あのプリンセスキャサリン妃にも愛されたバッグ「ル・プリアージュ」とは?|トピックスファロー

  • ライター募集
6,782 views
2015年7月22日
あのプリンセスキャサリン妃にも愛されたバッグ「ル・プリアージュ」とは?

フランスの「ロンシャン」というブランドの「ル・プリアージュ」というバッグ。折りたたみができて携帯できることから今、働く女性を中心に大人気となっています。お値段もそこまで高くないことから、プレゼントにも最適です。そこで、このバッグの魅力をお伝えしたいと思います。

ファイナンシャルプランナー(AFP)兼WEBライター
  

女性はとにかく荷物が多い!

紙袋

女性の皆様、あなたのバッグにはいったい何が入っていますか?ちゃんとしたお出かけ(仕事の打ち合わせ、セミナー、プライベートでの外出など)のとき、私のバッグにたいてい入っているものをあげてみました。

・財布
・カード入れ(ポイントカード系、医療機関の診察券系)
・Suica入れ(ネームカードタグを使っています)
・化粧ポーチ(基本的な化粧道具とハンドクリームなどを入れています)
・ハンカチ
・ティッシュ
・スマートフォン
・タブレット
・単行本か文庫本(時々)
・メガネ(コンタクトユーザーなので)
・(春夏限定ですが)雨傘にもなる日傘
・サブバッグ

・・・自分で書いていてこういうことを言うのもなんですが、かなり多いですね。もちろん、近所のスーパーに買い物にだけ行く、という場合は財布とスマートフォンだけで終わりなのですが。ここまで書いたところで、他の人のバッグの中身が気になりました。さっそく検索してみましょう。

「女性 バッグ 中身」で検索してみました。そして、私が持っていないものを持っている女性もいるということがわかりました。アイテムの例です。

・絆創膏
・裁縫セット
・綿棒
・ウエットティッシュ
・紙石鹸、アルコール消毒ジェル
・バッグハンガー
・タブレット(例:フリスク)ケース

・・・もうこれは「女性は荷物が多くて当たり前だ、むしろそれが身だしなみだ」と言われているような気すらしてきます。認めます。女性は荷物が多いのです!!!

荷物が増えた場合サブバッグはどうしてる?

さて、「いかに女性の荷物は多いのか」ということをとうとうと語らせていただいたところで、次の話題に移りたいと思います。仕事で相手先からパンフレットなどをいただいた。買い物に行って荷物が増えた。そういうときに便利なのが「サブバッグ」です。

近年、環境への配慮として、「レジ袋をご遠慮くださる方にはポイントを付与します」などのサービスを行っているお店はたくさんあります。積極的に協力したいところです。また、紙袋だと雨が降ったときなどに強度が心配です。

事実、私は突然の雨で買い物した化粧品の袋が大破するという悲劇に見舞われました。しかも、そのときに限ってサブバッグを持っていませんでした。私はそれ以来、サブバッグを持ち歩くようにしています。荷物が増える原因でもあるのですが、便利なのでやめる気はありません。

では、このサブバッグ。皆さんはどんなものを使っているのでしょうか。困ったときは検索です。「サブバッグ 女性」で検索してみました。例として挙がったのがこちら。

・ディーン&デルーカのトートバッグ(私も使っています)
・無印良品のトートバッグ(シンプルでいいかも)
・雑誌の付録(いろいろあって楽しいですよね)
・海外のスーパーのエコバッグ(私も持っています)
・イニシャルトート(私も欲しいです)

皆さん、サブバッグには気を使っているようです。やっぱり、荷物が増えたときのことを考えると、「持っていれば安心」というアイテムなのでしょうか。

おしゃれでビジネスにも使えるサブバッグが欲しい!

