オーダースーツはリサイクルよりもリフォームが圧倒的にお得!?|トピックスファロー

  • フリーのライターを募集しています
2,942 views
2013年2月6日
オーダースーツはリサイクルよりもリフォームが圧倒的にお得!?

不要なオーダースーツはリサイクルできますが、下取りや買取りでは大きな利益は期待できません。また絶対に換金してもらえるとも限りませんから、無理に利用しない方が良いでしょう。もし手放す理由が大幅な体型変化やほつれといった取り返しのつかないものでないならば、お得なリフォームサービスを利用するのがお勧めです。

取材ライター
  

オーダースーツのリサイクルはお得とは言い難い

体型が変わってしまったなど様々な事情により、オーダースーツを手放さなければならない時があります。オーダースーツは手間暇をかけて手に入れた高級品ですから、ただゴミステーションに捨ててしまうのは余りに勿体ありません。何とか少しでも元を取りたいところです。

不要となったオーダースーツは、下取りや買取りを行っているお店に持ち込めばリサイクル可能です。
しかし高値の換金を実現するのは想像以上に難しく、下取りに至っては新しい商品を購入しなければいけません。どちらも便利なサービスではありますが、正直なところお得とは言い難いものがあります。

下取りはたったの5000円引きにしかならない?

ある下取りサービスを提供しているお店の料金設定を例に挙げてみましょう。
そのお店では、オーダースーツの下取り価格を上限5000円に設定しています。
内訳メニューは以下の通りです。

  • スーツ(上下)……1,000円/1着
  • ジャケット……500円/1着
  • スラックス……500円/1本
  • コート……500円/1着

つまり上限の5,000円を目指したい場合は、それぞれ2着ずつ下取りしてもらう必要があるわけですね。
おそらく「高価なアイテムを数多く手放すのに、この値段はちょっと…」という感想を抱いた人が殆どだと思います。

また下取りは新商品の購入が条件となります。
例えば35,000円の新しいオーダースーツを購入する場合は、下取り価格5,000円が差し引かれるわけですから30,000円で購入できる計算になります。
元値より安くすることはできましたが、あまり得した気分にはなれませんよね。

人気ブランドなら高価買取の可能性有ですが…

ゼニアやロロ・ピアーナ、ダンヒルは人気の高い高級生地ブランドです。
このブランド生地で仕立てられたオーダースーツであれば、高値がつく可能性があります。
ただし状態が良いことが大前提であり、スーツは散々着て不要になったから手放すことが殆どなわけですから、この条件を満たすのは厳しいものがあります。

更には既成スーツのように、万人が着られるサイズに仕立てられていないところがネックになります。
オーダースーツを売却する人が着回しの効く標準体型(いわゆる中肉中背ですね)でなければ需要が少ないですから、引き取り自体が不可能ということも考えられます。

リーズナブルなリフォームを上手に活用しよう

元の凛々しい姿はどこへやら、見る影もなくボロボロ…。
こんな風にあまりに原型を留めていないスーツならば話は別ですが、少し手を加えれば十分に着られるという状態なのであればリフォームすることをお勧めします。

リフォーム価格はお店によりますが、以下のメニューが大体の目安と考えて良いでしょう。

【ジャケット】

  • 袖丈・着丈の詰め・出し……4,000円前後
  • ウエストの詰め……5,000円前後
  • 肩巾の詰め……6000円前後

【スラックス】

  • 裾上げ・裾出し……1500円前後
  • ウエストの詰め・出し……5000円前後
  • 巾詰め……8000円前後

こうして値段を見てみると、意外とリーズナブルであることが分かります。
高い新品を買わなくてはならない下取りや売れるかどうかすら定かでない買取りよりも、リフォームに出したほうが遥かに有意義と言えるのではないでしょうか。

手放したい理由が「飽きてしまった」などという場合は、別色のボタンに付け替えるというのも1つの手です。またトレンドが気になるのであれば、巾詰めでスリムにするなど全体のシルエットを変えるだけでもかなり印象を変えることができます。
大切なオーダースーツをできるだけ長く着用するためにも、ぜひリフォームサービスを上手に活用してください。

著者:和田ちえみ

取材ライター
アイコン
三度の飯より書くこと聞くことが好き。インタビューやプロフィール作成、企業社内報など堅い文章も書けます。人の話を聞き、それをまとめるお仕事が多いです。