ソウルでコスメハント!お得に楽しむ4つのポイント|トピックスファロー

  • 未経験OKのフリーライター求人
7,119 views
2015年3月11日
ソウルでコスメハント!お得に楽しむ4つのポイント

美容大国と呼ばれる国、韓国。作られる化粧品も最近では質も良くなり、日本の薬事法を通過し、日本で事業展開できるメーカーも多くなりました。女性にとって、化粧品の買い物はテンションが上がるイベントの一つ。お得に楽しむコツについて書いてみます。

ファイナンシャルプランナー(AFP)兼WEBライター
  

コスパ最高!人気の韓国コスメをソウルでGet!

女性の皆さん、化粧品はお好きですか?私は大好きです。お手頃なプチプラコスメから、ちょっと値段の張る海外コスメまで、ついつい買ってしまいます。時々我に返って「私はいったい顔がいくつあるのだろう・・・」と呆然としてしまうこともありますが、やっぱりやめられません。

ギャンブル中毒とか、高額のブランド物を買いあさるとか、そういう方面の中毒じゃないからまあいいか、と自分で自分を納得させています。さて、そんなコスメフリークの私(私なんかよりすごい人はたくさんいると思いますが・・・)が、ソウルでコスメの買い物をしていて気付いた点をいくつか書き留めたいと思います。お付き合いください。

1.免税店と路面店どっちがお得?

皆さんはソウルで化粧品を買うとき、どこで買いますか?免税店では、韓国以外の国の化粧品はもちろん、韓国の化粧品も免税価格で売っています。旅行者である私たちはパスポートと航空券(の情報)はちゃんと持っているので、免税の恩恵にあずからない手はありません。

デパート

しかし、免税店にも欠点はあります。こういうことを書くのは不謹慎極まりないのですが、最近、韓国には中国からの観光客の方が大挙して押し寄せているそうです。人数も勢いもすごいので、その中で落ち着いて買い物ができるか、というと疑問が残るところです。

私が実際に体験したことですが、あるフランスのブランドでアイシャドウを見ていたところ、中国の方がやってきて、「この棚にあるアイシャドウ1種類ずつ全部ください」と豪快!としか言いようのない買い物をした、ということがありました。

これに対して路面店は、多くのお客さんが大挙して押し寄せるということは(免税店に比べれば)少ないので、免税店よりはゆっくり買い物をすることができます。

また、免税を受けたければ、パスポートを提示して手続きをしてもらうこともできるので、免税店にこだわりが無い人は路面店で買い物しましょう。

2.安心の日本語応対なら明洞がおすすめ

海外で買い物をするとき、店員さんが日本語に対応できる人だと安心ですよね。明洞では、日本語対応ができるスタップがいるお店が多く、数年前まで客引きのお姉さんは日本語で呼び込みをしていました。しかし、最近では中国語で呼び込みを行っています。

しかし、今でも明洞の店には日本語ができる店員さんがたくさんいるので、きめ細やかなカウンセリングを受けることができます。その分、強引にセット商品を進めてくるお店もありますが・・・それはご愛嬌ということで。
もしそういう店員さんに当たったら、「たくさん買うからたくさんおまけ頂戴」と言ってみるといいでしょう。

以外とあっさりおまけをくれるかもしれません。おまけをあげても商品を買って欲しい、というのが実は韓国でのスタイルなのです。

では、明洞や東大門など、日本人の多いエリアをはずれるとどうなっているのでしょうか?オススメしたいエリアはアックジョンなどいわゆる「江南」と呼ばれるエリアです。

このあたりのエリアにはめったに日本人が来ないので、日本語での「買え買え」攻撃もなく、比較的のんびりと買い物を楽しむことができます。
ここでも、おまけはたくさんくれるので、お客にとってはいいこと尽くめです。
片言の韓国語か英語ができるなら、思い切って江南に行ってみるといいでしょう。

3.人気のオーガニック化粧品

日本でもオーガニックの化粧品が人気を集めていますが、韓国にもオーガニックの化粧品があります。有名なのは、日本の神戸にも支店を構えている「ハヌルホス」

この化粧品は、大病をしたオーナーが自分でも使いやすい化粧品を求めて開発した、というものです。そのため、肌が弱い人でも安心して使うことができます。

しかし、この「ハヌルホス」を売っているの、はインサドンのサムジキルというショッピングモールと、明洞のロッテ百貨店の地下のオーガニックコーナーなど、化粧品コーナーだけを見ていたら見落としてしまう可能性もあるので注意しましょう。
「ハヌルホス」以外のオーガニックの化粧品も、化粧品店だけにおいてあるわけではないので、興味がある方は良く見て回りましょう。

4.オリーブヤングやワトソンズも豊富なラインナップ

先ほど書いたこととも関連しますが、何も化粧品を売っているのは化粧品店だけではありません。日本で言えばマツモトキヨシのようなドラッグストア、オリーブヤングやワトソンズにもたくさん化粧品があります。

「ゲット・イット・ビューティー」といって、日本で言えば「アットコスメ」のように化粧品の格付けをする番組があるのですが、それに取り上げられたコスメを手に入れることが簡単にできます。ソウルの女子にどんな化粧品が人気か、確かめてみてもいいのでは?

自分にあったコスメを探そう!

最近は円安が進んでいるせいか、昔ほど「韓国で買い物をするとお得」という感覚がなくなってきました。それでも、旅行中の買い物は楽しいもの。予算をきっちり決めて、無理の無い程度で買い物を楽しみましょう。

著者:松沢未和

ファイナンシャルプランナー(AFP)兼WEBライター
アイコン
2014年にファイナンシャルプランナー(AFP)の資格を取得した兼業WEBライターです。もともと文章を書くことが大好きなので、この仕事を兼業として選びました。相続や保険の分野のお話をわかりやすくまとめてお話できればと思っています。これ以外にも、たくさん資格は持っているので、資格の取り方の話しもしたいところです。また、食べ歩きと旅行とコスメ研究が大好きです。日々の研鑽の成果!?を文章にぶつけていきたいです。至らない点がいろいろあるかと思いますが、よろしくお願いいたします。