さて、ここで一つの疑問がわきあがりました。「おしゃれでビジネスにも使えるサブバッグはないものか?」ということです。先ほどあげたサブバッグはたしかにかわいいです。しかし、ビジネスの場にふさわしいか、といわれると、かなり疑問が残るところでしょう。プライベートで使う分にはまったく問題がないのかもしれませんが。

そこで、金融、保険などの「お堅い」職場でも使えて、なおかつおしゃれなサブバッグはないのか、ということが気になりました。そして、「これならいけそう!」というサブバッグを探すのに躍起になりました。・・・見つかったのです!これからご紹介します。

ロンシャンの「ル・プリアージュ」

そのバッグとは、フランスの「ロンシャン」(http://jp.longchamp.com/)というブランドの「ル・プリアージュ」というバッグです。これです。私も愛用していますが、とにかく作りがしっかりしていて何をいれても形が変わりません。耐久性、という点では問題ないと思います。こんなバッグです。 広げたバック

ナイロン製なので、雨にも強いです。かなりの暴風雨でもない限り、中に入れたものがぬれる、ということもありません。大事な書類を持ち帰るときでも安心です。また、軽いのもうれしいところ。バッグ自体が重いと、もうそれだけで持ち歩く気を失くしますものね。

お値段もリーズナブルです。サイズによって多少異なりますが、大半のアイテムが1万円台で買うことができます。1つ持っておくと安心のアイテムかもしれません。また、「リーズナブル」「使い道が広い」ということから、プレゼントにもオススメのアイテムですブラック、ネイビーなどの渋めの色なら、男性が持っていても変ではありませんから。

個人的には、新社会人のお祝いに使うといいかも、と思います。社会人として、しっかりとしたバッグを持っておくことは一つのたしなみでしょう。このバッグは十分にそのニーズに応えてくれるものです。

折りたたみもできて丈夫なのが素敵!

そしてこの「ル・プリアージュ」の素敵なところは、なんと、折りたたみができるところ。先ほどのバッグがこんな風になってしまいます! 折りたたみ

これなら簡単に携帯できますよね。なんでも、「ル・プリアージュ」はデザイナーの方が日本の折り紙を見てインスピレーションを得て作られたバッグということです。だから、「折りたたんで携帯する」という発想が出たのかもれません。私は旅行のときにはかならずこのバッグを連れて行っています!

イギリス王室、キャサリン妃やウィリアム王子もご愛用!

このバッグは日本でも持っている人を多く見かけるようになりました。しかし、日本以上にこのバッグがブレイクしている国があるそうです。どこだかわかりますか?答えは「イギリス」。理由を説明しましょう。

最近、シャーロット王女がご生誕になられたウィリアム王子とキャサリン妃ご夫妻。このご夫妻も愛用しているバッグなのです。こちらでは画像を掲載しません(著作権の関係)が、「キャサリン妃 ロンシャン」というキーワードで検索してもらえば、このバッグをお持ちになっているキャサリン妃の写真を見ることができますよ!

バッグをプレゼントしよう!

「人生の節目のお祝いに、バッグをプレゼントしたい」というニーズは多いのではないかと思います。しかし、実際にバッグをプレゼントするとなると、選ぶのも結構難しい、と思いませんか?まず、相手の好みを熟知していないといけないし、予算も決められた中で選ばないといけません。

となると、「シンプルで長く使えて、しかも、使うシーンが多そうなもの」を贈る、というのも一つの選択肢でしょう。今回の「ル・プリアージュ」はその条件を満たしているバッグ、と私は思います。このコラムが、プレゼント選びの一助になれば幸いです。

著者:松沢未和

ファイナンシャルプランナー(AFP)兼WEBライター
アイコン
2014年にファイナンシャルプランナー(AFP)の資格を取得した兼業WEBライターです。もともと文章を書くことが大好きなので、この仕事を兼業として選びました。相続や保険の分野のお話をわかりやすくまとめてお話できればと思っています。これ以外にも、たくさん資格は持っているので、資格の取り方の話しもしたいところです。また、食べ歩きと旅行とコスメ研究が大好きです。日々の研鑽の成果!?を文章にぶつけていきたいです。至らない点がいろいろあるかと思いますが、よろしくお願いいたします。