生姜の効能がやっぱりすごい!ダイエット/冷え性撃退に効果大!|トピックスファロー

  • ウェブライターを大募集!ぜひ応募してください
2,206 views
2013年4月17日
生姜の効能がやっぱりすごい!ダイエット/冷え性撃退に効果大!

東洋医学では食べ物の中には、身体を温める「陽の食品」、身体を冷やす「陰の食品」があるとされています。東洋医学というと胡散臭いイメージがありますが、食べた後体が温まったり冷えたりしたことがある人は多いでしょう。冷え性に効果を発揮する食べ物の代表格である生姜について解説していきます。

WEBライター
  

身体を温める生姜で冷え性対策

生姜の紅茶

冷え性は、春夏秋冬季節に関係なく起こり、気温の高低も関係なく手足がしびれるように冷えてしまうという厄介なものです。女性に多くみられるため男性には起こらない婦人病と勘違いされがちですが、男性にも起こることがあるのです。

冷え性を改善するには、「身体を温める」ことが一番の対策になるのですが頑固な冷え性に悩まされている人は「冷え性に効く靴下」「冷え性対策タイツ」を重ね履きしても効かない、ということもしばしばです。
外側から身体を温めても効かないのであれば、内側から体を温めて冷え性対策を取るしかありません。内側からの冷え性対策に効果を発揮するのが生姜なのです

生姜に秘められた身体を温めるパワー

豚の生姜焼きや湯豆腐の薬味として食卓に定着している生姜は、ダイエット食品、そして冷え性対策食品として女性からの人気を集めています。
生姜は食べると身体中から汗が噴き出るほど身体を温めてくれる食品なのです。

生姜に含まれる有効成分であるジンゲロールは、強い殺菌作用があります。
寿司屋に置いてある生姜の酢漬けであるガリは、ジンゲロールの殺菌作用で生魚を食べた時の腹痛などを予防する効果が期待できるのです。
そしてジンゲロールは加熱することによって「ショウガオール」という物質に変化します。
ショウガオールには胃壁を刺激して熱を発生させ、身体を内側から温める働きがあるのです。

そして、ジンゲロール・ショウガオールともに血管を拡張して血液の流れを促進する働きがあります。
血液の流れが促進されることによって代謝活動が活発になり脂肪燃焼が進むため、生姜はダイエットにも効果を発揮するのです。

生姜+紅茶は飲み過ぎに注意

生姜のパワーで冷え性を撃退するためには、毎日の食事で生姜を取るのが一番ですが生姜はどんな料理にも使えるというわけではありません
生姜は辛味があるので合わせられる料理が限られてくるし、臭い消しにも使われるので料理によっては逆に風味を壊してしまう恐れさえあります。

最近では、紅茶に生姜を配合した生姜紅茶が冷え性対策やダイエットに人気を集めています。
インドのお茶であるチャイは紅茶に生姜やシナモンを混ぜているので、生姜と紅茶の組み合わせは定評があるものと言えます。

しかし、幾ら冷え性に効くからと言って生姜紅茶を飲み過ぎるのは逆効果になります。
紅茶やコーヒーに含まれるカフェインには利尿作用があり、利尿作用のあるものは冷え性を増進させてしまうからです。

一日当たりの生姜摂取の目安は?

生姜の摂取は、身体を暖めて冷え性を撃退する上に脂肪燃焼によるダイエット効果も期待できるという女性には嬉しい効果が一杯です。
しかし、どんなに身体にいいものでも摂り過ぎれば毒になってしまいます。

大人が一日に摂るべき生姜の量は生の状態で10gです。
これはスライス生姜で約6枚分、すりおろし生姜で小さじ一杯分に相当します。

著者:塩屋 謙

WEBライター
アイコン
職業は編集・校正、そしてWEBライターでもあります。興味の範囲を広げつつ、様々な記事を書いています。