男性へ送る、ビジネス成功の秘策『身だしなみ』|トピックスファロー

  • ウェブライターを大募集!ぜひ応募してください
2,303 views
2012年7月20日
男性へ送る、ビジネス成功の秘策『身だしなみ』

身だしなみを正すことで、仕事へのやる気や心意気をアピールすることが出来ます。 第一印象というのは、簡単になくなるものではありません。 「やる気のある自分」をアピールするために、正しい身だしなみを心がけましょう。

取材ライター
  

ちゃんとした自分を見てもらうために

人というのは、外見で相手がどんな人か判断する傾向にあります。
外見を構成する要素には表情やしぐさなどがありますが、その中の1つに身だしなみがあります。
身だしなみがしっかりしている人は、「清潔そうな人だなぁ」といった印象を、だらしない人は、「不潔そうな人だなぁ」という印象を与えるのです。
つまり、身だしなみと言うのは、自分がどんな人かを相手にアピールする際、重要な要素となるのです。

ビジネスにおいても身だしなみが重要なことは変わりありません。
身だしなみがだらしないと相手に不快感を与えてしまします。
それによって、やる気のないように見られたり、仕事の能力が劣っているように見られてしまう可能性もあります。
本当はそうではないのに見た目ひとつで決められては大変ですよね。
そうならないためにも正しい身だしなみを心がける必要があるのです。

身だしなみのルール

身だしなみの共通ルールとして以下の事を覚えておきましょう。

  • 周りに不快感を与えない
  • 清潔感のある身だしなみ
  • 派手すぎない服装
  • 仕事しやすい・動きやすい服装(サイズなど)
  • バランスの取れた組み合わせ

あくまでこれは基本的なルールです。
控えめな服装が好まれる業界もあれば、流行を先取りした服装が好まれる業界も存在します。
服装を気に掛ける場合、自分が所属している会社や業界がどの様な世界なのかを認識し、それに見合った服装をしましょう。

身だしなみのポイント

身だしなみというのは重要です。
しかし、ビジネスに合った身だしなみとは一体どの様なものなのでしょうか?
スーツ姿を基本とした身だしなみのポイントをいくつか紹介しますので参考にしてみてください。

髪の毛

長髪や髪を染めるのはNG。
短く、自然な髪の毛にする。
毎日髪を洗い、寝癖やフケのない清潔感のある髪の毛にする。

ヒゲ

無精ひげは相手に不潔なイメージを与える。
整えられた口ひげでも、相手に自分の強さをアピールするようなもので適していない

ネクタイ

ネクタイは曲がっていないか、しっかり結べているか確認する。
ネクタイの色はスーツに合った色を選ぶ。
ネクタイを結んだ時の長さは、ベルトよりちょっと下くらいが良い。

ジャケット

ジャケットのシルエットに気をつける際は肩幅を見て。
肩が下がっているとだらしなく見える。
Vゾーンに握りこぶしが1つ入ればちょうど良いサイズ。

パンツ

ウエストは自分のサイズにあったものを選ぶ。
大き目のサイズはフットワークが悪いイメージを与えるので、買う際は小さいサイズから見ていく。
もも幅は2~3cm程度の余裕をあける。
裾丈は、鏡で確認しながら全身のバランスを見て判断する。

Yシャツ

サイズは第一ボタンを留めて指一本入るのがベスト。
袖の長さはジャケットの袖よりも1cm程度長いものを選ぶ。

靴下

黒やグレー、紺色が基本。
スーツと同系統の色を選ぶ。
白はNG。
スポーツソックスは厳禁。

基本は紐付きの靴を。
予備として紐なしの靴もあるとよい。
靴に目が行く人は意外と多いので良い靴を選ぶと良い。

ベルト

靴の色に合わせるとよい。
素材はレザー。
デザインはシンプルなものを。

身だしなみは成功への第一歩

第一印象というものは、一度与えてしまえば、簡単に頭の中から無くなることはありません。
また、物事は第一印象で勝負が決まるとも言われるくらい大事なものなのです。

第一印象を決める「外見」は、表情や立ち振る舞いなど、色々な要素で構成されていますが、最も簡単に直すことができるのが「身だしなみ」なのです。
身だしなみを正すことで、仕事へのやる気や、心意気をアピールすることができ、仕事や人間関係に大きな影響を与えます。

身だしなみを正すことが仕事を成功させる第一歩という事を心がけましょう。

著者:和田ちえみ

取材ライター
アイコン
三度の飯より書くこと聞くことが好き。インタビューやプロフィール作成、企業社内報など堅い文章も書けます。人の話を聞き、それをまとめるお仕事が多いです。