独学合格できるキッチンのプロ資格!キッチンスペシャリストとは|トピックスファロー

  • 取材などできるフリーライター募集
7,539 views
2013年11月10日
独学合格できるキッチンのプロ資格!キッチンスペシャリストとは

今の時代のキッチンは、ただ料理をする場としての役割だけでなく、快適な空間作り、家族と交流しやすい空間作りが求められています。そこでキッチン作りのアドバイスを行うのが、キッチンスペシャリストです。

WEBライター
  

快適なキッチン空間をつくるための資格

現代の台所は、ただ料理をするだけの場所ではなく、快適な空間としての働き、家族の交流の場としての働きを求められています。そのため、キッチンに関する専門の知識が求められています。

キッチンスペシャリストは、そのような生活者のニーズに対応するために、人それぞれの個性に合わせたキッチン空間を作り出していくためのアドバイザー資格です。
今回は、このキッチンスペシャリストについて紹介します。

女性に人気の資格の資格

キッチンは、特に女性の方が関心の高い場所という事もあって、この資格は、女性の方が多く取得する資格です。

現に、去年の受験者の比率は女性73.1%、男性26.9%となっていますし、毎年大体女性の受験者が7割程度になるようです。

参考:平成24年度(第25回)キッチンスペシャリスト資格試験の結果について
http://www.interior.or.jp/examination/ks_kekka/pdf/h24kekka_ks.pdf

資格取得のためには、感性や感覚、経験・センスをどれだけ発揮デッキルカが重要なポイントになります。キッチンについて良く理解している人が合格する、日頃の経験が生きる資格です。

試験概要

試験は学科・実技の2つの科目を受験することになりますが、仮に片方だけ合格した場合、翌年から3年間、合格した片方の科目は試験免除の優遇を受けます。

試験概要

受験資格

誰でも受験可能

試験日程

12月

試験問題

【学科】
・住居と食生活(家族と生活の変化、食関連法規、など)
・キッチン空間(キッチンのプランニング、環境関連法規、など)
・キッチン機能(システムキッチンの構成材、設備関連法規・JIS・ISO、など)
・キッチン設計施工(キッチンと設計図書、建築関連法規、など)
・キッチン販売(マーケティング、販売関連法規、など)

【実技】
・平面図・展開図など図面表現を含む企画・提案に関する筆記試験

受験料

【総合コース(学科・実技)】 13,650円
【学科コース(学科のみ)】 10,500円
【実技コース(実技のみ)】 10,500円

合格率

平成24年第25回
38.4%

公式サイト

キッチンスペシャリスト – インテリア産業協会

住宅設備メーカー就職に有利

キッチンスペシャリストの受験層を見ると、「住設メーカー・卸売」の受験者が最も多く、「住宅メーカー」「建築・不動産」「施行リフォーム」と続きます。なので、これらの業種への就職・転職を考えている方には、有利に働く検定になりえるかもしれません。

参考:キッチンスペシャリストの転職/求人情報 – ジョブセンスリンク
http://job.j-sen.jp/search/custom_5992.htm

キッチンスペシャリストのための勉強

キッチンスペシャリストの為の勉強本

ッチンスペシャリストに限らず、問題テキスト、過去問テキストを解くことは、基本的な勉強法です。
勉強内容を暗記するのに大切なのは、反復して勉強することです。何回も勉強することで、頭が「重要な事柄だ」と認識し、長期的な記憶として残してくれるのです。

参考:http://www.lic-book.jp/html/book/ks_book.html

また、キッチンスペシャリストの勉強法として、実際にキッチンを見てみるという方法があります。
全国には、キッチンーカーが提供するショールームが数多く存在します。
そこで、実際にショールームに出向き、「どのような素材化」「ディテールは」「寸法の違いは」など、見て・触って勉強すると良いでしょう。
このように、実際に体験して勉強すると事は、高い勉強効果に繋がります。

参考:【ショールームナビ】システムキッチン・照明器具・家具

その他、実際にキッチン関連企業での実務経験がある場合は、知識など有利な部分もありますが、製図など、中には試験内容の中に未経験な部分もあると思います。勉強の際は、そこを重点的に勉強するとよいでしょう。

著者:佐久間和夫

WEBライター
アイコン
WEBライターです。型にはまらず様々な情報を発信していきます。好きなものは酒、おつまみ、自転車。