ひとり暮らしのために、やっておくと助かる面倒な手続き!|トピックスファロー

  • ライター求人
2,056 views
2014年11月14日
ひとり暮らしのために、やっておくと助かる面倒な手続き!

資金の上手な使い方と各種手続きについて案内していきます。一人暮らしをするにあたって理解を深めておくと安心して生活できますよ。

WEBライター
  
一人暮らしを始めるにあたって大切なことは色々あります。
賃貸契約や必要な家具を揃えるための資金。どうせなら節約して使いたいという方は多いでしょう。
また、役所の手続き、水道やガスなどの開栓手続き。
この手続きですが、ちゃんとしておかないとトラブルに巻き込まれる可能性は大きいので要注意です。
今回は資金の上手な使い方と各種手続きについて案内していきます。
一人暮らしをするにあたって理解を深めておくと安心して生活できますよ。
2bb9d627f9f9d4e929c017afa19fcfa8_s

資金は節約する

一人暮らしといっても予算はピンキリ。
親の援助を受けて少し贅沢に暮らせる位にある人もいれば、仕事やバイトでコツコツと貯めた資金で切り盛りする人もいますよね。
しかし、お金は使えば使うほど減っていくもの。それならば最初から節約していきたいと思うのは当然のことでしょう。

不動産は友達のようなもの

住むための物件を紹介してくれるのが不動産。
大家が知人にいるという人なら探す必要もありませんが、基本的に多くの人が不動産会社に足を運ぶことになるでしょう。
この不動産、地域や会社によって評価は様々。不動産を選ぶのは友達を選ぶのと近い感覚を持つと良いかも知れません。
不動産は意外と入り難いもので店の前にある物件紹介の広告を見て悩んでいる人も多いはず。そんな時、店の中から気付いて声をかけてくる店員、そうでない店員と色々です。

店員との不動産業界の話は頭が混乱しそうな言葉が飛び交いますが、分からない時はきちんと質問しましょう。
店員の説明が下手と感じたら担当を代えてもらっても大丈夫です。きちんと説明をしてくれる不動産ほど融通が利き易いもので、賃貸契約の際に抑えられる出費を相談することが出来ます。また、そういった不動産は色々とアドバイスをくれることもあります。悩みを打ち明けられる友達、そうでない友達がいるのと一緒です。

家具・家電にかける出費を抑える

やはり新鮮な気持ちで家電なども新しい物を揃えていきたいですよね。
ここで重要なのは、本当に新しい物でなければいけないのか?ということ。
電化製品店を多く回って見比べることがポイントです。
リサイクルショップも有りですが、購入した家電が電化製品店とあまり変わらないと泣けてしまいます。
時期によっては安くなっているものなどがあるので、店を回って比べると意外に出費が抑えられますよ。

家具も同じように、新しく必要なものを見極めましょう。
ベッドや机など大きな物、引越しの際に処分してしまう方も多いでしょう。
しかし使えるならば、新しく買うより引越しの手数料の方が安く収まることが多いので持って行くのが一番。
家具はインテリアにこだわるとキリがないので、最初の内はリサイクルショップなどで安く抑えて無難に揃えておくのが理想です。

各種手続きは確実に処理する

私も引越しを十回近く繰り返して来ましたが、役所や公共機関の手続きはまだ慣れないものです。
しかし、トラブルに巻き込まれそうになったこともあるので、それを踏まえた上で説明していきたいと思います。

住所変更

市内であればすぐに済む手続きですが、市外などであれば転出届と転入届の手続きで二回も足を運ばなければならないので面倒ですよね。
でも引越しの際には確実にしておくべきです。
郵便物に影響が出ますし、事故や事件に合った時に住所が確認出来ないと対応が遅くなります。
また、最近では住んでいる住所が記載されている住民票を必要書類としている会社も多くなっています。
偽りの情報で信頼を失わないためにも手続きしましょう。

また引越し手続きをきちんとしているかどうかで、警察や病院の態度が変わってくることもあります。
警察であれば注意もされますし、悪いことをしているような罪悪感に見舞われることもあるでしょう。
病院についても市外の住所だと医療費が変わったりすることもありますし、住所が離れていることを毎回のように説明する方が面倒です。
たかが住所変更と思っていても影響は少なくないものなのです。

開栓

ガス・水道・電気には使用開始の時に連絡しましょう。
ブレーカーなどを上げて直ぐに利用出来ることもあり、利用していれば支払の通知が来るので問題ないと思う方も多いでしょう。
しかし後回しにしていた請求もまとめてくると意外なことになっていて怖いものです。
中には絶対にこんなに使ってないと思うような金額を請求されることもあるので絶対に手続きは必要です。

大きな金額が請求される理由は二つ。
何ヶ月か後に入居時からの請求がまとめて来る。
これは自業自得なので仕方ないとしか言えませんが、出費が大きいのが怖いですね。
次に一人暮らし向けの物件は、管理が甘いことによって起こる不法侵入で使われていた料金の請求。
他人の面倒までみてられませんよね。こういったトラブルがあるので入居開始する時にメーターを確認してもらって自分の使った分を払うようにしましょう。

まとめ

一人暮らしを始めて生活費に苦しまないためにも必要なものを見極めながら資金は大切に使い、それに伴う各種手続きもきちんとすることで後のトラブルが避けられます。

なにより一人暮らしは自立をするための一歩なので、面倒な手続きも一人で行えるようにならなければなりません。
仮に住所を移さず引っ越したなら、単純に自分の部屋が遠くなったようなもので完全な一人暮らしとはいえません。
やはり家のことから自分のことまで一人でできてこそ、本当の一人暮らし。立派な大人として胸を張れるようにしましょう。

著者:神田 凪

WEBライター
アイコン
多趣味で知識の貯蓄も趣味の一つ。