【実はこれくらい必要になる!】一人暮らしでかかる生活費|トピックスファロー

  • フリーのライターを募集しています
17,864 views
2012年5月21日
【実はこれくらい必要になる!】一人暮らしでかかる生活費

実家暮らしだったころは貯金もできたのに…。一人暮らしになると収入の殆どが生活費に変わり、貯金するのもままならない状態になってしまうことも。どのようなことに生活費が必要になるのかを知っておくと、一人暮らしの参考になると思います。

WEBライター
  

【生活費の使い道】ひと月の収入はこのように分配される

一人暮らしをしたいという人や、これから一人暮らしでの新生活を迎えるという社会人や大学生は多いことと思います。しかし、一人暮らしというのは自分の収入のみでやり繰りしなければならないため、無駄遣いが多い人は注意する必要がありそう。
また、大学生であれば仕送りをしてもらえる人も多いようですが、社会人であれば就職やアルバイトをして自分で働いて得たお給料で生計を立てることになるようです。

さらに、若年層のひとり暮らしには、遊びなどの交遊費や娯楽費などがついて回るので、実家暮らしとの差を実感することも…。一人暮らしでは予想外の出費により、収入よりも出費の方が大きくなることもあるため、一人暮らしをする前に貯蓄をする必要性があるかも。
まずは、一人暮らしで必要になる費用として、どのようなことで出費していくのかを確認してみましょう。

m-hitorigurashi_living-cost

家賃設定などを明確に!

家賃は、賃貸物件の広さに適した費用になっているため、自分が生活する上でどのような賃貸に住みたいのかを明確にしてみることが大切です。自分がどのくらいの広さを持った部屋に住みたいのか、家賃の高さ、賃貸に付いてあって欲しい設備などを挙げてみましょう。

賃貸物件の相場は、都道府県や地域によって変わってくるため難しいところですが、大きく見積もって7万円前後を目安にすると良いそうです。また、無理なく一人暮らしをしていくなら月の収入の1/3とも言われています。

自分の条件に合った設備が整っているからと、あまり高い賃貸を選んでしまうと、後々生活に困ることもあるようです。自分が必要と思える設備が備わっているのでれば、あまり良くないと思う部分があっても多少の妥協が必要になるそうです。

生活は食費で差が出る

健康的な一人暮らしを満喫には、しっかりした食生活を送ることも重要です。しかし、食事は自炊と外食によって、出費の差が大きく分かれてくるようです。

自炊をすると食材を分割して使うことができるので節約に繋がるのですが、外食となると1食につき800円ほどの費用がかかるとされています。
一食平均800円の食事を朝晩と繰り返していれば、一月に5万円くらいもの食費がかかってしまうことになります。月の食費が5万円なんてことになったら、他に費用を回すことができなくなり、家計が苦しくなってしまいます。

スーパーなどを利用して、上手く自炊できるようになると月2~3万円程度で抑えることが出来るようになるそうです。

季節とともに変動する水道光熱費

水道光熱費は、ガス・電気・暖房に利用する灯油といった光熱費に水道代を含めた名称です。
光熱費は季節による変動が大きく、夏は扇風機などの冷房器具、冬はコタツやストーブなどの暖房器具というように変化が見られます。

  • 電気代 4千円前後
  • 水道代 4千円前後
  • ガス代 プロパンガスや都市ガスといった違いにもよりますが、4~7千円程度

と、なっているようです。
水道光熱費は、全てで1万5千円程度を目安にしておくと良いそうです。

付き合いは大切だけど…交際費・娯楽費

一人暮らしをする年齢が若ければ若いほど、交際費用は大きくなり、自分の趣味や娯楽に費やす費用も高くなってくるんだとか。

飲み会は、大学生・社会人ともにあり、親睦を深めるためには必要なイベントであるため、ぜひ出席したいですよね。大学生はサークル仲間などとの飲み会が多いようですが、社会人では上司との付き合いという複雑な関係があるため、尚更参加しなければならなくなってくるようです。

1次会に飲み会、2次会でカラオケとなってくると1度の飲み会で5千円程度必要になってきます。
飲み会が月に何度もある場合、全てに出席していては出費が大きくなってしまい、生活が困難になる可能性もあるそうです。時には断るという決断も重要になりそうです。

さらに、自分の趣味となると数千円は必要になってくることと思います。
全てで7千円前後が目安とされています。

抑えるところで抑えたい!出費の大きい雑費

雑費には、煙草やアルコールなどの嗜好品、怪我や病気になったときの医療費、携帯料金やインターネット代、生活必需品、ガソリン代などが含まれています。

また生活必需品は、日常生活で消費してしまう生活用品(キッチン用品、石鹸・洗剤類、ティッシュなど)が含まれます。殆どは賃貸入居時に購入を済まることの方が多いようですが、生活の中で消費してしまうので買い足しが必要になります。
これらの雑費でかかるとされるひと月の料金は5万円が目安となるようです。

以上の費用はあくまでも目安とされていますが、一人暮らしをした場合、最低でも15万円程度の生活費が必要になると捉えても良いと言えます。
食費や交際費、雑費などを抑えれば、出費を大きくすることなく、生活することができると考えられています。しかし、慣れない一人暮らしを始めたというケースでは、実家で暮らしていた頃の金銭感覚から抜け出せず、無駄な出費をした結果、生活が困窮するなんてこともあるようです。

著者:伊藤義雄

WEBライター
アイコン
書きたいものがありすぎて書かせてもらっているライターです。趣味は鉄道旅行、写真を撮ることもあるが実際に乗車して車両の個性を体験したいタイプ。尊敬する人は宮脇俊三さん。目標は全国鉄道制覇