【必要な資格など】年収大幅アップが叶う!FPになるための方法|トピックスファロー

  • 在宅ワークのライター募集
1,495 views
2012年10月31日
【必要な資格など】年収大幅アップが叶う!FPになるための方法

つねに転職に有利な資格ランキングの上位を独占しているFP。成功すれば、得られる年収は数千万円にも及ぶと言われています。収入アップの夢が実現し、自分の努力次第でどんどん活躍の場を広げることのできるFPの概要やその魅力について紹介します。

WEBライター。頭もお腹も柔らかくをモットーにしてます
  

FPは、頼りになるマネーアドバイザーです

近年転職に有利な資格として、圧倒的人気を誇っているFP。
男性のみならず女性からも熱い注目を浴びており、自己実現や収入アップなどを目的に、専業主婦から見事な転身を遂げた方も珍しくありません。

一体どんな資格なのか、中身がとても気になりますよね。
FPは正式にはファイナンシャル・プランナーといい、相談を受けたお客様の人生設計や生活設計をサポートすべく、主に金銭面にて具体的なプランやアドバイスを提供する者のことを指します。

相談内容はお金に関する悩みがメインですが、その詳細は多岐に渡っています。
ですからお客様一人一人の相談に親身になって耳を傾ける誠実さ、つまりはカウンセラーとしての技量も問われる職業と言えるでしょう。勿論マネー情報に関する豊富な知識を有していることも必須条件です。

今一ピンとこない…という方のために、相談内容の一例を紹介しましょう。
FPは、こういった悩みから私たちを解決・改善の道に導いてくれる頼りになるアドバイザーなのです。

  • 主婦だけれど家計管理が苦手
  • 保険料を今より安くする方法は?
  • 資産の上手な増やし方
  • 住宅ローンの支払いが苦しい
  • 子供の教育費にいくらかかる?

資格は『ファイナンシャル・プランニング技能士』が代表的

FPを名乗り職業人として活動するためには、専門の資格が必要です。
もっとも代表的なものが国家資格であるファイナンシャル・プランニング技能士であり、技能検定のレベルは1級・2級・3級の3つが設定されています。通称としてFP1・FP2・FP3と呼ばれることも多いです。

※AFPやCFPという民間資格もありますが、ここでは国家資格について述べています。

FP技能士の資格を得るためには、学科テストと実技テストの2つを受験しなくてはなりません。
受けるべきテストが2種類あることは、いずれの級も共通しています。

ただし、既に過去に学科テストに合格していた場合は、免除申請を行うことにより実技テストのみの受験が許されます。事前に手続きをきちんとしないと、例えテストに合格しても合格証書は得られませんので注意が必要です。他にも色々なケースがありますので、受験前によく確認しましょう。

3級は入門レベルとされていますので、FPに関して初心者の方は、まずはこの級の合格に向けて勉強やテスト対策を行うとよいでしょう。1級は、学科では合格率10%前後というデータもある程ハイレベルなものですから、この難関に挑戦するならば並以上の努力や覚悟が必要です。

成功すれば、年収数千万円も夢じゃない!

晴れてテストに合格し資格取得が実現すれば、いよいよプロとしてデビューすることになります。
FPとして活躍できる場はさまざまですが、以下の3つが代表例です。

まずはFPの資格を求めている企業に就職し、経験を積むのが第一ステップ。
そこで実力・自信を身につけ信頼されるFPに成長すれば、スカウトや独立開業も夢ではありません。

なお企業系でFP業務に従事した場合、得られる年収は300万~2,000万円とされています。
他の職業と比較しても高額であることがわかりますね。独立し経営がうまくいけば、更なる高収入も可能となるでしょう。軌道に乗るまでは大変ですが、それだけにやりがいも十分あると言えます。

企業系FP

銀行や保険会社などの金融機関や不動産会社に勤めるFPのこと。インハウスFPとも言う。

企業内FP

企業内の社員に対しファイナンシャル・プランニングを行うFPのこと。近年増加傾向にある。

独立系FP

独立開業にてFP業務を行うFP。つまり自分のオフィスを立ち上げること。
資金源は相談料や顧問料、ビジネス・マネー誌への執筆活動など。

著者:加賀原まこ

WEBライター。頭もお腹も柔らかくをモットーにしてます
アイコン
情報を噛み砕きつつ簡単に伝えます。女子なのにコスメ系のネタが苦手だったりしますが、取材はちゃんとします!