【必見!】安心して任せられるハウスクリーニング業者を選ぶコツ|トピックスファロー

  • ライター求人
910 views
2012年8月28日
【必見!】安心して任せられるハウスクリーニング業者を選ぶコツ

シングルマザーにとって掃除を代わりにしてくれるハウスクリーニングは大助かり。しかし、悪質業者もいて、トラブルや苦情も多々有り。全部がそういうものなのでしょうか。ここでは、ハウスクリーニングに関するメリットやデメリット、トラブル例を掲載しています。善良な業者を選ぶポイントになります。

ライターとして活動中。デジタルカメラで、素材作りもお手の物。
  

多忙に多忙を強いられている母のサポーターはいるのか?

働く女性が増えてきている昨今、仕事一筋で脇目も触れないバリバリのキャリアウーマンもいれば、家庭を抱えながら仕事をしている女性もいます。どんな形であれ家庭を持ちながら働くのはビジネス以上にハードワークではないでしょうか。まして、シングルマザーであれば、背負っているものが多すぎます。

いずれ、どれかが犠牲になってしまうかも知れません。
状況を考えますと、生活の為に仕事は欠かせませんので、多くの時間を仕事に費やさなくてはいけません。それと並行して子供の世話も顧みる必要もあるでしょう。食事の世話や躾、教育といった面をおろそかにすると子供はどんどん悪い方向へと逸れていってしまいます。帰宅後には家の中の整理という仕事が待っています。掃除、洗濯、後片付け等家事が山積みのようになり待ち構えています。

こんな状況を毎日完璧にクリアできる人はすくないはず。どこかで、休息を取るか、誰かに肩代わりしてもらわないと体力的にもたなくなってしまいます。 忙しいシングルマザーを支える頼もしいサポーターはいるのでしょうか。

忙しいシングルマザーを支える頼もしいサポーター!?

毎日がハードワークを強いられてしまっている『シングルマザー』。背負っているものを軽減するための頼もしいサポーターはいるのでしょうか?
良く知っていると思いますが、『家政婦』というものがあります。TVドラマでも扱って人気になっているようですが、家政婦は家のこと全般を行なってくれる家事のスペシャリストです。

他にも似たようなもので家事の一部分を肩代わりしてくれる『○○代行サービス』というものがあります。部分的なものであれ、少しでも肩の荷を下ろせるサービスです。忙しいシングルマザーにとっては最高のサービスです。

また、家の中を徹底的にきれいにする『ハウスクリーニング』というものがあります。一般的な掃除や細部にわたる掃除をプロが徹底的に行なってくれます。帰宅後には見違えるような部屋になっている事でしょう。しかし、一部の悪質業者の存在のせいでトラブルや苦情が報告されています。イメージダウンもしています。ハウスクリーニングは実際のところ本当に頼れるサポーターとなるのでしょうか。
メリットとデメリットを考えたいと思います。

※ハウスクリーニング業者の中に、いわゆる『悪質業者』とよばれる業者が存在しています。要注意です。

ハウスクリーニングのメリットとデメリット、トラブルを知る

猫の手も借りたいほど忙しい時に誰かが掃除をしてくれるのは本当に嬉しいものです。大助かりです。そんな時にお願いできるサービスが、ハウスクリーニングです。

そんな素晴らしいサービスをしてくれるハウスクリーニングに関するトラブルや苦情が実際に報告されています。
自分がいない間にお願いするハウスクリーニングのメリットとデメリットを考えたいと思います。
またトラブル例も見てみましょう。

メリット

  • 時間がとれない人に代わって掃除をしてもらえる(自分の活動に支障がない)。
  • プロの掃除方法なので普段の掃除以上にキレイになる。
  • キッチンの頑固な油汚れも落ちる。
  • 水道周りや配水管の裏など見落としがちな所も徹底清掃。
  • 部屋の中が物で散乱した状態であっても整理整頓されている(オプションの場合あり)。

デメリット

  • 金銭面での負担が大きい。
  • 自分がいない時に掃除をされるという不安(窃盗やプライバシーが侵害されるのではというもの)
  • 自分も家にいないと落ち着かないので、結局は時間を共有してしまっている。
  • 業者によって掃除方法が違うので、仕上がりにバラつきがある。

悪質業者によるトラブル

  • 掃除が行き届いてない。
  • 法外な価格の請求。
  • ほぼ強制的な勧誘。
  • 作業終了後のトラブルに向き合ってもらえない。
  • キャンセルが効かない。

見極める事さえできれば最高のパートナーに出会える

メリットとデメリットを考えましたが、仕事上においてのデメリットは『金銭面と内面的なもの』という事がわかります。またトラブルの原因を作っているのは、悪質業者だけです。

そのため、ハウスクリーニングをお願いする時は『見極め』が肝心になってきます。
『執拗なまでの勧誘活動。』『勝手に話をすすめ強制的に契約をするような行動。』『キャンセル料に関しての詳細を説明しない。』『作業終了後におきたトラブルに真摯に向き合わずに逆ギレ。』『クーリングオフ制度をさけるような動き』はあきらかな『悪質業者』です。

こういう傾向が見られる輩は悪質業者かも知れません。絶対引っかからないようにしましょう。

善良なハウスクリーニングは、プロ意識が高く本当に家をキレイにしてくれます。志高い掃除のスペシャリストです。そういう業者に掃除をお願いするならキレイな住まいをキープでき、忙しいシングルマザーの肩の荷を軽減させてくれます。内面から来る不安も取り除くことができるかも知れません。

著者:天地佑樹

ライターとして活動中。デジタルカメラで、素材作りもお手の物。
アイコン
最近ではWEBライターとしての活動が多いですが、紙媒体のライターとしても活動できます。WEBであれば、自身のデジカメで取材場所や掲載したい物を撮影して、記事と共に掲載することも可能です。