歯を白くするために知りたいホワイトニングに良い食事・悪い食べ物|トピックスファロー

  • フリーのライターを募集しています
2,218 views
2013年4月29日
歯を白くするために知りたいホワイトニングに良い食事・悪い食べ物

歯の白さを気にするなら、まずは食べ物から気に掛けましょう。日頃の食事からホワイトニング対策を行えば、きっと歯の白さを手に入れる事ができるはずです。ここでは歯のホワイトニングに効く食事、悪影響な栄養素などを紹介します。

企画やWEBサイト製作までも手掛ける、ライターもどき
  

日頃の食事でホワイトニング対策!

歯を守るためには日頃から口腔環境を気にすることが大切。
その中でも食事対策というのは、歯の白さを守るために出来る大切な予防法の1つです。

こちらでは、ホワイトニング後に食べておきたい歯を白くしてくれる食事、そしてオススメできない歯の白さを失わせる食事を紹介します。

ホワイトニング後にオススメの食事

ホワイトニングに食べていい食品、ホワイトニングに効果的な食事を紹介します。

チーズ

チーズ

チーズに含まれているたんぱく質カゼインやカルシウム、リン酸塩などが歯を守り、歯のエナメル質を丈夫にし、虫歯のリスクを減らしてくれます。

パパイヤ(パパイア)

パパイヤ(パパイア)

熟していないパパイヤの実には「パパイン」という酵素が含まれていますが、このパパインにはたんぱく質を分解する作用があり、消化の手助けと共に歯について汚れを落としてくれるのです。

牛乳

牛乳

基本的に牛乳などの乳製品は歯をコーティングし、歯に色を付きにくくさせてくれるとされています。

イチゴ

イチゴ

イチゴは歯のトーンを明るくし、歯を漂泊する作用があると言われています。
また、普通に食べるよりもイチゴを重曹などと潰して混ぜ合わせ、ペーストしたものを歯ブラシで歯に塗る方法が効果的だそうです。

参考動画:How to Whiten Your Teeth with a Strawberry – YouTube

ブロッコリー

ブロッコリー

ブロッコリーには鉄分が含まれており、酸に弱い歯のエナメル質を守ってくれる働きがあります。

ホワイトニング後に気を付けたい食事

逆に、ホワイトニングにあわない食事は、どのようなものがあるのでしょうか。いくつか例を挙げてご紹介します。

赤ワイン

赤ワイン

赤ワインにはポリフェノールが含まれていますが、ポリフェノールは歯に対する着色物の中に含まれておりますので、白くなった歯が元に戻ってしまいます。
ポリフェノールは赤ワインの他に、コーヒーやぶどう、チョコレートなどにも含まれています。

お茶

お茶

お茶には着色汚れの原因となるカテキンやタンニンが多く、ステイン(歯の表面の着色や汚れ)の原因となります。
その他、コーヒー、紅茶、ウーロン茶、コーラなどもステインの原因になるとされています。

カレー

カレー

カレーのように見るからに色が濃くて、歯が汚れそうな食事も避けるべきです。色素が強すぎて、歯が変色してしまいます。
その他、しょうゆ、ケチャップ、ソースなども色素が強いので食べないほうがよいでしょう。

著者:渡辺芳樹

企画やWEBサイト製作までも手掛ける、ライターもどき
アイコン
学生時代からライターとして活動。小さな会社に就職したおかげで、ライター以外に、編集からWEBサイト製作など、幅広く経験。現在はフリーランスとなり、いくつかの会社と契約を結んで執筆活動してます。