【必見!】ストレスからくる抜け毛を抑える超簡単解決術|トピックスファロー

  • 主婦からプロまでライター募集
6,221 views
2012年10月1日
【必見!】ストレスからくる抜け毛を抑える超簡単解決術

現代は非常にストレスの多い世の中です。人は、そんな中で生活をしていると自律神経が乱され、抜け毛になるそうです。誰もが思う事ですが、若くしてハゲてしまうという事は避けて通りたいはずです。そうならない為にも何か手をうたなくてはなりません。ストレスだらけの世の中で効果的な『抜け毛対策』はあるのでしょうか?

企画やWEBサイト製作までも手掛ける、ライターもどき
  

『仕事』をとりますか?『ハゲ』をとりますか?

仕事をしている人は、日々ストレスを感じるものです。会社内での人間関係や取引先との関係、仕事の量や内容、仕事後の接待……自分にダメージを与え得るものは数えきれない程あります。ストレスを感じながら携わってきた仕事が成功したとしても、体に蓄積されたストレスは消えません。それが、限界に近づくと『胃潰瘍』『血便』『発熱』といった症状を起こしやすくなります。さらに、目に見えてわかる症状として『抜け毛』というものがあります。

仕事中に頭を掻いた瞬間“パラパラ”と何本か髪の毛が落ちて行く。そんな経験をされた人は少なくないと思います。
実の所、『抜け毛』と『ストレス』は切っても切れない関係にあります。
抜け毛がひどくなった場合、それはストレスの溜め過ぎという事が一つの原因として考えられます。

『仕事によるストレスを我慢し続けてハゲるのを甘んじて受け入れるか?』それとも『髪の毛を選んで仕事を辞めるか?』という極論に達する事があるかもしれません。

ストレスが抜け毛を引き起こす医学的な根拠

外部によるストレスを感じ続けると、人は自律神経に乱れを生じさせます。
この自律神経は『交感神経』『副交感神経』の2種類で形成されています。そのうちの一つ『交感神経』は、激しい運動や活動の際活発に作用する神経と言われています(一種の興奮状態)。そして、それはストレスを受けた際にも同じ作用を起こします。

この状態が続くと自律神経のバランスが崩れてしまい、血液の悪循環を引き起こします。血液の循環が悪くなってしまうと、体の至る所で必要としている栄養分が行きわたらなくなります。当然髪の毛も栄養分を欲していますので、血液の悪循環が起こると髪の毛は栄養失調に陥ります。それにより、本来の髪の毛を維持できなくなります。その結果“パラパラ”と抜け落ちてしまうという事になります。

さらに、もう一つの神経である『副交感神経』は、臓器の活性化や身体の修復、髪の毛の育成という働きをもっています。特に睡眠中にこの働きが強くなるので、ストレスによる睡眠不足を抱えてしまうと、当然髪の毛は弱まってしまいます。
お互いの神経がバランスよく働く事で、髪の毛をいたわる事ができるのです。

ストレス発散は効果的な抜け毛対策になる

仕事上においてストレスとなるものには何があるでしょうか?

対人関係

仕事上のストレスで筆頭に挙げられるのが『対人関係』ではないでしょうか。上司や同僚・先方との関係はストレスを与えかねません。特に仕事上においてミスした事を逐一咎めるような人(パワハラ含む)と一緒にいるなら、抜け毛以外の外傷を被る可能性もあります。

仕事内容

仕事内容も、ストレスを与えかねないものです。『入社してから知った仕事内容の違い(求人情報の嘘)』あるいは、『課せられるノルマが高すぎる』『規定時間外での労働を強いる傾向』。これらはストレスを蓄積させるものです。

喫煙

仕事中の一休みとして喫煙される人がいると思われますが、喫煙は体に確実にダメージを与えストレスを蓄積させます。さらに医学的な面から考えても、喫煙は血管を収縮させ、“意図的”に血行不良をおこさせます。先程考えたように血行不良は栄養素を体中に運搬できなくさせます。髪の毛に必要な栄養が血管内で滞ってしまうなら抜け毛になってもおかしくありません。

