混浴旅行で恋人とググッと親密度アップする人気の温泉宿6選|トピックスファロー

  • ライター求人
5,374 views
2013年2月15日
混浴旅行で恋人とググッと親密度アップする人気の温泉宿6選

たまには恋人とゆっくり混浴を楽しみたい!はじめての混浴旅行をしてみたい!というカップルに、混浴できちゃう温泉宿を紹介します。箱根・別府・草津と温泉ツウにもたまらない泉質を誇る温泉地の人気宿ばかり6軒。

WEBライターのかたわら、週末は雑貨屋めぐりしつつ、最新の文房具収集。…
  

二人で混浴ざんまい!ラブラブの温泉旅行ができる宿

恋人と二人っきりで温泉旅行へいくなら、誰にもジャマされずに「混浴」ができる温泉宿へ。

美肌の湯も多く、「行ってみたい温泉地」として女性やカップルに人気のエリア、「箱根」「別府」「草津」から2軒ずつ、温泉旅行の醍醐味、「料理」「客室」「温泉」に定評のある人気宿ばかりを紹介。

彼氏や彼女ともっと仲良くなれちゃう、混浴旅行へ出かけましょう!

混浴できちゃう箱根エリアの宿

800年以上の歴史をもつ古湯。
エリアごとに泉質がちがい、温泉好きにはたまらない魅力がある箱根。

箱根強羅温泉 季の湯 雪月花

箱根強羅温泉 季の湯 雪月花

たくさんの泉質がたのしめる、箱根「強羅エリア」の宿
2か所の源泉からひいている掛け流しの湯を、大露天風呂や内湯でたっぷりと満喫。 箱根の自然を感じながら湯浴びができる3種の貸切露天風呂、内湯の「古代風呂」「瞑想の湯」、話題の人工炭酸泉など、温泉三昧のひとときを過ごせます。

檜の客室露天風呂は温泉ではないが、2人っきりの混浴が滞在中いつでもOK。 湯めぐりするときは専用の手提げカゴ、部屋に「お抹茶セット」が用意されているなど、女性がよろこぶ心配りが嬉しい。

いちい亭|箱根仙石原・料亭旅館

いちい亭|箱根仙石原・料亭旅館

たった6室しかない数奇屋造りのひっそり佇む、「仙石原エリア」の宿。
倒木後200余り経っている、樹齢2000余の「古代檜」をつかった大風呂。 露天ジャグジーと専用サウナ、陶器の露天風呂を備えた、2人きりで贅沢なひとときを過ごせる客室があります。

全国から厳選して取り寄せた食材をつかう日本料理も、クチコミなどで高い評価を得ています。

混浴できちゃう別府エリアの宿

鶴見岳やミヤマキリシマなど、観光スポットがあり、「別府八湯」8つの泉質の湯ぐみができる別府温泉。

別府温泉 ホテルうみね~大人の隠れ家宿~

別府温泉 ホテルうみね~大人の隠れ家宿~

2人の愛がグッと深まること間違いなしの、海辺のホテルでロマンチックに絶景を2人占め! 「美肌の湯」として女性に評判の炭酸水素塩泉の茶褐色のにごり湯は、100%源泉掛け流し。 客室露天風呂に二人で混浴しながらたっぷりと潤えます。
常連にも味やボリュームの満足度に定評のある食事は、別府湾近海で獲れた魚介や山の幸、プランによっては国産黒毛和牛の鉄板焼きなどを提供。
イタリアン家具を配置した洋室スイートやモダンな和室など、客室もさまざまなニーズに対応。

かんな和 別邸

かんな和 別邸

6室だけの客室。すべての部屋にそれぞれ違う趣向の内湯がもうけられ、そのうち3室は露天風呂も併設。2人で一日中、源泉掛け流しの温泉を心ゆくまで堪能でき、部屋食プランなら「お籠り旅行」も実現。
泉質はさらりとした肌ざわりのナトリウム塩化物泉。 無色透明な湯が外気温などの変化によって乳青色や乳白色、青い透明色などに変化する楽しみやワクワク感も味わえます。
割烹ならでは技で、関サバや豊後牛などの海と山の恵みを「さすが」な料理に仕上げ、食事、部屋、温泉ともに利用者からの評判が高い宿。

混浴できちゃう草津エリアの宿

日本の名湯としても名高い草津温泉。
一日ドラム缶で23万本分、32300リットル以上の温泉の湧出量は日本一。

草津温泉 湯宿 季の庭

草津温泉 湯宿 季の庭

64室すべての客室に露天風呂がついている。 チェックイン後からすぐに2人で、天然温泉100%の草津温泉の湯を楽しめるのが魅力。 館内の食事処でいただく料理は、月替わりで「海彦」「山彦」と好みによって1人ずつ選ぶことができ、旬のものが食べられます。 源泉を2つ使用した大浴場には岩盤浴、サウナも併設。 宿に到着したら食事処を含む、館内すべてで着用したまま過ごせる浴衣も好みで選べて無料。

草津温泉 奈良屋

草津に6つある源泉のなかでも、「徳川将軍御返上の湯」と称される最古の湯「白旗の湯」がある宿。 2人の湯守が奈良屋の温泉を守りつづけています。 客室風呂は備えていませんが、二人っきりで歴史を感じる温泉にゆっくり入浴することができる「貸切風呂・ひょうたん」があります。 客室は新旧の雰囲気が調和した、和モダンなデザイナーズルーム。 食事処でいただく料理は、上州牛の握りや石焼き料理が常連からも評判。

著者:渡瀬由紀子

WEBライターのかたわら、週末は雑貨屋めぐりしつつ、最新の文房具収集。好奇心を糧に幅広く執筆活動中。
アイコン
WEBライターのかたわら、週末は雑貨屋めぐりしつつ、最新の文房具収集。好奇心を糧に幅広く執筆活動中。