洗口液“コンクールF”は虫歯や歯周病を防ぐだけじゃない!?|トピックスファロー

  • 在宅ワークのライター募集
44,377 views
2012年7月20日
洗口液“コンクールF”は虫歯や歯周病を防ぐだけじゃない!?

コンクールFは愛用者が多い人気の洗口液ですが、どんな特徴があるのかを知っていますか?コンクールFの優れた効能効果や、この製品ならではの特長をご紹介しますので、ぜひ購入のご検討を。歯の健康を保ちたい方は必見です!

美術ライターっぽいひと
  

“コンクールF”の効能効果や特長を紹介

歯の健康を守る洗口液は色々なものが出回っていますが、そのうちの1つ“コンクールF”は、プロもその効果を保障する優秀な洗口液。実際虫歯の治療後に歯科医師から勧められた人も多く、利用者の評判も上々です。しかしなぜ、コンクールFは人気が高くお勧めしたい製品なのでしょうか?一体どんなところが優れているのか、コンクールFの効能効果やこの製品ならではの特長をご紹介します。

株式会社ウエルテックの薬用マウスウォッシュです

コンクールf マウスウォッシュ 洗口液

コンクールfは、株式会社ウエルテックが開発した薬用マウスウォッシュです。
濃い緑色のボトルに白字で“ConCool”と大きく書かれているのが特徴で、100mlボトルの値段は税込みで1050円とリーズナブル。通信販売などでは、さらに安く購入することができます。

安いのはいいけどちょっと量が少ないのでは…と思うかもしれませんが、コンクールFは薄めて使用するタイプの洗口液なので経済的です。

希釈のバランスは、水(ぬるま湯でもよい)25~50ccに対して5~10滴。水量の見当がつかないという方は、いつも使っている歯磨きコップの8分の1~4分の1を目安にするとよいでしょう。絶対に分量を守らなければならないということはないので、大まかで大丈夫です。

水またはぬるま湯にコンクールFを入れたら、歯ブラシの柄などを使用してよく攪拌しましょう。攪拌後は混合液を口に含んでよくすすいだ後に吐き出してください。使用回数に規定はありませんが、毎食後・就寝前に行うのがベストです。

こんな方にお勧め

コンクールFは、特に以下のような効果を求める方にお勧めです。

  • 虫歯や歯周病を防ぎたい方
  • 歯並び矯正中の方
  • 寝ている間の口内の細菌増加を防ぎたい方
  • 寝起きの口臭が気になる方

含まれる成分、特徴、効能効果

コンクールFに含まれる成分、それぞれの特徴、効能・効果は以下の通りです。

成分名 特徴 効能・効果
グルコン酸クロルヘキシジン 薬用成分 虫歯・虫歯の悪化を防ぐ
歯周病を防ぐ
口臭を防ぐ
グリチルリチン酸アンモニウム 薬用成分
緑茶抽出液 矯味剤 苦味を緩和、口臭を防ぐ
l‐メントール 矯味剤 苦味を和らげる
エタノール 溶解補助剤

この製品ならではの特長

さらにコンクールFには、この製品ならではの以下のような特長があります。

  • グリチルリチン酸アンモニウムが炎症を抑える
  • 殺菌力が強く効き目が長い(約半日持続)
  • 緑茶抽出液の働きですすいだ後お口スッキリ
  • 洗口液独特の刺激がない
  • 自分の好みで希釈率を変えられる
  • 長持ちする(最大で700回すすぎ可能)

利用者の声

コンクールFを実際に試した方は、こんな感想をもっています(※amazonカスタマーレビュー調べ)。

  • 歯茎がひきしまった
  • 歯茎の出血が止まった
  • 口内炎が治りやすくなった
  • 歯の痛みが緩和された
  • 歯のぐらつきが改善された
  • ピリピリしなくてすすぎやすい
  • すすぎ後は口内がサッパリして快適
  • 長く使っていたら歯に黄ばみができた

“ジェルコートF”とセットで使うと更に◎!

ジェルコートf 歯ミガキ剤 フッ素コート剤

コンクールFの優れた効果を実感している方がたくさんいるようですね。
最後の感想は少し気になるところですが、歯医者でのクリーニングで簡単に落ちるそうなので、特に大きな問題ではないかと思います。また実際に黄ばみができるかどうかは個人差がありますのでご安心を。

コンクールFも良いですが、“ジェルコートF”もお勧め。ジェルコートFは優れた歯磨き剤で、コンクールFのシリーズ製品です。フッ素の働きで歯の再石灰化を促し、殺菌剤が歯周病を防いでくれます。研磨剤も配合されているので黄ばみ除去にも役立ちます。コンクールFとセットで使うと更に◎ですね。

著者:安達リス

美術ライターっぽいひと
アイコン
本にお茶、お絵かきアイテム、動植物を愛する文字書きです。いろんなものを吸収するべく趣味の範囲を超えたテーマを取材・執筆しています。中の人などいません。