資格を取る前に知っておきたい医療事務の仕事内容と大人気のワケ|トピックスファロー

  • フォークラスのライター募集
1,784 views
2012年12月4日
資格を取る前に知っておきたい医療事務の仕事内容と大人気のワケ

需要もありそうだからと、医療事務の資格取得に向けて勉強しようと考えている人も多いはず。でも、その前に医療事務の仕事がどんなものかを知ることから始めてみませんか?このページでは、主な業務内容と女性に絶大な人気を誇る理由を紹介しています。

WEBライターのかたわら、週末は雑貨屋めぐりしつつ、最新の文房具収集。…
  

医療現場に不可欠な医療事務

医療機関で、医師・看護師と患者さんの橋渡しの役割を担うのが、医療事務の仕事です。
一口に医療事務と言っても働く場は、病院のほかにも歯医者や調剤薬局、介護施設など色々あり職場によって、仕事内容が違うこともあります。

ここでは、主に病院や診療所などで行う医療事務についてお話ししようと思います。

“医療事務”って言葉はよく聞くけれど、具体的にはどんな仕事をするの?と思っている人もいるはず。
主な仕事内容を見てみましょう。

受付

受付での仕事。
患者さんから保険証を預かって確認したり、初診や再診の手続きを行います。
また、診察券の発行も大事な仕事の一つです。

カルテの管理

カルテの管理は、患者さんの個人情報にかかわることなので、細心の注意を払うべき重要な仕事。 患者さんの情報や保険証の情報などをカルテに記入して、きちんと整理しておき、再診時にすぐ出せるようにしておかなければなりません。
最近は、電子カルテとして管理している病院も多くなっているため、パソコンの基本操作スキルが必要な場合もあります。

病棟クラーク

これは、主に入院設備がある病院での仕事。
患者さんの入退院の受付や管理、診療内容のデータ入力などを行います。
場合によっては、看護師の事務作業の補助をしたりもします。

会計

診察・治療終了後の仕事。 診察や治療にかかった医療費を算出し、患者さんに請求します。

診療報酬明細書(レセプト)の作成

医療費請求のための仕事。
患者さんは医療保険の負担額に応じて、一部の医療費しか払っていないので、残りの費用を患者さんが加入している社会保険あるいは国民健康保険に請求しなければなりません。
そのために、レセプト作成をします。

人気資格ランキングでも上位にランクイン!

男性が取ってはいけないというわけでは全くないのですが、近年はなぜか医療事務の資格取得を目指す女性が急増中!
人気資格のランキングなどでも、いつも上位にランクインしています。
なぜ医療事務の資格は人気なのか・・・それにはちゃんとワケがあるんです!

引っ越しても大丈夫!

医療事務は、全国各地どこの医療機関でも役立つ資格です。
そのため、転勤族だったり、何かの事情で引っ越さなければならなくなったときでも、また新天地で働き続けることができます。
病院が変わると確かに働く環境も変わることになりますが、仕事内容は同じですからね。

勤務形態を選べる!

医療事務の大きな魅力の一つに、“自分に合った勤務形態を選べる”という点が挙げられます。
診療時間に合わせて“朝~夕方”、“半日”、“休日・夜間だけ”などいくつかのバリエーションがあるので、ライフスタイルに合わせた勤務形態を選ぶことができます。

実務経験を重視!

“比較的年齢や学歴に関係がない”ことが、医療事務の特徴と言えるでしょう。
そういった面よりも、資格の有無や実務経験を重視することが多いですね。
なので、結婚・出産後も復職しやすいんです。
女性に人気の理由がこんなところにも!

景気に左右されにくい!

一般的に医療業界は、景気に左右されにくく、安定して働けると言われています。
そして医療機関が増えていくと、その分医療事務スタッフのニーズも高まります。

著者:渡瀬由紀子

WEBライターのかたわら、週末は雑貨屋めぐりしつつ、最新の文房具収集。好奇心を糧に幅広く執筆活動中。
アイコン
WEBライターのかたわら、週末は雑貨屋めぐりしつつ、最新の文房具収集。好奇心を糧に幅広く執筆活動中。