女性の転職で心得ておくべき面接に受かる服装のポイント4つ|トピックスファロー

  • 未経験から歓迎のライター募集
10,866 views
2013年3月13日
女性の転職で心得ておくべき面接に受かる服装のポイント4つ

就職・転職の面接時の服装は、“清潔感があること”が大前提です。転職者の場合は、身なりでも「社会人としてどれだけの経験を積んできたか」をアピールしなければなりません。ここでは、面接にふさわしい服装のポイントをいくつか挙げてみました。

美術ライターっぽいひと
  

第一印象は服装で決まる!

スーツの女性

面接では、第一印象が大事になります。最初に身なりをチェックするので、好印象を与えるような清潔感漂う服装を心がけましょう。
面接官との対面後、数秒間に外見で不採用が決まってしまうケースも少なくない
と言われています。

面接で何を聞かれてもいいようにしっかりした準備をするだけでなく、服装に気を配ることも忘れてはいけません。どんな職業でもそうですが接客業の場合は特に、どんな服装をしているか…というのは、会社の代表としてお客様の前に出しても恥ずかしくない人物かどうかを判断する重要な材料となるのです。

転職の面接時にふさわしい服装のポイントは?

新卒の就職活動と違い、転職時の面接では、服装や言動から“年相応の社会人としての経験”を見られます。ここでは、面接にふさわしい服装のポイントをいくつか見ていくことにしましょう。

1. スーツ

面接時の服装と言えば、スーツスタイルが定番です。新卒者は黒や紺、またはグレーといった“リクルートスーツ”の印象が強いですが、転職活動をする場合は、絶対にリクルートスーツである必要はありません。

職種によっては勤務時にスーツの着用が義務付けられていない会社もありますが、面接は自分の働く意欲を見せる場。
特に指定がない限りは、スーツ着用をお勧めします。

パンツ、それともスカート?

基本的にはスーツであれば、パンツスタイルとスカートスタイル、どちらでも構いません。ただ、女性らしさを強調するならスカート、キャリアウーマン的な雰囲気を出すならパンツが良いでしょう。スリットの深いスカートやクロップドパンツは避けたほうが無難。
色は黒やグレー以外に、ベージュやピンクといった淡い色合いもOKです。

2. ジャケット

ラフな服装OKの業界でも、ジャケットは必ず着用するようにしましょう。
パーティー用などの派手なものではなく、落ち着いた色のジャケットを選ぶと◎。また、女性用のジャケットはデザインもカジュアルなものが多いので、要注意です。

3. インナー

スーツやジャケットのインナーは、シャツのほか、カットソーでも良いですね。定番の白、淡いピンクやブルーなどの爽やかな感じの色が好まれるでしょう。もしキチンと感を出したいなら、襟付きのシャツがお勧め。胸元が大きく開いたシャツやカットソーはNGなので、気をつけてくださいね。

4. 靴

予想以上に人の目につきやすいのが、足元になります。
スーツだけを揃えて、「よし、服装はバッチリ!」という人もいるかもしれません。
ですが、面接の際には足元もよく見られていることを忘れずに。
靴は、高さ3~5cmのヒールのパンプスが基本です。


黒以外に、スーツやバッグに合わせて茶色やベージュでも構いません。ヒールが高すぎる靴がダメだからといって、ぺたんこ靴を選ぶのも×。スーツスタイルにはあまり合いませんし、多少ヒールがあったほうが姿勢よく見えますからね。

古い靴は買い替えを!

転職活動で1日に何社もの面接を受ける場合、履きやすく長時間歩いても疲れにくい靴を履くことが大切です。

そのためには履き慣れた靴が良いですが、汚れたまま履いていくことのないように、靴は面接前日までに磨いておきましょう。
また、傷やかかとの擦り減りなどがひどいときは、思い切って買い替えてしまうという手も。
面接日の一週間前には買い替え、事前に履いて慣らしておくことをお勧めします。

著者:安達リス

美術ライターっぽいひと
アイコン
本にお茶、お絵かきアイテム、動植物を愛する文字書きです。いろんなものを吸収するべく趣味の範囲を超えたテーマを取材・執筆しています。中の人などいません。