由布院温泉だけじゃない、子供も喜ぶ大分観光の見どころポイント!|トピックスファロー

  • フリーライター求人
2,147 views
2015年5月28日
由布院温泉だけじゃない、子供も喜ぶ大分観光の見どころポイント!

九州東部の大きな街として大分県大分市はあります。四国や神戸から来るフェリーの到着地なので、フェリーで九州を訪れる観光客が最初に上陸する街でもあります。大分県といえば温泉をイメージするかと思いますが、温泉以外にも大分市の名物があります。

WEBライター
  

大分市の2大観光施設

大分市を代表する観光施設に「高崎山」「うみたまご」があります。
高崎山、うみたまごは大分市西部に位置し、大分市と別府市の中間にあります。

お互いの施設が隣接しているので、共通駐車場を使って、1度に2つのスポットを巡ることができます。

国立公園高崎山自然動物園

湯布院だけじゃない、子供も喜ぶ大分市観光のみどころ!

高崎山にある「国立公園高崎山自然動物園」は野生のニホンザルが生息していることで有名です。
ニホンザルは2つの群れに分かれており、群れの大きさは日本国内で最大といわれています。

群れのリーダーであるボスザルには名前が付けられています。そのボスが入れ替わることは一種の大事件で、大分市を始め九州北部のニュースとして報道されるほどです。
山に作られた公園なので、ニホンザルを間近に見る場合は山を登らなければいけません。
高崎山にはムクノキやクスノキなどの、大分市の豊かな自然が残されており、瀬戸内海国立公園特別保護区に指定されています。春には桜、秋には紅葉が堪能できます。

園内入り口からサル寄せ場まで約10分ぐらい山道を歩く必要がありますが、園内入り口からサル寄せ場まではモノレールがあるので、山道が辛い方にはオススメです。また、モノレールから線路の下を移動するニホンザルの群れは必見でもあります。

ニホンザルについて学べる「おさる館」

国立公園高崎山自然動物園の入り口前に「おさる館」があります。
おさる館は高崎山に生息しているニホンザルに関する展示物やサルにまつわるお土産、レストランがある施設です。

高崎山に生息しているニホンザルの群れの解説があるので、国立公園高崎山自然動物園に訪れる前に事前予習をしてみてはいかがでしょうか。

大分の水族館「大分マリーンパレス水族館」

大分市もう1つの観光スポット「大分マリーンパレス水族館」は「うみたまご」という愛称で親しまれている水族館です。

高崎山の下に作られており、おさる館の真横に位置しているので、大分観光では高崎山と一緒に訪れておきたいエリアです。

大分マリーンパレス水族館は2004年にリニューアルしており、「動物テーマパークランキング(水族館部門)」で全国2位に選ばれた実績があります。

見どころは別府湾と隣接しているので、大分に生息する海の生き物たちを見ることができることです。実際にナマコやヒトデ、おとなしいサメに触れられる「タッチプール」も完備されています。

他にも日本で初めて人工照明下でサンゴの増殖に成功した「サンゴ大水槽」も必見。また、水量1250トンの海水で満たされた「大回遊水槽」には1500尾のさかなたちが暮らしており、サメやエイなどの大型魚などもまじかで見られます。
イルカやセイウチのパフォーマンスやショップ、レストランと見どころ盛りだくさんです。

大分市に来たら食べてみたい郷土料理

大分といえば鶏肉の料理

市内の和食処、郷土料理店で出される料理は、大分の特産が多く使われたグルメばかりです。

大分県といえば、鶏肉の消費量が日本一。
家庭料理にも「鶏の唐揚げ」や「とり天」、「鶏めし」などがあり、和食処や郷土料理店で定番のメニューとして扱われています。

大分市南に位置する吉野地区では「吉野鶏めし」が全国的に有名で、料理漫画「美味しんぼ」で取り上げられました。吉野鶏めしを使った駅弁は大分駅、別府駅、博多駅で販売しています。

別府湾の海の幸

大分市東部の佐賀関には突端の岬で、瀬戸内海に面した地区です。
ここで取れる「関あじ」、「関さば」は「速吸の瀬戸」と呼ばれ、瀬戸内海に怒涛のように黒潮が流れ込んでくる一角に生息しています。

青魚

この潮の流れが早い海域に舞い上がる豊富な餌を食べ、荒波にも負けない引き締まった身が特徴ともいえます。
大分を代表するブランド魚として、名物として、一度は食べておきたい一品です。

関あじ、関さば以外にも「ふぐ」があります。ふぐもまた、豊後水道の荒波に揉まれて身が引き締まり、食通をも唸らすほのかな甘味とむっちりとした歯ごたえが魅力です。ふぐの刺身やふぐちり、ふぐの唐揚げなどのふぐ料理が堪能できます。

大分に古くから伝わる「だんご汁」

「だんご汁」は古くから伝わる郷土料理で、細長く伸ばしただんごとネギ、ニンジン、ゴボウシイタケ、サトイモなどの具材が入っています。

大分の豊富な自然の恵みを使っただんご汁として、鹿肉を使った「宗麟汁」、ふぐのだしを使った「長者汁」、地鶏を使った「吉野汁」と種類は豊富です。

大分市内にだんご汁を取り扱うお食事処が集まっています。だんご汁の味比べなどをしてみてはいかがでしょうか。

温泉以外にも見どころがある街

大分市にも大分温泉が名物として挙げられますが、温泉以外の見どころもたくさんあります。温泉以外の観光スポットをご紹介しましょう。
大分市は歴史的な観光スポット「佐賀関・肥後街道」があります。

佐賀関・肥後街道は、幕末時に坂本龍馬や勝海舟がオランダ、アメリカ、イギリス、フランスからの下関砲撃の中止交渉のため長崎に向かうルートとして使われました。

現在では観光のモデルコースとなっています。佐賀関・肥後街道の道中にある坂本龍馬と勝海舟が宿泊した「徳応寺」、乗船のスケッチや名前が記された「日本人物誌」が保管されています。

大分市にはお子様が喜ぶ観光スポットから、歴史やグルメなど楽しめるスポットが盛り沢山なので、フェリーで九州を訪れた際には立ち寄ってみてください。

著者:ヒラタヒロカズ

WEBライター
アイコン
モバイルガジェットを愛するライターです。スマートフォンからタブレット、パソコン、インターネットなどに精通しています。好奇心旺盛なので、他のこともより深く調べ、知識を蓄えることがあります。