一人旅の旅費をお安くしてくれる!?青春18きっぷの使い道|トピックスファロー

  • ウェブライターを大募集!ぜひ応募してください
1,879 views
2013年1月25日
一人旅の旅費をお安くしてくれる!?青春18きっぷの使い道

「かわいい子には旅をさせろ」という言葉があるように、若いうちの一人旅は人間的な成長を促す機会となるものです。しかし、旅行費用の中でも交通費の負担は非常に大きいものでそう易々と一人旅できないものです。若者の一人旅を支援してくれる「青春18きっぷ」とはどのような切符なのでしょうか?

WEBライター
  

一人旅の王道・青春18きっぷでゆったり鉄道旅行

旅行の醍醐味は旅行先での人とのふれあい、雄大な大自然や観光名所の風景、各種交通機関での移動の際のゆったりと流れる時間など、数えきれないほどあります。
しかし、旅行を計画してみてわかるのは、醍醐味を味わうためには相応の代償が必要になるということ。事前の手配や準備に掛かる時間も代償の一つですが、何よりも交通機関や宿泊施設、旅行中の食事などを賄うための資金が大きな代償となるのです。
出来れば旅費は少なく、少しでも旅を楽しみたい。そんな人におすすめなのが「青春18きっぷ」なのです。

青春18きっぷとは?

青春18きっぷはJRが発行している特別企画乗車券の一つで、期間限定で利用できる乗車券です。一組五枚綴りになっていて、一枚に付き1日の間は普通列車・快速列車に自由に乗ることが出来るのです。
「青春」「18」という名称から、「18歳までの若者にしか使えない」と思われがちですが、実際には年齢制限はなく誰でも使えることが出来て、値段は税込で11,500円となっています。ただし、料金の払い戻しは五枚全部未使用の時に限られます

販売期間と利用期間

青春18きっぷはいつでも購入・使用が出来る種類の乗車券ではなく、販売期間と利用期間が限定されています。
販売期間と利用期間は学生の春休み・夏休み・冬休みに合わせて設定されていて、各長期休暇の10日前ごろから販売が開始されます。また、販売期間・利用期間は年ごとに異なるため日程が前後する場合があります。

 販売期間: 2月20日~3月31日前後
 利用期間: 3月1日~4月10日前後

 販売期間: 7月1日~8月31日前後
 利用期間: 7月20日~9月10日前後

 販売期間: 12月1日~12月31日前後
 利用期間 12月10日~1月10日前後

青春18きっぷの弱点

青春18きっぷは一枚でJRの普通列車・快速列車の自由席に一日中乗り放題になるというお得感の強い乗車券ですが、反面弱点も持っています。

青春18きっぷだけでは特急・急行列車に乗車できないこと、指定席・グリーン車に座るには指定席券・グリーン券の購入が別途必要になること、JR以外の鉄道会社の列車には乗車できないということなどが挙げられます。
また、昔の青春18きっぷは五枚綴りの切符をバラバラにして使用できましたが、現在は改札の自動化の影響もあってバラバラにして使用することが出来なくなっています

青春18きっぷを利用するにあたって

青春18きっぷは五枚綴りだけれども、最初に使った日から5日間だけしか使えないというわけではありません。例えば7月20日に使って8月5日にまた使う、というように利用期間の間なら日をまたいで使うことが出来るのです。
その為、7月に実家へ帰省して夏休みの終わる8月末に在住地に帰るために使う、ということも可能です。

また、青春18きっぷは一枚11,500円なので一日当たり2,300円ということになるので、乗車賃が2300円以下になるのは損をする使い方と言わざるを得ないので、出来るだけ元が取れるように前もって計画を立てておくことが肝心です。

青春18きっぷで「ムーンライト」系の夜行列車に乗る際は、その日の23:59まで一回分が有効であることを忘れない用意しましょう。0:00をまたいだ時点で前日分の乗車券は次に停車する駅までしか有効になりません。

また、経営難などで一部区間がJRから官民共同の第三セクターに経営移転されている路線がありますが、このような路線は青春18きっぷで乗り入れることは出来ないので注意しましょう。

著者:伊藤義雄

WEBライター
アイコン
書きたいものがありすぎて書かせてもらっているライターです。趣味は鉄道旅行、写真を撮ることもあるが実際に乗車して車両の個性を体験したいタイプ。尊敬する人は宮脇俊三さん。目標は全国鉄道制覇