増税は関係ある?2014年のFX情報|トピックスファロー

  • ライター募集
1,248 views
2014年2月13日
増税は関係ある?2014年のFX情報

消費税増税を前にして、FXとの関係性が気になるという方もいるでしょう。ここでは、そのポイントを紹介します。

WEBライター
  

消費税増税とFXの関係性について

消費税増税によって生活費の何かを節約しようと考えている方も少なくありませんが、何かの金額を減らすのではなく、収入を増やして消費税対策をしてみるのも良いでしょう。例えば、FXと消費税の関係性はご存知でしょうか。

過去に消費税が上がった際に円安となった事実があるため、今が狙い目とも言えるのです。消費税がアップされるとなぜ円安になるのかを知ってからFXを上手く活用してみて下さい。

消費税増税後はどうなった?

1989年の増税の場合

はじめて消費税が開始されたのは1989年のときでした。この際には消費税が3%に導入されたわけですが、ドル円の為替にも変化が現れていました。

当時は130円だった相場が1年後には160円と大幅に円安となったのです。

1997年の増税の場合

では、消費税が5%にまで引き上げられた1997年ではどうでしょうか。この当時は円ドルの相場では120円程度の数値となっていましたが、その後1年が経過した頃には150円まで上がり円安を見せていたのです。

なぜ消費税増税後は円安に?

インフレが原因に

消費税3%のとき、5%の際では時代背景が若干異なるにも関わらず、どちらも円安をなっていました。この理由はインフレによるものでした。

消費税が上がる事によって当然物価は上昇します。それによって通貨の価値が下がってしまい、円安となる事が多いのです。次回の消費税増税の際にも同じような動きを見せる可能性が非常に高く、これからFXを始める方、既に開始している方も狙い目と言えるのです。初心者でもかなり高い確立で円安に移る事が分かっていれば、投資もしやすいのではないでしょうか。

今後の円安の目安は?

2014年に消費税が8%に上昇される事によって、現在の円ドルの為替水準よりも30円程度は円安に進むのではないかと予想されています。

直ぐに動くわけではありませんが、今から投資のチャンスを狙っておくと良いでしょう。2015年には恐らく100円程度が130円くらいまで変化している可能性があります。今から仕込みをしておけば、1年後には大きく儲けるチャンスが待っているかもしれません。今まで為替の動きが読みにくく投資にチャレンジできなかった方でも、消費税増税によって為替が動く確立が高いなら挑戦してみても良いのではないでしょうか。

1ドルが100円から130円になればかなりの儲けが出ると考えられます。

著者:伊藤義雄

WEBライター
アイコン
書きたいものがありすぎて書かせてもらっているライターです。趣味は鉄道旅行、写真を撮ることもあるが実際に乗車して車両の個性を体験したいタイプ。尊敬する人は宮脇俊三さん。目標は全国鉄道制覇