かけます。一昨年「と瓶取り」というお酒が展示され、お祭り参加者への特典プレゼントとして、その「と瓶取り」を試飲させて頂きました。できたてホヤホヤのお酒として、普段は蔵人しか飲むことができないとても珍しいお酒だそうです。市販されていないお酒ですが、その酒蔵直営の居酒屋では、1日数人限定メニューとしてお店でも飲めるようになったという情報を夫は何処からか聞いてきました。


そこで、夫は、お得意様のお馴染みさん権原を利用して、厚かましくも、自宅用とプレゼント用に販売してくれるよう、拝むようにお願いして、なんと成功したのです。毎年、7合瓶8本を夫用として取っておいてもらう約束を取り付けました。
そして、自分独自の贈り物として、お酒好きな自分の周囲のお世話になった方々への新年のご挨拶の手土産としています。
このお酒は、本当に喜ばれています。今までの特急大吟醸よりも断然人気だったそうです。お正月の親戚の集まりでも大人気で鼻高々になっています。

インターネットで、プレミア販売されているお酒の中に「と瓶取り」というお酒はありますが、一般的に数万円もします。しかし、酒蔵直販の「と瓶取り」は数が少ないものの、市場に出回ってなくて、しかも酒蔵直販なので、なんと3,750円というリーゾナブルナ価格でした。だから、8本も毎年購入できるのですが、プライスレスのお酒として喜ばれていますから、夫の厚かましさは、大成功だったわけです。

このような贈り物の方法もあります。但し、箱が普通の厚紙でできた簡単なもので、豪華なギフト箱ではありませんので、このようなギフト箱でない贈り物は、お中元・お歳暮向きではなく、新年のご挨拶の手土産だからできるのです。

3.クリスマスプレゼント

名入れのマイグラスだったり、冬の抹茶アイスだったり、世界のパティシエコンクールで優勝した人のクリスマスケーキなんていかがでしょう!?
「世界で1つ」「世界一の○○」なんて、興味をそそりませんか?

お中元やお歳暮なら、普段自分では買わない高価な贈り物を戴けるので、毎年「○○の人!」でも充分に喜ばれるでしょう。でも、クリスマスプレゼントは、「今年は何かな?♪」というワクワク感も贈り物の一つです。毎年、「今年は何を贈ろうかな?」とお世話になった方が喜ばれるお顔を想像しながら贈り物を探すのも一興でしょう。

まとめ

感謝の気持ちを贈り物で表したいなら、お相手の趣味趣向を調べたり、お尋ねしたりして、贈り物に工夫をこらしましょう。
「お相手が喜ばせたい!」というあなたの気持ちが大切です。子どもの贈り物ではないので、気持ちがこもっていたら何でも良いというわけではありませんが、それなりに価値あるものでなければなりません。特に年配の方やお世話になった方には、その方にとって、価値あるものとなる贈り物を考える気持ちが必要でしょう。
人の考え方はそれぞれですから、この方法が全ての人に通用するとは限りません。「お金や、商品券の方が良い」という方もいらっしゃるので、忘れないでおきましょう。
でも、遊び心のある人で、家族(奥様やお子様たち)が喜ぶ贈り物を好む人には最適である気がします。少なくとも私の大切な人々には好評のようです。

但し、毎年その時期の数か月前は大忙しで情報集めに大変かもしれません。その苦労も「お相手に喜んで頂けるなら……」と苦にならない方には、お勧めの方法でしょう。

【参考】
食べログ「洋菓子 マウンテン」(ネット販売無し)
http://tabelog.com/kyoto/A2608/A260802/26014241/
ゴディバ公式サイト(ネット販売あり)
http://www.godiva.co.jp/onlineshop/ShopIndex
ジェラートベネ工房(ネット販売あり)
http://www.geocities.jp/gv_madame_noriko/

著者:宝生桐子

ライター
アイコン
法律関係・心理学・メンタル関係の多数の資格を利用して、今までさまざまなコラムを連載して参りました。
わかりやすい文章で、さまざまな生活お役立ち情報をご紹介させて頂きます。どうぞよろしくお願い申し上げます。