【第73回】ドイツ軍の英雄、「砂漠の狐」と呼ばれたロンメル将軍の最期の地|トピックスファロー

  • 未経験から歓迎のライター募集
1,214 views
2019年2月25日
【第73回】ドイツ軍の英雄、「砂漠の狐」と呼ばれたロンメル将軍の最期の地

ドイツ陸軍の指揮官、エルウィン・ロンメル将軍は、第二次世界大戦のアフリカ戦線で「砂漠の狐」と呼ばれ、敵味方の双方から称賛されました。しかし、ヒトラー暗殺事件に関わっていた疑いをかけられ、自殺を強要されます。ロンメルの最期の地を訪れてきました。

戦争遺跡ライター
HIROのfacebookアイコン
  

ドイツ軍が誇る英雄、エルウィン・ロンメル将軍

1891年に生まれたエルウィン・ロンメルは、軍人を志し、第一次世界大戦のイタリア戦線の活躍で名を馳せました。第二次世界大戦ではフランスや北アフリカ戦線で、巧みな戦略、戦術で神がかり的な戦果を挙げた指揮官です。

砂漠の狐、ロンメル将軍。Wikipediaより転載1. 砂漠の狐、ロンメル将軍。Wikipediaより転載

特に北アフリカ戦線で、圧倒的に優勢な物量のイギリス軍を苦しめさせます。ドイツ国民はロンメルを英雄と称え、敵国のイギリス首相のチャーチルでさえ、敵将ながらロンメルを称えたのです。「砂漠の狐」という異名で世界中に知られることになりました。

ロンメルが指揮官として従軍した戦いの戦跡は、「奇跡の撤退作戦が行われたフランスの港町、ダンケルク」編、「ドイツ軍に敗れたフランスが誇る難攻不落の要塞、マジノ線」編をご参照ください。

ロンメルはヒトラーからも寵愛されていました。

ロンメルが第一次世界大戦に従軍した経験を元に執筆した「歩兵攻撃」という本をヒトラーが絶賛します。

また、当時のドイツ国防軍の上層部はほとんどユンカー(ドイツの伝統的な貴族の呼称)出身の将軍で占められていましたが、ロンメルはユンカー出身ではなく中産階級出身でした。ヒトラー自身も、ロンメルと同じく第一次世界大戦で歩兵として従軍していて、中産階級出身だったことも、大きな親近感を持った理由のひとつです。

ロンメルは、国際条約を遵守して、敵国の捕虜の丁寧に扱う騎士道精神も持ち合わせていました。戦術家としての才能と人柄で現在でも世界各国で人気の高い軍人です。日本にも軍事マニアを中心にロンメルファンは多いです。

しかし、そんなロンメルも第二次世界大戦の末期、ドイツ国防軍のヒトラー暗殺計画に関わっていた容疑がかけられ、自殺を強要されます。そして命を落としたロンメルの葬儀は、彼の自宅の近くのウルムで国葬として行われました。国民の英雄だったロンメルを考慮して、表向きは戦闘における負傷による戦死として発表したのでした。

ロンメルの国葬が行われたウルム。世界一の尖塔がある大聖堂は街の象徴2. ロンメルの国葬が行われたウルム。
世界一の尖塔がある大聖堂は街の象徴

そんなロンメルが自殺を強要された場所や墓が残っています。当時のことを振り返りながら、その場所をたどっていきましょう。

ロンメル邸から自殺した現場へ

現在でも建物が残っているロンメル邸

ロンメルの自宅があったのはドイツ南部のヘルリンゲン(Herrlingen)という街です。

ロンメルの葬儀が行われたウルムからはローカル列車に乗って3駅目になり、10分程で着きます(往復共に1時間に1本程度)。ちなみにミュンヘンからウルムまでは列車で1時間30分ほどになります。

ヘルリンゲン駅。自動改札1台あるだけで有人の切符売り場はない3. ヘルリンゲン駅。自動改札1台あるだけで有人の切符売り場はない

ヘルリンゲンの駅を降りると、ロータリーがあり、山に登る左側の道を行くと、ロンメルの自宅とその先にロンメルが自殺した場所があります。そしてその道は、「エルウィン・ロンメル通り(Erwin-Rommel-Stage)」という名称がつけられています。

ヘルリンゲン駅前。坂がエルウィン・ロンメル通り4. ヘルリンゲン駅前。坂がエルウィン・ロンメル通り
エルウィン・ロンメル通り5. エルウィン・ロンメル通り

少し急な坂ですが、上がっていくと直に左側の角にロンメル邸だった建物が見えてきます。
表札には住んでいた主の名前が刻まれており、1943-1945 ERWIN ROMMELの文字があります。

旧ロンメル邸。門から家は見えにくい6. 旧ロンメル邸。門から家は見えにくい
ERWIN ROMMELの文字もある7. ERWIN ROMMELの文字もある

ロンメルを訪れる2人の将軍

1944年10月14日、ロンメル邸に国防軍の2人の将軍が訪れます。その日、ロンメルはノルマンディー戦線で受けた負傷の療養中でした。2人の将軍が訪れた理由、それは7月に国防軍の将校によるヒトラー暗殺未遂事件が発生したことにあります。ロンメルはその容疑を疑われたのでした。

