メイクを長持ちさせるためのスキンケアとは?|トピックスファロー

  • フォークラスのライター募集
960 views
2015年2月12日
メイクを長持ちさせるためのスキンケアとは?

乾燥肌で何が一番悩みか、と言われれば、「化粧の乗りが悪い」「化粧崩れしやすい」ということです。それを避けるためには、普段のスキンケアが重要です。そこで、どういう風に普段のスキンケアに気を付ければいいのか、そのあたりをまとめてみました。

ファイナンシャルプランナー(AFP)兼WEBライター
  

化粧品と乾燥肌の関係

乾燥肌のみなさん、こんな悩みはありませんか?
朝、起きて顔を洗ってスキンケアして化粧して・・・。
昼ごろになると顔が毛羽立っていたり、メイクがドロドロになっていたり。こうして文字に起こすと、かなり遭遇したくない事態ですよね。

あと、化粧をしているときも、悩みはありませんか?
たとえば、まぶたにアイシャドーやアイライナーがうまく乗らないとか、ファンデーションを塗ると肌が呼吸できなくなるような錯覚に襲われるとか。

このように、乾燥肌の人のメイクはなかなか大変です(私もとっても苦労しています)。
そこで、乾燥肌でもメイクを楽しむためのスキンケアとメイクの関係について、まとめてみました。参考にしてください。

imasia_11434203_M

洗顔は洗浄力の強い洗顔料を使わない。

朝起きた時、顔が何となくべとついているような脂性肌の人ならともかく、顔がかさついているような乾燥肌の人は、朝から念入りに顔を洗ってはいけません。
洗浄力の強い洗顔料を使ってしまうと、顔にとって必要な脂なども落ちてしまうのです。

それでも、「朝、洗顔料で洗わないと顔がすっきりしないから嫌だ」と思う人がいるかもしれません。
そういう場合は、洗浄力の弱いアミノ酸系の洗顔料を使うといいでしょう。これなら汚れを落としつつも、必要以上に脂を落とさないので、肌を痛めません。

洗顔はぬるま湯で。タオルの摩擦に気を付けて。

顔を洗うとき、どれぐらいの温度の水で洗っていますか?
「熱いお湯じゃないとつらい」という人は、すぐにやめてください。
先ほど書いたことと重複してしまいますが、お湯で洗うと顔にとって必要な脂まで落ちてしまい、乾燥肌の原因にもなってしまうのです。ベストなのは、ぬるま湯。 大体36度くらいの水で洗うといいでしょう。
顔を洗った後の拭き方も大事です。
タオルでごしごしこすっていませんか?顔に摩擦を加えることになるので、悪い刺激になってしまいます。

あくまで、柔らかいタオルで、軽く押さえるようにふいてみるのがといいでしょう。
普段ごしごしこすっている、という人は、こうして見るだけでも全然仕上がりが違います。

化粧水はハンドプレスで。

   
よく話題にのぼることですが、化粧水って、手でつけますか?それともコットンを使ってつけますか?
人によって、この回答は様々だと思います。「手で付けたほうが肌には優しいといわれた」とか「コットンでつけたほうがよく浸透するといわれた」とか。

極論してしまえば、化粧水の性質、メーカーの意見によってどちらがいいかは異なるので、これが正解だと決めつけることはできません。
でも、メーカーが薦めているつけ方がなければ、手でつけるほうが肌には優しいです。

先ほどの顔を洗う時のタオルとも関連しますが、どうしてもコットンでつけると顔をこすってしまう可能性が高くなります。
そのため、手で付けるほうが刺激は少ないはずです。
また、「パッティング」と言って、付けた後に顔をたたいて、化粧品をなじませようとする人がいますが、あれも肌にとっては悪い刺激になります。

エステティシャンや化粧品カウンターの美容部員の方なら、しっかりと正しい方法を勉強してやっているので大丈夫ですが、素人が見よう見まねでやっても肌を痛めるだけです。

化粧水と乳液は重ね付けが基本。

みなさんは化粧水と乳液、どれぐらいつけていますか?
乾燥が気になる方なら意識しているでしょうけど、一回つけて終わり、にはしていないですよね。
乾燥が気にならないならそれでもいいですが、気になる場合は、二回から三回重ね付けしましょう。そして、付けるたびに手の平で顔を覆って落ち着かせるようにしてください。 これだけでもずいぶんと違います。

時間があればパックをする。

仕事に行く前の朝の時間は相当厳しいでしょうけど、パックをすることの威力は絶大です。
すごい人になると「それだけで顔がワントーン明るくなった」などということもあります。

もちろん、お化粧をする前にやっても、効果抜群です。
ただし、パックがカサカサに乾くまで顔に乗せているのはよくありません。パックが程よく湿っているうちに顔からはがして、はがしたパックで肘やかかとを拭くと、つるつるになって一石二鳥です。

保湿効果の高い化粧下地を使う。

みなさんは化粧下地を使っていますか?
化粧下地を使うとファンデーションの乗りが良くなりますし、顔色も明るく見えます。この化粧下地を保湿効果の高いものにしておくと顔のかさかさから逃れられます。

化粧下地はファンデーションを顔に密着させてくれる効果もあるので、自分に合うものをしっかり研究しましょう。

ミスト化粧水を過信しない。

imasia_3877412_M

スプレーを吹きかけると化粧水がミスト状になって出てくるアイテムって便利ですよね。
でも、かけた後、ちゃんと保湿をしていますか?
保湿をしないでいると、そのミストから出て顔についた水が蒸発するにともなって、肌の水分も飛んでしまうのですよ。
これを避けるためには、保湿効果の高いミストを使うか、乳液などを付け直すかしましょう。

まとめ

乾燥肌の人が気を付けるべきポイントを並べてみました。
結局、乾燥肌の人がやるべきことは「保湿」に尽きるのではないでしょうか。
もし、よくわからない肌トラブルに悩まされているようなら、まず「保湿」を見直してみてください。

著者:松沢未和

ファイナンシャルプランナー(AFP)兼WEBライター
アイコン
2014年にファイナンシャルプランナー(AFP)の資格を取得した兼業WEBライターです。もともと文章を書くことが大好きなので、この仕事を兼業として選びました。相続や保険の分野のお話をわかりやすくまとめてお話できればと思っています。これ以外にも、たくさん資格は持っているので、資格の取り方の話しもしたいところです。また、食べ歩きと旅行とコスメ研究が大好きです。日々の研鑽の成果!?を文章にぶつけていきたいです。至らない点がいろいろあるかと思いますが、よろしくお願いいたします。