仕事による時間の束縛

残業や接待などで睡眠時間が削られると、副交感神経の働きが弱くなります。“ストレスが抜け毛を引き起こす医学的な根拠”で掲載したように、この働きが悪くなると髪の毛が育成されなくなります。弱まった髪の毛はその場で維持できなくなり抜け落ちてしまいます。睡眠をとる事は体の修復作業なので、しっかりとりたいものです。

不当な評価

何をやっても手柄だけ上司が持っていくような経営スタイルや、成果に対しての正当な評価を貰えないと苛立ちを抱えます。そういう状況下でやりたくもない仕事をしていくなら、ストレスを抱えてもおかしくありません。抜け毛が増えても納得してしまいます。

その他

安い給料、企業の風潮、二転三転する企業方針、企業の将来性など挙げればきりが無い程要因はここかしこにあります。髪の毛にとっては大敵ばかりです。

ストレス解消!抜け毛を回復させる効果的な発散方法

では、これらのストレスを発散して、抜け毛を予防するには何ができるでしょうか。

入浴

入浴は効果的な方法の一つと言えるでしょう。洗髪によって頭皮を清潔に保てますので、髪の毛にはうってつけです。さらに、入浴する事でリラックスする事ができます。最近ではバスルーム内でDVDを見たり、音楽を聴いたりする事で入浴を楽しむ人達もいます。自分に見合った最善のバスタイムでストレスを解消しましょう。

睡眠

睡眠不足は髪の毛の修復作業に歯止めをかけてしまいます。なので、寝る事で髪の毛の修復を促しましょう。さらに、寝る事で嫌な事から解放された時間を作る事ができます。快眠するための寝具や心地よい眠りを促すグッズがありますので、それらを用いるのも効果的です。

スポーツ

適度に運動するなら血液の循環も良くなり、栄養素が体の隅々にまで行きわたりやすくなります。さらに、運動に打ち込む事で、イライラを忘れる事ができスッキリするかもしれません。健康の寄与にもなり一石二鳥です。

食事

食事は毎日する事ですが、特に注意して抗ストレス作用のある食物(ビタミンCを豊富に含んだ食材)を摂取するならストレス解消に効果的です。美味しい物をバランスよく食べる事で心身ともにリラックス効果を期待できます。

趣味

何でも良いので趣味をつくり、没頭する事で仕事上のストレスやイライラを忘れる事ができます。ただし、難し過ぎて逆にイラついてしまうものを趣味にするなら、ダメージが大きくなるので趣味を選ぶ際には吟味する事も大切です。

健康志向

喫煙は抜け毛にさせます。よって、健康志向の生活スタイルに変更するなら抜け毛対策になります。喫煙はストレスにならないと自分で思っていても、体は着実にダメージを受けています。その事を念頭においたライフスタイルを送るなら健康維持になります。抜け毛予防と健康増進の一石二鳥になります。

ストレスを抱えず平穏でいる事が最善の抜け毛対策

現代のビジネスはストレスとなり得る原因が多くあります。そして、毎日のようにストレスにさらされる時代です。抜け毛の事を考えるならストレスのない仕事選びが良いのかも知れません。と、言ってもこのご時勢ですから、ストレスのない仕事を見つけたり転職するのは難しいでしょう。
なので、先に述べたようなストレス発散方法を上手に活用して相殺していくのがベストでしょう。

医学的な面から見ても、ストレスは抜け毛の原因の一つと考えられています。『仕事』か『ハゲ』かを選ばざるを得ないという状況になる前に、ストレスの原因を除去していく事が最善の抜け毛対策ではないでしょうか。

著者:渡辺芳樹

企画やWEBサイト製作までも手掛ける、ライターもどき
アイコン
学生時代からライターとして活動。小さな会社に就職したおかげで、ライター以外に、編集からWEBサイト製作など、幅広く経験。現在はフリーランスとなり、いくつかの会社と契約を結んで執筆活動してます。