2人の将軍はロンメルに、反逆罪の容疑で裁判を受けるか、自殺をするか迫ります。
もしロンメルが自殺を選んだ場合、真相は隠され国葬を行い家族の安全も保障すると述べます。

「私は軍人であり、最高司令官の命令に従う」

とだけ言い、自殺する道を選びます。裁判を選んだ場合は、死刑になり家族も逮捕されることが確実だったからです。そして妻と息子に別れの挨拶に向かいます。

「15分以内に死ぬことになった。」と事情を述べて、自宅を出発します。

自宅の周りには万が一のロンメルの抵抗に備えて、親衛隊の部隊が配置されていました。
文献によっては、国難を打開するための出陣だと思い、ヘルリンゲンの市民が見送りに集まっていたと記載されているのもあります。しかし、山の中の狭い坂道という実際の現場を見ると市民がたくさん集まっていたとは考えにくいです。

ロンメル、死のロード

午後1時5分、ロンメル、2人の将軍、運転手の計4人を乗せた車が自宅を出発します。
ロンメルの死のドライブの道を紹介します。エルウィン・ロンメル通りこそロンメルの死のロードなのです。

まず自宅を出発した車は、坂道の上の方向に進みます。現在道中の道案内には、「Erwin-Rommel-Stage」、最期の地を示す「Rommel-Gadenkstein」の表示があるので道に迷うことはないと思います。

ロンメル邸の前の道(右側がロンメル邸)。4人を乗せた車が出発した8. ロンメル邸の前の道(右側がロンメル邸)。
4人を乗せた車が出発した
自宅を出た直後の坂道。ロンメルを乗せた車は坂道を登っていく9. 自宅を出た直後の坂道。
ロンメルを乗せた車は坂道を登っていく
坂道からみたロンメル邸10. 坂道からみたロンメル邸
ロンメル邸を出てまもなく2つの道に分かれる。左側がエルウィン・ロンメル通り11. ロンメル邸を出てまもなく2つの道に分かれる。
左側がエルウィン・ロンメル通り

しばらく進むと人家が無くなってきて、道の舗装も無くなります。そのうち見晴らしが良い場所に出て、再び道は舗装されます。すれ違う人や車もなく黙々と道は続きます。ロンメルの死のドライブもすれ違うものはなかったのでしょう。

舗装が無くなる12. 舗装が無くなる
再び舗装される13. 再び舗装される

その再び舗装された道を歩いていると、ヘルリンゲンの街は終わり、隣町に入ります。厳密にいうとロンメルの最期の地はヘルリンゲンではないことがわかります。そして二手にわかれる岐路が現れます。その道をまっすぐ行けば、ロンメルの最期の地まであと少しです。

ロンメルの命もあと残すところわずかになってきました。

岐路14. 岐路

ロンメル、最期の地

そして、ロンメル最後の地は、突然にして現れます。右側の草むらが切れている場所の向こう側に、ロンメル最期の地を記した記念碑が現れます。

ロンメルの家から歩いて20分前後でした。車だと5分くらいで着く距離だと思います。
ロンメルを乗せた車はここで停まり、車の中にはロンメルと1人の将軍を残して、他の2人は離れます。そして、ロンメルは車の中で毒をあおり絶命したのでした。

その報告を聞いたヒトラーはこうつぶやきました。

「また、1人、古い友人を失ってしまった。」

記念碑の周りは特に何かあるわけでもありません。お供え物などがあり、ロンメルに敬意を持った人たちが定期的に訪れているのがわかります。寂しい場所ではありますが、周りの自然や近くの住宅街のきれいさがそれを感じさせません。

最期の地へ続く最後の道。右手の草むらが途切れているところに...15. 最期の地へ続く最後の道。
右手の草むらが途切れているところに…
ロンメルの記念碑16. ロンメルの記念碑
記念碑から見た風景18. 記念碑から見た風景
記念碑近くからみえる住宅街と畑19. 記念碑近くからみえる住宅街と畑

ロンメルの自宅から最期の地までの写真をたくさん掲載しました。日本にもロンメルファンが多く、ロンメルの最期に興味を持っている方も多いです。現地を訪れられなくてもイメージだけでも掴んでいただけたら思います。

また、現地を訪れる方は、ヘルリンゲン駅から徒歩で往復1時間は見ておいたほうがいいと思います。筆者も現地に取材に行く前、グーグルマップで調べたら、駅から1本道とはいえ距離があり、人家などもほとんとなさそうでした。なので、治安の面を少し心配しましたが、昼間なら道に迷うこともありませんし、人気はありませんが特に怪しい雰囲気も感じません。ハイキング感覚で大丈夫だと思います。

街の中心部にあるロンメルの墓

ロンメルの墓もヘルリンゲンの教会の墓地にあります。場所は駅からすぐ近くで、駅の右側の道に進んで200メートルほど歩くと、街の中心部のT字交差点に出ます。教会は左のベルク通り(BergStraße)を曲がればすぐ左に見えてきます。駅からは徒歩10分くらいです。

ピンク色が目印になる教会20. ピンク色が目印になる教会
入口にはロンメルの墓の案内もでている21. 入口にはロンメルの墓の案内もでている

教会内の墓地の奥まった一角に、ロンメルの墓があります。目につくのはちょっとしたアクセサリーのようなドイツ国防軍の鉄十字。同じものが最期の地の記念碑にもありました。

1941 1943 AFRIKA KORPS、ロンメルが世界中に名を馳せた1941年~1943年の北アフリカ戦線の戦いを表しています。そして隣には妻、ルーシーの墓もありました。

ロンメルの墓22. ロンメルの墓
AFRIKA KORPSはアフリカ軍団の意味23. AFRIKA KORPSはアフリカ軍団の意味

ロンメルの妻、ルーシーの墓24. ロンメルの妻、ルーシーの墓

ヘルリンゲンは、街の中心部といっても飲食する場所はありません。駅の右側にスーパーがあり、喫茶店も入っていますので、ロンメルの最期の地から戻ってきたら小休憩するのも良いかもしれません。

ロンメルはヒトラーの野望に大きく貢献した人物でもある

道の名前までなっているヘルリンゲンの街中を歩いてもわかるように、ロンメルは歴史の偉人として称えられているのがわかります。

しかし、現在のドイツではヒトラーをはじめナチス時代を肯定することは絶対にタブーです。ロンメルは、ナチス党員ではなかったとはいえ、ヒトラーに寵愛されて、ナチスドイツの戦線拡大に大きく貢献した人物の1人です。

ロンメルは、国防軍のヒトラー暗殺計画に加担していたため、悲運の運命をたどります。

それにロンメルの功績や人柄もあって現在のドイツ人や世界各地の軍事ファンから慕われているのかもしれません。また、ヒトラーに抵抗した人たちは、現在のドイツで称賛される傾向にあります。

その一方、ロンメルをはじめヒトラー暗殺計画に加わった国防軍の軍人の多くは、戦前のナチスの盛隆や第二次世界大戦初期の快進撃によって、ヒトラーに熱狂していたという事実は忘れてはいけないと思います。

どのような解釈をするにせよ、ヘルリンゲンを訪れる際は、地元の英雄で「砂漠の狐」といわれた、エルウィン・ロンメル将軍に対する敬意の念を持って訪れていただければと思います。それは旅行者としてのドイツやヘルリンゲンに対する敬意でもあるからです。

雪化粧された北アフリカ戦の地図25. 雪化粧された北アフリカ戦の地図

同シリーズが「ヒトラー 野望の地図帳」として書籍化

同シリーズが書籍化され、各書店の歴史の棚の世界史やドイツ史のコーナーに置かれています。web記事とは違う語り口で執筆していて、読者の方々からは、時代背景が簡潔でわかりやすい、学者とは違うテイストが新鮮、という感想をいただいております。

歴史好きはもちろん、ちょっとマニアックなヨーロッパ旅行をしたい方々の旅のお供になる本です。

ヒトラー 野望の地図帳

ヒトラー 野望の地図帳
著者名:サカイ ヒロマル
出版社:電波社     
価格 :1,400円(税抜) 

【連載ヨーロッパで訪れたい世界大戦の戦争遺跡

著者:HIRO

戦争遺跡ライター
アイコン
HIROのfacebookアイコン
ヨーロッパ各地の世界大戦の戦争遺跡を周って取材しています。
だから、戦争遺跡ライターです。
学生時代から、事件、事故現場、戦争跡地を野次馬のように行くダークツーリズムラー。
特にヒトラー、ナチスなど、第2次世界大戦のヨーロッパ戦線に関することが一番好き。
しかし、重いテーマの旅をしているかというと、旅行先では美味しいご当地グルメを堪能して、お酒を飲んでいます。時には道に迷ってテンパったり、ヨーロッパの街並みに感動したりと、見かけはヨーロッパが大好きな普通の旅行者です。

▼TOPICS FAROで連載中!
「ヨーロッパで訪れたい世界大戦の戦争遺跡」シリーズ
https://topicsfaro.com/series/warruins
同シリーズが書籍化されました。
「ヒトラー 野望の地図帳」(電波社)から全国書店の世界史コーナーで発売中。

「受験に勝つ!世界史の勉強法」シリーズ
https://topicsfaro.com/series/wh
世界史の勉強方法についての記事も連載を開始しました。
大学受験で合格点を取る方法を中心に大学生や社会人の大人の教養としての世界史の勉強方法にも触れています。

▼ブログ
http://warruins.exblog.jp/

▼ニコニコ動画
「ヨーロッパで訪れたい世界大戦の戦争遺跡」シリーズを
ダークツーリズム・ジャパンのニコニコ動画にも寄稿しています。
http://ch.nicovideo.jp/darktourism

▼ご依頼、ご質問はこちらのメールまで
hiromaru_sakai@yahoo.co.jp